わが友ホロゴン・わが夢タンバール

626.01 ホロゴン外傅155「2015年12月12日大和路ならPetzvalにお任せ」1 まず今井町へ!



12月12日土曜日、親友のWAさんと大和八木で合流。
今井町と飛鳥を歩きました。
WAさんはいつもの装備。
ダルメイヤーのペッツヴァール25㎜F1.9付きオリンパスEP-L1

ソニーα7に何を付けようか?
私は躊躇なくこれを選びました。
ペッツヴァール58㎜F2.3
中将姫光学さんにお借りしているペッツヴァール4本の逸品。

実は心配しています。
10月28日の記事以来、消息が知れないようなのです。
こんなに長い不在は初めて。

11月19日にコメントしました。
翌日には、クラシックレンズの同好の士の方もコメントしました。
もし日本に帰っておられるのであれば、
なんらかの応答があるはず。
でも、お返事がないままに推移。
12月14日に「どうなさったのですか?」とお尋ねのコメントをし、
翌日には別の方も同様のコメントをなさったようです。
ところが、今に至るまで、
この2つのコメントをご覧になった形跡はありません。
どうやら最初のコメントはご覧になったようです。
でも、なんらかの事情で返事しないままになって、
その後、コメントも記事投稿もされないままに。

海外旅行をここまで続けられるとは聞いていなかったし、
されるとしても、1か月ごとに帰国されると聞いていました。
堅固で健全な精神の持ち主で、もともと旅慣れた方ですが、
今回の世界一周旅行の記事を拝見していて、
まるで80日間世界一周のフィリアス・フォッグ氏並みに、
どんな危機にもたじろがず、くぐり抜けられて来たので、
お会いする度に感じたことは、
ますます強靭な精神力を蓄えておられるということでした。
それだけに、どこかでお体を壊す事情があったのでは?
そんな心配までしてしまいます。

あまりにも旅の醍醐味を満喫するあまり、
ブログなどそっちのけで、異国の夜を楽しみ、
ホテルに帰ると、バタンキュー、
そんなことであればよいのですが............

そんな中将姫光学さんの無事を祈って、
この名レンズを使わせていただくことにしたのです。
レンズの方は絶好調、
659枚撮影し、431枚選択してみました。

今回は特別に一回30枚ずつアップします。
そうでないと、20回を超える長大シリーズになり、
見る人が居ても、すぐに疲れきってしまい、
いつか「そして、誰もいなくなった」になりかねない。
でも、カメラマンなら誰でも撮るだろうな、
そう言える写真は一枚もありません。
私の使うレンズたち、そんな被写体に見向きをしない。
なんとありふれた路傍の種々。
でも、私にとってはそれだけの見所のある写真ばかり。
まあ、期待せずにご覧になってください。




c0168172_1434271.jpg
c0168172_1412973.jpg
c0168172_1412348.jpg
c0168172_1411617.jpg
c0168172_1411099.jpg
c0168172_141337.jpg
c0168172_1405630.jpg
c0168172_1405094.jpg
c0168172_1404217.jpg
c0168172_140353.jpg
c0168172_1402862.jpg
c0168172_1402215.jpg
c0168172_1401687.jpg
c0168172_140929.jpg
c0168172_140338.jpg
c0168172_13594713.jpg
c0168172_13594028.jpg
c0168172_13593247.jpg
c0168172_13592424.jpg
c0168172_13591746.jpg
c0168172_13591017.jpg
c0168172_1359275.jpg
c0168172_13585791.jpg
c0168172_135851100.jpg
c0168172_1358443.jpg
c0168172_13583855.jpg
c0168172_13583278.jpg
c0168172_13582593.jpg
c0168172_13581871.jpg
c0168172_1227983.jpg

by hologon158 | 2015-12-18 14:12 | ホロゴン外傳 | Comments(0)