わが友ホロゴン・わが夢タンバール

639.02 ホロゴントラベル29「2016年4月1日ホロゴン15㎜F8Uが角館にご挨拶」2 ゆで方の美学



4月7日木曜日、一人でした。
夫婦で在宅するときも、昼食はたいてい私の分担、
あれこれなんでも作ります。
スパゲッティなど得意中の得意。
自分で勝手に創作することもあります。

肝心はスパゲッティのゆで具合。
スパゲッティの柔らかすぎア固すぎたりはどちらもアウト。
私の職場近くにスパゲッティ専門店がありました。
3度試して、やめました。
常に固すぎて、芯が残っているのです。
そのうえ、量が猛烈に少ない。
確かにスパゲッティは固めに上げて、
食卓に供して、具と混ぜあわせたときに
最上の固さになるのが正道なのでしょう。
でも、このお店では、まだ半ゆでの状態で上げています。
ところが、開店から少なくとも6、7年になるのに、
まだ生き残っている!
ご婦人方がユーザーのようです。
「捨てる神あれば、拾う神あり」ですね。
それにしても、不思議です。

今日はなにを食べようか?
キッチンに下りて、一瞬思案。
昨日はオープンサンドを楽しみました。
まだおいしいパンが残っています。
一瞬、もう一日、と思いましたが、やめました。
積み重ねを必要とする場合は別として、
たいていの場合、反復はよくないですね。
とりわけ人間の舌にとって、反復は鬼門ですね。

永井荷風でしたか、上野かどこかの老舗のレストランで
毎晩夕食をとったと読んだことがあります。
毎日新鮮に喜べるスペシャルな舌を持っていたか?
味のことなどまるきり関心がなかったか?
とにかく不思議です。

私はグルメじゃないので、なんでもよろしい。
作りたてで、我が家で作るもの、
とくに妻が作るものが一番、
次にうまいのが自分が作ったもの、
そう考える人間なのですから。
冷蔵庫をのぞいて見ると、
賞味期限が切れたばかりの揚げ豆腐が見つかりました。
私は加熱できさえすれば賞味期限など全然気にしません。
(その証拠に、こうしてまだちゃんと生きています)
ただちにインスタントラーメンと決定。

鍋が煮立つと、卵を2つ割り込んで、
揚げ豆腐とお野菜を刻んで放り込み、
乾燥ラーメンとソースを入れて、
乾燥ラーメンをひっくり返したら、ガスを止めました。
ごま油、塩、胡椒を少々入れて、好みの味に整え、
食卓に鍋のまま供し、おいしいほうじ茶を用意し、
食卓に座ると、ちょうご食べごろの固さ
(これはスパゲッティよりちょっと固め)。
2週間に1度程度なので、絶対に飽きません。
私の舌はとても安上がりにできているのです。
一杯のインスタントラーメンで天国。
金のない退職者にはとてもありがたい舌というわけです。






c0168172_16385727.jpg
c0168172_16385135.jpg
c0168172_1638352.jpg
c0168172_16382912.jpg
c0168172_16382331.jpg
c0168172_16381739.jpg
c0168172_16381222.jpg
c0168172_1638669.jpg
c0168172_1638032.jpg
c0168172_16375599.jpg
c0168172_16375033.jpg
c0168172_16374423.jpg
c0168172_16373964.jpg
c0168172_16373443.jpg
c0168172_16372990.jpg
c0168172_16372492.jpg
c0168172_16371857.jpg
c0168172_16371227.jpg
c0168172_1637527.jpg
c0168172_163705.jpg
c0168172_16365591.jpg
c0168172_1636494.jpg
c0168172_16363866.jpg
c0168172_16363217.jpg
c0168172_16362676.jpg
c0168172_16362097.jpg
c0168172_16361377.jpg
c0168172_1636778.jpg
c0168172_1636161.jpg
c0168172_16355539.jpg

by hologon158 | 2016-04-09 16:42 | ホロゴンデイ | Comments(0)