わが友ホロゴン・わが夢タンバール

617.03 ホロゴンデイ151 「2015年10月10日ホロゴン15㎜F8Uも葛城古道で満開」3 名を青史に残す



この頃、よく考えることがあります。
生きるって、どういうことなんだろう?

中国には「名を青史に残す」というコンセプトがありました。
自分のことを百代後の人にまで覚えておいてほしい。
強烈な欲求です。

そんな目標を実現する手段として、中国には史記以来、
後継王朝の史家が前代の歴史を編纂する伝統がありました。
もちろん後継王朝が前王朝から正統の帝位を受け継いだことを
証明するためです。
それでも、自分の帝権がいつか次代の王朝に移ることも
予期していました。
だから、史家はできるだけ正確に記述する伝統がありました。
史家に悪行だけを記載されるのはたまったものじゃないので、
重要な地位にある者は、歴史に記載されるに値する行動をとろう
という志を忘れないようになったのです。

もちろん恥も外聞もかきすてて、
悪行の限りを尽くした人もたくさんいましたが、
いつの時代にも阿呆はいるものです。
逆に、それを意識する人が居たことの方が重要です。
そのような伝統のない国では、上も下もこぞって、
私利私欲に走るからです。
現代の日本がその典型。

もっとも、これは私たち、名もない一般庶民には無関係です。
じゃあ、後世に記憶されない人生は無意味か?
それでは、一般庶民は無意味に生きていることになります。
すべての人の人生に意味があるはず、
そう考えたいものです。

じゃ、誰にも恥じない正しいことだけをする人生を送ることか?
そう言いますと、これまた破壊的です。
たとえば、甲子園球場の満員の観客たちを前にして、
新任の金本監督が挨拶をするとしましょう。
「誰にも恥ずかしくない仕事をしたいと心から願っています。
そうは言っても、失敗をいっぱいするでしょう。
でも、人生で人に恥じることなど一度もしたことがないと言える人、
ちょっと手を挙げてください」
そう尋ねたら、
「はい、私がそうです」と勢いよく挙手できる人が何人いるでしょう?
あなたはどうですか?
私も、恥ずかしくって、挙手などできませんね。
甲子園の大半は阪神ファンなのですから、
まあ、簡単に言ったら、
人生、なんども失敗してしまうような人が多い。
だから、挙手などするはずがない。
そこで、金本監督、にっこり笑って、
「安心しました。
私も思いっきり一杯失敗するでしょう。
でも、何度失敗してもめげずに、
阪神のためにがんばります!
応援してください!」
とやったら、つめかけた阪神ファンもそうでない人も
熱狂することでしょう。

誰にも恥ずかしくないことなどしたことがない、
などと大まじめに宣言できる人がいたら、
近寄らない方がよいのです。
ろくな人ではないから。
だから、誰にも恥じないことをする、
これは人生の目的、価値にはなりえないのです。

結果がすべてではないのです。
なんど失敗してもいいから、
やりたい、やるべきだと思ったことをためらわず、
ひるまずやること、
そんな生き方こそ人生の目標にしたいものです。
そして、どっさり失敗したらいいじゃないですか?

「世のため人のために生きる」?
そう言いつつ、自分のためだけに生きるやつが一杯います。
この言葉、今では汚れきってしまい、
ゴミ焼却場行きがふさわしい。
マスコミに踊らされる人たちのおかげで、
国会はいまやごみ溜めと化してしまいました。

なんでもいい、今、自分はなにをしたいのか?
それだけをしっかりと踏まえて生きる、
それが人生の意味なんだ、私はそう考えてきましたし、
退職をするとますます切実に考えています。
そんなものが一杯あって、忙しい。





c0168172_14145815.jpg
c0168172_14151385.jpg
c0168172_1415222.jpg
c0168172_14153168.jpg
c0168172_14154066.jpg
c0168172_14155129.jpg
c0168172_1416165.jpg
c0168172_14162160.jpg
c0168172_14163752.jpg
c0168172_14164549.jpg
c0168172_14165347.jpg
c0168172_14171941.jpg
c0168172_1417412.jpg
c0168172_14172910.jpg
c0168172_14175470.jpg
c0168172_1418114.jpg
c0168172_14184832.jpg
c0168172_14183923.jpg

by hologon158 | 2015-10-30 14:23 | ホロゴンデイ | Comments(0)