わが友ホロゴン・わが夢タンバール

638.03 ホロゴン外傅161「2016年3月5日パンタッカーと葛城古道の相性も抜群」3 人生の記録庫



3月31日木曜日に戻ります。
3月もあっと言う間に終わってしまいました。
どうも時間が経つのが早すぎます。
秒分時日週月年と細かく区切って時間を数えると、
時計の秒針がチクタクチクタクと時を刻んで、
情け容赦なく時間が経過していく印象が強くなりますね。

もう少し大きなサイクルで生きたいものです。
現代のような秒単位までの時間区分を意識しなかった
古代の人はどんなサイクルで生きていたのでしょう?
どんな風にして歳月の経過を記憶にとどめていたのでしょう?
想像がつきませんね。

私の妻はとても記憶力がよいようです。
「あれをしたのは、あれがあった年だから、
何年のことだった」
という風に、社会事象と個人的体験とを結びつけて、
年月も記憶しています。
古代人も同じ方法をとっていたのかもしれません。

私はそれができないので、
エクセルの表で、重要な事項は年表に記録し、
歴代のパソコンで継承してきました。
でも、記録にとどめるのはわずかですから、
あとは過去の闇の中に葬ってしまいます。

人生の記憶にとどまるもの、とどらないもの、色々ですが、
記憶にとどまるから重要だとか、
とどまらないから重要でなかったとか、
とどまっているものだけが人生を築き上げる煉瓦になっていて、
とどまらないものは煉瓦にはならないで終わった、
などということはありませんね。
記憶するしないに関わらず、なにもかも全てが、
因果関係の結び目になって、今の私という人間に結実していく、
そう考えるのが正しいのでしょう。

つまり、記憶しているかどうかはひとまずどうでもよい、
そう考えることにしています。
つまり、記憶なんかどうでもいい。
過去を背負って、今を精一杯生きる、
それだけでいいじゃないか!
それが私の考え方。

近頃取り入れた時の刻み方がブログですね。
2008年8月からほとんど休みなく記事を書いてきました。
戻ってみると、最初から長々と文章を書いていたようです。
なんらかの優れた人間が文章を書けば、
読むに値すると受け取られるものですが、
私のようなただの一般人が長々と書いたら、
読む前から、時間の無駄、つきあってられるか!
ということで、長い文章はブログ訪問者を後込みさせる
格好の障害物となっているようです。
おかげで、記憶力の悪い私にとっては、
ブログは私の人生の記録庫。
もしかすると、ブログを始めてから、私の個人史に限り、
稗田阿礼よりも正確な質の記憶を保存できているかもしれません。




c0168172_23414432.jpg
c0168172_23413691.jpg
c0168172_23413064.jpg
c0168172_23412336.jpg
c0168172_23411790.jpg
c0168172_23403032.jpg
c0168172_23402345.jpg
c0168172_23401399.jpg
c0168172_2340778.jpg
c0168172_2340196.jpg
c0168172_233951100.jpg
c0168172_23394494.jpg
c0168172_23393855.jpg
c0168172_23393179.jpg
c0168172_23392583.jpg
c0168172_23391849.jpg
c0168172_23391276.jpg
c0168172_2339581.jpg
c0168172_233858100.jpg
c0168172_23385153.jpg

by hologon158 | 2016-04-06 23:45 | ホロゴン外傳 | Comments(0)