わが友ホロゴン・わが夢タンバール

616.20 ホロゴンデイ149「2015年8月29日雨の名張でホロゴンMが嬉々とウィンク」20−完−五中界隈

懐かしの豊中道中の続きです。
10月8日木曜日午後2時半、阪急豊中駅にたどり着きました。
岡町駅から、私が通った克明小学校を右に見ながら、
というのは文学的誇張、
今では民家群に遮られて学校が見えない小道を西にたどりました。

屈曲した小道は一緒ですが、あたりの家はすべて建て変わっています。
我が家の家庭医だった内科医院も消えていました。
我が家も消えて、立派な洋館に変わっていました。

お隣は、私の父と同業で、私の上司にもなった人の家でしたが、
彼もとっくの昔に世を去っています。
でも、うれしいことに表札は同じ。
子孫がちゃんと住んでいる!

我が家とは道を隔てた公園も健在ですが、
広い児童公園ではなくなって、テニスコートと
コンクリート立体造形のあるプロムナードに一変していました。

中学一年の一学期、この公園で級友とちゃんばらゴッコ
(なんて今言わないかな?)をしたことを思い出しました。
剣道クラブに入ったばかりのちびさんでした。
でも、彼が青眼に構えると、どうしても打ち込むことができなかった。
剣道などしたことのない私でさえ、それが分かるのですから、
運動を正式に習うことがどんなに効果的か、よく分かりますね。
それとも、私にそれを見抜く眼があったのかも?
そうだ、それに違いない!

我が家から豊中第五中学校までの道もまったく記憶とは違っていました
住宅地が錯綜して、まっすぐ行くことができなくなっていたのです。
学校は健在でしたが、校舎は全部建て変わっていました。
卒業生の中の偉人伝にちゃんと加えてもらっているかな?
いないだろうな?
私だって、自分の業績がなんだったか、分からないのですから。
校門近くで先生らしい女性が掃除していましたが、
声をかけるのがやめました。
「ホロゴンですが、通りかかったので、
懐かしいので、寄ってみましたよ、ハハハ....」
「え、どなたでしょうか?
失礼ですが、心当たりがありませんので......」
となることは、目に見えていますので。

豊中駅もやはり高架となり、
かなり都会じみた錯綜状態に。
ああ、昔を今になすよしもがな.....
途中、かなりロボグラフィを撮りました。
ありがたいことに、この町も老朽化しつつある住宅地なのです。
だから、さまざまな綻び、古びが随所に見つかります。
「年を経し糸の乱れの苦しさに
衣のたては綻びにけり」
という感じにちょっと近くなっています。

駅前の喫茶店で休憩中、ふっと決断。
この調子では、まだまだ時間がかかりそう。
今日はここまでしよう。
阪急線の東側、豊中高校、あこがれの桜塚高校周辺の残り半分の撮影は、
次回に回すことにしました。




c0168172_22551480.jpg
c0168172_2255633.jpg
c0168172_225508.jpg
c0168172_22545437.jpg
c0168172_22544977.jpg
c0168172_22544330.jpg
c0168172_2254316.jpg
c0168172_22541870.jpg
c0168172_22541278.jpg
c0168172_22535994.jpg
c0168172_22534952.jpg
c0168172_2253447.jpg
c0168172_22533971.jpg
c0168172_22533298.jpg
c0168172_2253225.jpg

by hologon158 | 2015-10-13 22:57 | ホロゴンデイ | Comments(0)