わが友ホロゴン・わが夢タンバール

620.05 ホロゴンデイ152「2015年10月31日ホロゴン15㎜F8UFが京東山へ」5 大ピラミッド



昨日、YouTubeで、日本のテレビドキュメンタリーを観ました。
ピラミッドの秘密を特集した番組。
大ピラミッドの底辺は約240mあるのに、
南北を結ぶ子午線に沿って、たった3㎝の誤差しかない、
という離れ業を実現できた秘密を、学者が解き明かします。
いえ、実は簡単なのです。
当時の北極星に当たる星は、極点の周りを小さな円を描いているので、
振り子を付けた紐が細い2本の平行棒の隙間に来る振幅を見つけて、
その丁度中間点を北と見極めて、南北を割り出しただけなのです。
それで万事解明という涼しい顔。

でも、そんなことはなんの回答にもなっていません。
子午線をちゃんと割り出したから、はい簡単、
何トンもの巨石を約240m並べたらいいでしょ、なんて、
涼しい顔をしていて、本当にいいのですか?
私はピラミッドに行ったことがないのですが、
仮に底辺の石の幅が3mだとすると、
80個の巨石をきちんと直線に並べなければならないのです。
しかも、底面は平坦ではなく、なだらかな丘だったそうです。

そのうえ、南北に直線であるだけでは足りません。
東西、赤道に平行に直線でなければならないのです。
それはどうやって割り出したのですか?
小さな面積なら、直角をとることも簡単でしょう。
でも、東西の面も約240mあるのです。
そんな正方形をなだらかな斜面の丘にどうやって区画するか、
これも難問です。

別の番組では、巨石を水を使って吸い上げたという説。
Building the Pyramids of Egypt ...
a detailed step by step guide.
(https://www.youtube.com/watch?v=C1y8N0ePuF8&list=
PL1kIeRJejsQb90GCdWQo0LGhGZxm_GEkn&index=2)

ピラミッドの4辺の中心から頂点に向かって、
ピラミッドの面に沿って大きな管をどんどん伸ばして行き、
その中を水で満たしておきます。
水は、管の横に設置した階段伝いに人が運びあげます。
巨石には浮きを縛り付け、その管に入れます。
すると、巨石は管の中を上昇する。
管の途中には幾つも仕切りを設けておき、
順次、その仕切りを開くことで、1個ずつ巨石は上昇する。
巨石を設置する最高面にも水を満たしておいて、
浮きで軽くなった巨石を水に入った作業員が軽々と移動させ、
所定の場所に設置する、という仕組み。
確かに名案です。
その方法もある程度使えたかも知れません。

でも、そんな管を完全に水漏れのない状態で作れたのか?
管内に膨大な水を貯めて、
その圧力に耐えるほどの強度をどうやって確保できたか?
頂上近くになると、何十トン、何百トンの水でしょう。
その水の重さ、管の上部の重さ、その全部を、
管の下部が支えきれたでしょうか?
ほんの僅かでも水漏れ部分があれば、
その個所からあっという間に崩壊したでしょう。

さらに私にはちょっと理解できことがあります。
王の間の天井石は44ないし63トンもあるのです。
それはどうやって持ち上げたのか?
まさかそんな水管を作ったというんじゃないでしょうね?
これも安直すぎます。
まさか水の中で動かしたので、63トンの石だって、
軽々と動いたと言うのじゃないでしょうね?

しかも、王の間のような空間から、
幾本も小さな穴がピラミッドを貫通して設けられ、
どうやら星を観測できたようです。
そ小さな穴の距離は100mを超えるのです。
そんな穴を石材の中に貫通させて組み上げている。
ちょっとでもずれると、星など見えません。
すべてが完璧な精度を求めています。

誰が設計したのでしょう。
そんな図面を縮尺を正しく記載して設計したのでしょうか?
構造計算はしたのでしょうか?
石に精密正確に工作させ、正しい石を所定の位置に置く、
そんなデザイン、作業をどうやって記録し、
現場に施工させたのでしょうか?
こんなことを考えると、
私は現代の工業技術をもってしても、至難と考えます。

ピラミッドの建設方法としては、
建築家ジャン=ピエール・ウーダンの内部トンネル説が
一番合理性に富んでいると考えます。
エジプト発掘 ピラミッドはこうして造られた
(https://www.youtube.com/watch?v=_qnff-sFy7A&list=
PL1kIeRJejsQb90GCdWQo0LGhGZxm_GEkn&index=4)
刊行本
「大ピラミッドの秘密」(Softbank Creative刊)

でも、その場合でも、精密正確な施工を可能にするための、
設計から始まるすべてのプロセスが解明されたわけではありません。

たとえば、南北の線を割り出す方法を説明した学者は、
単にそれだけのための方法を解答しただけなのでしょう。
それをテレビ局側がピラミッド建設のすべてが解明されたように受けとる、
このあたりの安直さはテレビならではですが、
それにしてもあまりにも情けないですね。




c0168172_22385696.jpg
c0168172_22385017.jpg
c0168172_22384478.jpg
c0168172_22383989.jpg
c0168172_22383312.jpg
c0168172_22382745.jpg
c0168172_22382296.jpg
c0168172_22381619.jpg
c0168172_22381175.jpg
c0168172_2238568.jpg
c0168172_2238097.jpg
c0168172_22375574.jpg
c0168172_22374834.jpg
c0168172_22374251.jpg
c0168172_22373772.jpg
c0168172_2237314.jpg
c0168172_22372650.jpg
c0168172_22372018.jpg
c0168172_22371472.jpg
c0168172_2237811.jpg

by hologon158 | 2015-11-27 22:42 | ホロゴンデイ | Comments(0)