わが友ホロゴン・わが夢タンバール

630.08 ホロゴン外傅157「2015年1月9日ペッツヴァールが近江八幡をさらりと」8-完-完璧なセット!



2月1日月曜日、
えっ、もう2月?
本当にいやになるほどに、光陰矢の如しですね。
朝、宅急便が届きました。
宮崎貞安さんにお願いしていた修理が完了したのです。

①エルマジ95㎜f2.4のMマウントの補修

他のすべてのMマウントアダプタ、Mマウントカメラとは
問題なく接合できるのに、
ライカM9に挿入しても、すっと廻るだけで、
カチンという小粋な音でストッパーが働かない。
ストッパーが働いていないので、ヘリコイドではなく、
レンズ自体がマウント部で廻って、外れてしまうのです。
宮崎貞安さんにライカM9も一緒に送りました。
そんなことはあまりしないそうです。
私はします。
必要だからです。

ライカM9のロックピンがこれほど安作りなのか!
宮崎貞安さん、仰天されていました。
だから、ピンのかみ合わせ部分のエッジが立っておらず、
Rを描いているために、滑るのだそうです。
説明を読んでもちょっと分からないのですが、
うまく工作していただいたようです。
これで、ライカM9でもエルマジ95㎜f2.4を使えます。

② エルマジ20㎜F3.5のスクリュー研磨

こちらはCマウントレンズなのですが、
そのマウントのスクリューがとても深くて、
オリンパスEP-L1にセットしますと、
壁にぶつかって、中途でスクリューが止まってしまいます。
レンズはCマウントアダプタから飛び出たままなので、
撮影できるのはおよそ80㎝から最短33㎝まで。
これじゃ、いわばマクロ専用になります。

スクリューの底部を削っていただきました。
4.3mmも!
これで無限から33㎜までの完全仕様になりました。
レンズもクリーニングしていただき、
宮崎貞安さんの見立てでは80%よくなったとのこと。
残り20%は内面の汚れ。
写してみると、かなり明晰な画像になっています。

私が施した(私にとっての)改良点は2つ、

①絞りリングをプラスチックテープで固定。
これによって、小さなレンズ全体がスクリューの回転に使えます。
絞りは、開放専科の私には無縁。

②レンズ本体は銀色のメタルなのですが、
その最低部はペイントされています。
その部分に最短緑、1m赤、2m青、無限大白のラベルを貼り、
目測撮影ができるようにしました。
これで完璧な使用態勢が出来上がりました。

明日、梅田に出ます。
エルマジ95㎜f2.4付きソニーα7
エルマジ20㎜F3.5付きオリンパスEP-L1
この完璧なセットで出陣!




c0168172_15115098.jpg
c0168172_1511447.jpg
c0168172_15113820.jpg
c0168172_15113247.jpg
c0168172_15112590.jpg
c0168172_15111687.jpg
c0168172_1511924.jpg
c0168172_1511261.jpg
c0168172_15105645.jpg
c0168172_15105083.jpg
c0168172_15104497.jpg
c0168172_15103939.jpg
c0168172_1510321.jpg
c0168172_15102697.jpg
c0168172_15102118.jpg
c0168172_1510469.jpg
c0168172_1595960.jpg
c0168172_1595482.jpg
c0168172_1594896.jpg
c0168172_159436.jpg
c0168172_159378.jpg





   [後書き]
      ペッツヴァールSVE100㎜F2.8の撮影は、
      この近江八幡で打ち止め。
      畏友のRAさんに使って頂きます。
      彼は、数十本のレンズを自在に駆使されますが、
      どちらかと言うと、望遠がお好みです。
      ペッツヴァールレンズの最上の持ち味を、
      ゆったりとしたフレアや周辺の収差の楽しい変幻とすれば、
      このレンズはどちらかと言うと、かなり薄味なのです
      明晰な切れ味を持ちながら、柔和な表情。
      望遠の描写の自然さと切れ味という点では出色なのですから、
      丁度RAさんのお好きな描写の傾向にぴたり沿っています。
      ペッツヴァールも安住の地を見つけることでしょう。
by hologon158 | 2016-02-01 15:26 | ホロゴン外傳 | Comments(2)
Commented by korekazu at 2016-02-01 15:43
明日は梅田で試し撮りされるのでしょうか?
修正の施されたレンズの撮影、楽しみですね。私も楽しみです。
Commented by hologon158 at 2016-02-01 22:38
korekazuさん
明日が楽しみです。
悪友たちの影響で、ホロゴンそっちのけで、
ペッツヴァールに夢中になっています。
明日は高齢の友人と一緒なので、撮影よりはおしゃべりが主体となりそうですが、
それも楽しみ。
でも、梅田と天満で撮り慣れた被写体をペッツヴァールがどう料理してくれるか、
とくと確認をしたいと、もう今から燃えています。