わが友ホロゴン・わが夢タンバール

616.09 ホロゴンデイ149「2015年8月29日雨の名張でホロゴンMが嬉々とウィンク」9 ブログとYouTube



9月30日水曜日に戻ります。
もう文章も写真もどんどんたまるので、
順不同で出しています。

気がついてみたら、9月ももう終わり!
時間は意識したら早く進まないが、
意識しないと、あっと言う間に経ってしまう、
よくそう言います。
物理現象としての時間はまさしくそのとおりです。

でも、心理的な時間は自分が行う行動によって刻まれます。
たくさん行動すればするだけ、時間は濃密になります。

とすると、ことは簡単です。
時間に早く経ってもらいたくなければ、
たくさん行動すればよい。
ルーチーンはできるだけ少なくする、
記憶に残るようなすてきな行動をたくさんすればよい、
というわけです。

食っちゃ寝、食っちゃ寝のルーチンの生活だけを続けると、
時間の経つのは遅いように見えて、
気がついてみると、1年が過ぎている。
その間自分がなにをしてきたか?
なんにも記憶がない。
そんなことになりかねません。

私の妻は記憶に残ることをびっしりとしてきた人です。
よく言います、
「誰それと初めて会ったのは、1997年の8月だった」
私は猛烈に記憶力の悪い人間なので、とてもかないません。
そこで、私が考え出した記憶法は写真であり、
私家版写真集であり、書簡であり、ブログでした。

私にとって、写真って何だ?
芸術?
とんでもない。
自己表現?
そんなこと、したくもない。
じゃあ、なんだ?
ただのメモ。
私が見たもの、感じたことのメモ。

かくして、ブログは、私にとっては究極の備忘録となりました。
書簡もよかったのですが、
相手あっての手紙なので、
文面はその相手に合ったものに限定されてしまいます。
私は日記文、随想なんて書けません。
独り言しないのと同じ。
自己との対話をたのしむ人もいるようです。
私はそれもできないし、したくもない。

相手あっての手紙ならそれができます。
基本的におしゃべりなのでしょう。
ずいぶん昔、電車の中で同僚夫妻と出会って、
その奥様と初対面なのに、なぜか意気投合してしまい、
1年ほどたっぷり書簡を交換したことがあったほど。

どうも、誰か相手に向かって書く、これならできるようなのです。
そこで、ブログに、誰ni
宛てるでもない書簡文の形式で、
日々の記録を報告し、ついで、
よしなき草々を果てしなく書き付けることにしたのです。

これは大成功でした。
ちょうど7年になりましたが、ますますご機嫌です。

写真ブログなら、ちょっと方向が違いますね。
厳選した傑作だけをインパクトよろしくバンと掲載し、
とても気の利いたキャプションを付ける。
水際だったパフォーマンスで独自性を生み出す。
そんな努力をすることになりそうです。

私はそんな自分に似合わないことはしません。
だらだらと文章記録を書き連ね、
推考、整理もしないで、だらっと投稿。
写真も撮影順に選んで、だらっと陳列。

未だに、一日の撮影分を何百枚も陳列しているブログには
出会ったことがありませんね。
写真家としては、完全な自殺行為。
ブログにプライベートなことを書く写真ブロガーはほとんど居ませんし、
まして政治的な意見を書く人となると、これは皆無。
じれったいですね、
「あなたは一体どう思うのですか?」
そう尋ねたくなります。
でも、誰も答えてくれないでしょうね。

私は、性格上、包み隠すことができない。
だから、どちらも平気でやっている。
誰も読まないから、
読んでも誰も覚えていないから、
ということもありますが、
それ以上に、自分の記録になるのですから!
自分が何年何月何日になにを考えたら、
それがかなり細部まで分かる人間というのはあまりいないでしょう。
これは一種のタイムマシーン。

人気ブログを目指していたら、
幻のようなアクセス数であくせくして(シャレではない、わけではない)、
私のような写真と記事だと、誰も集まらないから、
きっと早々にモチベーションを失っていたでしょう。

私のような日記ブログでも、ああ、これだけしか来ないのか!
そんなことを知ったら、ちょっと気持ちが落ち込むかも知れません。
ですから、この6年間一度もアクセス数を調べたことがありません。
私は決めたことは徹底的に守る人間なので。

ということで、私のブログは、大げさに言うと、
「なんじ自身を知れ」ブログ。
ああ、こんな問題にこう考えるのが僕なんだな、
ああ、このとき、こんな奴にであったんだ!
ブログとYouTube、この2つは私の視野を画期的に拡大してくれた、
私はそう信じています。




c0168172_224609.jpg
c0168172_22455592.jpg
c0168172_22454465.jpg
c0168172_22453888.jpg
c0168172_22453273.jpg
c0168172_22452652.jpg
c0168172_22452082.jpg
c0168172_22451392.jpg
c0168172_2245670.jpg
c0168172_2245058.jpg
c0168172_22445452.jpg
c0168172_22444860.jpg
c0168172_22444289.jpg
c0168172_22443719.jpg
c0168172_22443123.jpg
c0168172_22442679.jpg
c0168172_22442070.jpg
c0168172_22441451.jpg
c0168172_2244849.jpg
c0168172_2244345.jpg

by hologon158 | 2015-10-04 22:53 | ホロゴンデイ | Comments(0)