わが友ホロゴン・わが夢タンバール

633.12 ホロゴンデイ158「2016年2月16日高畑町をマクロホロゴンが一掃」12 Kリペア


3月2日水曜日、神戸に参りました。

要件は2つ。
まず、埠頭のカメラ修理専門店Kリペア(渡辺さん)に、
修理調整のお願い。

まず、Hologon15mmF8Uのマウント部の調整。
渡辺さんにホロゴンウルトラワイドから抜き出してもらったのですが、
フォクトレンダーのヘリコイドリング付きMマウントアダプタに
収まってくれないのです。

MマウントのHologon15mmF8Mはすんなりと収まって、
元々20cmまで接近できたのが、さらに10cmまで狭まって、
マクロホロゴンに生まれ変わりました。
Hologon15mmF8Uがこれに付けば、
元々ヘリコイドがないのですから、
私の撮影スタンスである30cmから60cmの距離
(実は厳密にはもともとフォーカスしていない)
への接近がますます楽しめるはず。
それなのに、どこかがじゃまして、それができません。
渡辺さんにそのあたりを調整していただくつもり。

もう一つは、これが難題。
私が見つけた私にとって最古のCマウントレンズ、
エルマジ20mmF3.5のスクリューマウントの作り替え。

オリジナルのスクリューは深すぎて、
オリンパスE-PL1につかえてしまい、60cmほどまでしか撮れない。
東京に送って、削ってもらったのですが、
今度は、徹底的に削ってしまわれたために、
スクリューのネジ部分が1から2本になってしまい、
ネジの山がぐらぐらになり、
ヘリコイド代わりという酷使には耐えられなくなってしまいました。

幸い、Cマウントのスクリュー部分の予備を持っていますので、
これを切断して、エルマジの底にくっつけてもらい、
ヘリコイドとしてしっかり使えるものに再生してもらいたい、
これが第2の希望。
さて、どうなりますか?

もう一つの要件は、水彩画家小川英紀の水彩画展。
こちらも楽しみ。




c0168172_23132241.jpg
c0168172_2313162.jpg
c0168172_231398.jpg
c0168172_2313322.jpg
c0168172_23125874.jpg
c0168172_23125269.jpg
c0168172_23124637.jpg
c0168172_2312411.jpg
c0168172_23123516.jpg
c0168172_23123028.jpg
c0168172_23122419.jpg
c0168172_23121912.jpg
c0168172_23121272.jpg
c0168172_231261.jpg
c0168172_2312090.jpg
c0168172_23115425.jpg
c0168172_23114845.jpg
c0168172_23114353.jpg
c0168172_23113790.jpg
c0168172_23113217.jpg

by hologon158 | 2016-03-06 23:15 | ホロゴンデイ | Comments(0)