わが友ホロゴン・わが夢タンバール

98.01 ホロゴンデイ29「2006年6月24日大阪今里にはほんとの路地裏が残っていた」1 悔いはありません

まだ社会人1年生のころでした。
同僚がお節介にも、大先輩の言葉を知らせてくれました、
「あんなに沢山のことに関心を抱かないで、仕事に集中したら、
かなり仕事ができるのにって、言ってましたよ」
当時も今も変わっていなかったようです。
私はかなり深刻に思案したものでした。
そして、その結論はこうでした、
自分らしく生きよう、
ぼくは仕事も好きだけど、別のことも一杯好きだ、
やりたいことを精一杯楽しむから、仕事も楽しめるんだ、
仕事だけに集中したら、ぼくはすぐにぼくでなくなってしまう。
結局、仕事面では人並みを超えなかった私ですが、
一つだけ、他にまさっているところがありました。
精神が安定してたゆまないので、仕事を楽々迅速に、楽しげにすることができ、
一緒に仕事をする人たちも私と一緒にすることを喜んでくれ、協力してくれる。
私生活がつねに充実して、生き甲斐をもって生きてくることができたせいだ、
私はそう考えています。
今、過去を振り返って、悔いはまったくありません。
だから、今、私は今の人生を心ゆくまで喜び、やりたいことを精一杯楽しめる。
そんな現在の楽しみのなかで、一番は?
そう尋ねられると、困りますね。
起きている間にすることがぜんぶ私の楽しみなのですから。

さて、奈良町のつぎは、大阪の下町に飛びましょう。
3年前です。
下町って、なぜかいつもちょっと元気なので、
ホロゴンも喜んでいるようです。

c0168172_10452196.jpg
c0168172_10452931.jpg
c0168172_10453676.jpg

by Hologon158 | 2009-08-03 10:49 | ホロゴンデイ | Comments(0)