わが友ホロゴン・わが夢タンバール

104.01 ホロゴン写真展2「古色拾い」1 古色の陰から人情が

c0168172_0474267.jpg

ちょっと趣向を変えて、ウェブ上の写真展仕立てでお送りすることにします。
2006年6月に、各地で撮った84枚の写真を拾い出して、
写真選集21として、私家版写真集を作ったのです。
序文にこんなことを書いたのでした、

    「Novelty」と「機能性」、
    これが現代都心のキーワードではないでしょうか?
    新しきものにあらざれば、生きる価値なし。
    役に立たざれば、壊すべし。
    では、地方都市のキーワードはなんでしょうか?
    「古色」
    これではないでしょうか?
    せっかくここまで大切にしてきたのだから、もったいない。
    役に立たなくたって、思い出のよすがにはなるじゃない?
    懐かしければ、いいじゃない!
    ただ放置しておいても、古色はつきません。
    持ち主の愛情溢れる手入れがあってはじめて、
    古色豊かなたたずまいがあらわれます。
    古色の陰から人情のあたたかみと古き良き文化の香りが匂いたつよう、
    そんな古色風景を拾い集めてみました。

順不同にお送りします。
いかがでしょうか?
by Hologon158 | 2009-08-27 00:15 | ホロゴン写真展 | Comments(0)