わが友ホロゴン・わが夢タンバール

611.01 ホロゴンデイ133「2015年8月21日ホロゴンは日本橋の裏通りを駆け抜けた」1 画像のレベル


かなり昔になりますが、写真クラブに所属していた頃、
先輩、仲間の作品を観て、ほとほと感嘆し、
ああ、こんな写真を撮りたいものだと嘆息をついたものでした。
でも、撮れる写真はいつもありきたりの頭打ち。
1週間に1度、フィルム現像と引き伸ばしをする度に、
それでも、今度こそはと胸ときめかせたものでした。

フィルム現像は4本タンク6本、合計24本のフィルムを
1時間ちょっとで済ませて仕舞う、
私創案の最速プログラムでした。
お風呂場にピンと張った紐に、
水洗を済ませた24本を次々とつり下げては水切りをして、
のぞき込む。
これが醍醐味その1。

次に、そんなフィルムの中から十数枚選別して、
夜中に書斎で引き伸ばし。
現像パットの中に浮かび上がる画像に心を躍らせる。
これが醍醐味その2。

今では願ってもかなわない幸せのひとときでした。
いわば特選作オンパレード。
でも、そんな写真たち、どこに行ったでしょう?
3600本のモノクロフィルムはまだ残されていますが、
ほとんどカビにやられてしまっています。

でも、実はそれほどに後悔、無念の情が湧いてこないのです。
それらは私のいわば写真創世記の産物なのですが、
今の私の目には、あまりにも写真効果を意識しすぎている。
いつしか写真は、不特定多数の観衆を相手の作品ではなく、
私一人の体験、冒険、記憶となっていました。
昔の写真だって、体験、記憶には違いないんだけど、
どこか別の視線もちらちらして、じゃまになります。

ブログを拝見しても、と言っても、
もうほとんどブログを回ることはなくなりましたが、
あからさまに写真家を目指して写真づくりをしている方から、
ご自分の記憶のためにだけ写真を撮っている方まで、
スタンスは様々。
これは当たり前のことですね。

どんなものも、人はあらゆる用途に利用する、
ありあわせのもので何かを成し遂げてしまう、
これをレヴィ・ストロースは「ブリコラージュ」と呼びましたが、
どんなものでもよい、ありあわせのものを使って、
精神を高揚させることができる、
これが人間の強みですね。
そんなさまざまな働きをする姿を人の写真で味わう、
これもまた一興。

でも、正直なところ、
だんだんと写真はおもしろくなくなっています。
とくにプロの写真。
超精密レンズとフォトショップのおかげで、
人間の視覚を超えた画像はむしろビジュアルアートの領域。
私はキャンディッドな撮れ撮れの写真を見たいのに。

でも、純粋に撮影後の加工なしの写真というのは存在しません。
どんな場合でも、画像に影響を与えるプロセスを経なければ、
写真としての最後の形には到達しないからです。
私も大いにパソコンの恩恵を被っています。
フィルム現像と引き伸ばしで、白を輝かせ、黒を締める、
これは至難の業でした。

今、私は画像処理ソフトのレベル補正で暗くするだけですが、
ほとんどワンタッチでグッと引き締まった、
私の求める画像に整えることができるのです。
銀塩時代の画像の雄勁なまでの立体感は望めませんが、
暗室も巨大な引き伸ばし機もいらないのですから、
まずまず満足すべきでしょう。

でも、書いておきますが、今のパソコン画像処理で、
銀塩時代のプリント作品のレベルを超えたとお思いなら、
大違いですよ。
本当のビンテージプリントをご覧になったら、
魂がぶっ飛ぶような体験に遭遇することでしょう。
そのことを知らない人が余りにも多くなってしまいました。
デジタル写真は写真史上最高のレベルに達した、
我が輩はかつての銀塩写真家たちを飛び越えてしまった、
そんな風にあなたが信じているのであれば、
本物の写真体験をまだしたことがないか、
それとも、あなたに写真の才能はないか、
このどちらかだと思って下さいね。




c0168172_11394681.jpg
c0168172_11394174.jpg
c0168172_11393563.jpg
c0168172_11392952.jpg
c0168172_11392322.jpg
c0168172_1139854.jpg
c0168172_11385921.jpg
c0168172_11385330.jpg
c0168172_11384712.jpg
c0168172_11384171.jpg
c0168172_11383547.jpg
c0168172_11382912.jpg
c0168172_11382313.jpg
c0168172_11381479.jpg
c0168172_11372846.jpg
c0168172_11371757.jpg
c0168172_11371069.jpg
c0168172_1137388.jpg
c0168172_11365699.jpg
c0168172_11364822.jpg
c0168172_11364377.jpg
c0168172_11363562.jpg
c0168172_11362944.jpg
c0168172_1136203.jpg
c0168172_11361397.jpg
c0168172_1136888.jpg
c0168172_1136188.jpg
c0168172_11355698.jpg
c0168172_11354916.jpg
c0168172_11354457.jpg

by hologon158 | 2015-08-24 11:44 | ホロゴンデイ | Comments(0)