わが友ホロゴン・わが夢タンバール

102.23ホロゴンデイ31「2005年11月12日大阪御堂筋の週末は暇で暇で」23 ありがたいお言葉!

エキサイト・ニュースで、麻生首相の言葉を見ました。
都内の学生主催の集会に出て、
学生から、若者に結婚資金がなく、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか、
と質問されて、こう答えたそうです、
「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。
うかつにそんなことはしない方がいい。
金がおれはない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」
思わず、目に手を当ててしまいました。
小泉首相も実に語彙の少ないぶっきらぼうな、人の気持ちを逆なでする物言いをしていました、
「人生、いろいろ...」等々
小泉の人をバカにしたような言動を見る度に思ったものでした、「こいつ、アホか!」
今回も、同じ言葉を言わせていただきましょう、「こいつ、アホか!」
一国の首相だったら、もう少し、大きな夢を育むような物言いをせんかい!
おっと、もう少し上品な言葉遣いをお願いしたいものですねえ。
私のような市井の取るに足りない人間でも、もう少しましな言い方ができそうです、
自分の人生を思い出して、首相になった気持ちで、学生さんの質問に答えてみましょう。

   「ほんと、大変ですよね。
   結婚は人生の墓場って言う人がいたけど、この人間違っていますね。
   結婚を人生の墓場にするのも、天国にするのも、君たち次第なんですよ。
   たしかに金は大事です。
   でも、金があっても、愛情がなければ、結婚は地獄ですよ。
   金よりももっと大切なものがありますよ、
   愛や夢、こちらの方がもっと大切じゃないですか。
   金がなくても、愛情があれば、結婚は成功します。
   そう信じるんですよ。
   信じて、はじめて実現できるんだから。
   そこで聞きますが、結婚資金が貯まらないから、結婚を待つなんて、
   あなた、できますか?
   待てなかったら、無理してでも、結婚しちゃいましょう。
   私も金がなかった。
   でも、愛する人と結婚したかった。
   だから、就職もがんばりました。
   結婚したけれど、初任給安いから、
   新婚のスイートホームは六畳一間のアパートでしたよ。
   壁が薄いので、隣の声も丸聞こえでした。
   でも、そんな小さな部屋でも、天国でした。
   金がなくても、なんとかなるものですよ。
   そんな苦労が、後になって、楽しい思い出になる。
   苦労すればするほど、夫婦の絆も強くなるものです。
   だから、私たち夫婦は今でも仲良く暮らせているのです。
   そんな私ですから、君たちの気持ちもよく分かる。
   だから、首相として、君たちの生活が少しでも楽になるようにがんばりますよ。
   君たちも、希望を捨てず、志を大きくもって、
   人生をがんばって生き抜いてください。
   そんな君たちこそ、これからの日本の希望なのだから!」

麻生首相のお言葉で思い出しました。
フランス革命の少し前、フランスの民衆を飢餓が襲ったとき、
王妃マリー・アントワネットに廷臣が言ったのです、
「人民はパンがなくて、飢えているのでございます」
すると、王妃はこうのたまわったのです、
「それじゃ、チョコレートを食べればいいじゃないの?」
どちらも若者や人民の苦しい気持ちがぜんぜんわかっていない。
両党主を含めて、今の政治家たちのほとんどが、
富と地位を備えた権力者の家庭に育ったせいでしょうか、
下々の気持ちも生活も分からないらしいですね。
民主党主は、「えっ、死者を献金者にしてはいけないの? 
ぼくのお金なんだからいいじゃないの?」
自民党主は、「金がねえなら結婚しない方がいい」
なんだか鏡の両面のように、よく似た、ありがたいお言葉ですね。
もう一度言いたい、こいつら、アホか!

c0168172_22573648.jpg
c0168172_225746100.jpg
c0168172_22575485.jpg

by Hologon158 | 2009-08-25 00:42 | Comments(0)