わが友ホロゴン・わが夢タンバール

616.06 ホロゴンデイ149「2015年8月29日雨の名張でホロゴンMが嬉々とウィンク」6 女王様

前回楽器が変わるということを書きましたが、
昨日変わることを発見したのは楽器だけではありませんでした。

どんな分野でも、キング、クィーンが君臨するものです。
ヴァイオリンはストラディヴァリ、
レンズはホロゴン、
私はそう信じています。

では、萬年筆では何なのでしょう?
候補はいくつもあります。
ある人はパーカーのレッドジャイアント。
ある人はウォーターマン20。
ある人はモンブラン149。

でも、私にとっては、ウォーターマン18です。
信じがたい幸運によって、私の手元に来ました。
ウォーターマン20は巨大で、王者の風格にあふれています。
レッドジャイアントは超レアなのだそうですが、
同じ大きさのブラックジャイアントは触ることができました。
やっぱり超巨大です。
現代の万年筆ファンには申し訳ありませんが、
モンブラン149など足下にも寄れないほどの風格にあふれています。

現代の超高価格の巨大装飾過多ペンたちって、成金趣味丸だしで、
萬年筆の王様の園遊会にはとても招待されません。
これらの王様萬年筆のペン先はまるでティラノザウルス。
しかも、凄い入れ墨付き!。
成金趣味。

ペン先が自在に開いて、毛筆体が書けるものをフレックスと言います。
パーカーの2本はおそらくフレックスではないでしょう。
ウォーターマン20は究極のフレックスと言いたいほどに柔軟で、
豪快な毛筆体が書けます。

これらに対して、私のウォーターマン18はどうか?
まず、大きさ。
おそらくモンブラン149より遙かに長い!
でも、149のような重圧感はありません。
ウォーターマン20と比較しますと、やや細身で、
すらりとしているので、巨大という雰囲気はない。
とても荘重な品格があって、
むしろ女王様然とした雰囲気を醸し出しています。
そして、なんと言っても、ペン先がすばらしい!
ウォーターマン20ほどの大きさではありませんが、
大きい、だけど優雅なしっとりとした落ち着きを見せています。
まさに女王様にふさわしい美形。

譲ってくださった方はおっしゃいました、
「フレックスがお好きだと聞いていましたが、
このペン先はフレックスじゃありませんよ、念のため」
我が家にお腰入れなさった当時は、
絶妙の書き心地なのですが、
確かにフレックスではありませんでした。

でも、念のため、ルーペでのぞきながら、ペン先を開いてみました。
ちゃんと開くではありませんか?
リジッドなペン先は、中央の割れ目ががっちり閉じたまま、
押せども引けども、ちらっとも開かないものです。
ペン先が固いのです。
ところが、ウォーターマン18のペン先はちゃんと弾力性がある!
前所有者は細字が大好きな方で、電話でのお話ぶりからして、
きっと無筆圧でさらさらとお書きになる方なのです。
だから、ウォーターマン18は彼にとってはノンフレックス、
典雅な線の美しさを見せる中字体のペンだったのです。
私はかなり筆圧の高い威勢の良い字を高速で書く人間です。
手に入れて1か月余、毎日毎日、
いつかフレックスに生まれ変わってくるのを夢見ながら、
ハイスピードで3cmから4cm四方ほどの大きなアルファベットを、
3ないし4の書体で書き散らしてきました。

昨夜、一日置いて久しぶりに、
ウォーターマン18に白紙上を自由自在に遊んでもらいました。
フィギュアスケートのあの弧を描いてもらったのです。
なんだ、なんだ!
線の太さが自在に変わるではありませんか!

オノトの数本のように、豪快なフレックスだと、
3mmを超える太い描線が書けます。
ウォーターマン18の膨らみは約1.8mmですから、
それらと比べると、セミフレックス程度ですが、
これは大きな字を書くので、目立たないだけ。
もう少し小さな字を書くと、
ダイナミックなフレックス風がそのうち実現するでしょう。

ただし、急ぐと、ペン先を傷めます。
ペン先を無理矢理開いて、斜めに書きますと、
遅れる方のペン先の内側が減ってしまいます。
これを「内減り」と言って、
この部分のイリジウムがなくなってしまうと、
もう字が満足に書けなくなって、修理不能となるそうです。

フレキシブルな字を書こうとして、
ペン先を開きながら書くときは、まっすぐ垂直方向に、
というのが鉄則です。
そして、無理矢理開かないこと。
このあたりを気をつけながら、じっくりと時間をかけて、
フレックスペンになるように調教します。

ただし、このウォーターマン18は、小回りが効かないので、
字画が多い日本語は不得意のようです。
でも、私自身日本語が不得意なので、
アルファベット専科でがんばってもらいましょう。
ホロゴンは20年かかっても、まだ使いこなせないのです。
ウォーターマン18は何年かかるでしょうか?




c0168172_14134742.jpg
c0168172_14134195.jpg
c0168172_1413343.jpg
c0168172_14213156.jpg
c0168172_14132076.jpg
c0168172_14131465.jpg
c0168172_1413771.jpg
c0168172_1413155.jpg
c0168172_14125429.jpg
c0168172_1412433.jpg
c0168172_14123514.jpg
c0168172_14122821.jpg
c0168172_14122165.jpg
c0168172_14121452.jpg
c0168172_1412757.jpg
c0168172_1412070.jpg
c0168172_14115352.jpg
c0168172_14114879.jpg
c0168172_1411427.jpg
c0168172_1411309.jpg

by hologon158 | 2015-10-02 14:18 | ホロゴンデイ | Comments(0)