わが友ホロゴン・わが夢タンバール

610.01 ホロゴン外傅146「2015年8月8日三重に走りパンタッカー散歩と洒落込み」1 焼き鳥に


8月8日土曜日、三重県に参りました。
親友のAKさんと伊勢中川駅で落ち合い、
伊勢中川の町並みを撮影しました。
まさに炎天。

持参したのはパンタッカー50mmF2.3付きライカM9。
炎天下でも、開放値が2.3もあるので、
たいてい開放のまま撮れます。
撮影の方は快調そのものでしたが、
なにしろ日差しの強さはかつて経験したことがないほど。
ほとんど焼鳥屋の焼き鳥になった気分。

パンタッカー50mmF2.3を開放を使うのですから、
目測ノーファインダーはとても無理。
いきおいライカM9のレンジファインダーで、
一応はピントを合わせる必要があります。
私の日除け帽子は庇の堅い野球帽です。
庇がじゃまをして、そのままではファインダーに目が届かない。
やむなく野球帽の庇をバックに回して撮影しました。
すると、太陽がまともに顔面を照らし続けます。
今日一日でこの夏の日焼けが倍加した気分。

AKさんご推薦の中華料理店に転がり込んで、
他では頂いた記憶がないようなおいしい昼食頂いた後、
車で10分ばかり移動して、
河崎町の蔵まちと呼ばれる古い家並のストリートを撮影。
このストリートもロボグラフィの宝庫でした。
この日の撮影時間はせいぜい1時間半でしたが、
パンタッカー50mmF2.3で423枚撮っていました。

いつも感じることはロボグラフィって、トルストイの言葉そのまま。
トルストイは「アンナ・カレーニナ」冒頭でこう書きました。
「幸福な家庭はどれも似たものだが、
不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」(岩波文庫)
ロボグラフィも同じです、
「写真を撮って楽しむ私の気持ちはどこでも同じだが、
撮れるロボグラフィはストリートごとに違う」
他のどんな路地でも見たことがない、
そんなロボグラフィたちとの出会いを楽しむことができました。

ということで、掲載待ちの写真群は数知れずあるのですが、
撮れたてホヤホヤ、久しぶりの標準レンズ写真約230枚で、
シリーズを組んでみました。
と言っても、撮影順に並べただけ。




c0168172_18282250.jpg
c0168172_18281591.jpg
c0168172_1828821.jpg
c0168172_1828269.jpg
c0168172_18275549.jpg
c0168172_18275079.jpg
c0168172_1827449.jpg
c0168172_1827389.jpg
c0168172_18273371.jpg
c0168172_18272744.jpg
c0168172_18272145.jpg
c0168172_18271625.jpg
c0168172_18271042.jpg
c0168172_1827358.jpg
c0168172_18265572.jpg
c0168172_18265027.jpg
c0168172_18264478.jpg
c0168172_18263888.jpg
c0168172_18263370.jpg
c0168172_18262718.jpg
c0168172_18262292.jpg
c0168172_18261627.jpg
c0168172_18261041.jpg
c0168172_182657.jpg
c0168172_18255738.jpg
c0168172_18255281.jpg
c0168172_18254672.jpg
c0168172_18254068.jpg
c0168172_18253511.jpg
c0168172_18252877.jpg

by hologon158 | 2015-08-10 18:30 | ホロゴンデイ | Comments(0)