わが友ホロゴン・わが夢タンバール

616.12 ホロゴンデイ149「2015年8月29日雨の名張でホロゴンMが嬉々とウィンク」12 楽譜探し



9月30日水曜日、2つの用件を済ませました。
まず、大阪梅田のマツモトカメラ。
ヘリゴン35mmF2.8が売れたのです。
ありがたい。
近頃、萬年筆にかなり投資しましたので、その一部を補填できました。

ローライ二眼レフとライツCLも販売を委託しました。
松本さんのポリシーはけっして付け値をして、ぼらないこと。
そのカメラ、レンズの現状にふさわしい相場で販売すること。
気持ちがいいですね。

その後、同じフロアのササヤ書店で、
アルトリコーダーの二重奏曲集を物色しました。
2mほどの棚全部がリコーダーの合奏曲集。
ほとんどがビニール封装で、中身を見ることができません。
見なけりゃ買えないのですから、開けばよいのでしょうけど、
ちょっと遠慮してしまいます。
封のないものだけを物色。

アルトリコーダー2本用はほとんど見つかりません。
かろうじて6冊見つけました。
能力と懐を吟味して、3冊よいものを見つけました。
全部舞曲集です。
①the Medieval collection(英、イタリア)
②La Musique Champetre(仏)
③Terpsichore,Die Tanze der Barockzeit
合計6500円。

楽譜って、高いですねえ。
でも、よいものばかり見つけました。
よいものとは?
私が弾けるもの。
そして、楽しい曲。
全部舞曲なのですから、楽しくないはずがない!
とくに掘り出し物は①。
13世紀まで遡ります。
しかも、かなりやさしそうです。
②と③はバロック時代の作曲家たちの舞曲作品集。

リコーダーの楽譜をかなり沢山眺めて見たのですが、
その印象を一言で総括すれば、
「一生かかっても、弾けない!」
でも、見つけた3冊は、今でも弾けるか、
あと1年ほどがんばったら、弾けるようになりそう。
眺めているだけで、もうワクワク!

リコーダーって、かなり均質で味付けのないサウンドなので、
自己主張が少ないということでしょうか?
ハーモニーにとけ込みやすい性格を持っているように思います。
だから、一緒になって音楽を作るという性格が強いので、
どちらが主、どちらが副という区別がとても少ない。
合奏者がともに喜べる感じがします。
これからの人生に大きな喜びを与えてくれそうです。
撮影もそこそこに大阪を後にしました。
早く家に帰って、吹いてみたい!




c0168172_23265539.jpg
c0168172_23264183.jpg
c0168172_23263277.jpg
c0168172_23263073.jpg
c0168172_2326213.jpg
c0168172_23261420.jpg
c0168172_2326879.jpg
c0168172_2326227.jpg
c0168172_23255656.jpg
c0168172_23255073.jpg
c0168172_23254587.jpg
c0168172_23253937.jpg
c0168172_23253375.jpg
c0168172_2325774.jpg
c0168172_2325042.jpg
c0168172_23245468.jpg
c0168172_23244975.jpg
c0168172_23244366.jpg
c0168172_23243777.jpg
c0168172_23243418.jpg

by hologon158 | 2015-10-05 23:29 | ホロゴンデイ | Comments(0)