わが友ホロゴン・わが夢タンバール

641.01 ホロゴン外傅164「2016年3月26日スピードパンクロ35㎜も清水へ」1 季節外れの墓参



かなり昔のお話ですね。
3月26日清水寺界隈は異常そのものの雑踏ぶりでした。
ソニーα7にはエルマジ95㎜f2.4とスピードパンクロ35㎜F2の2本を用意しました。
エルマジの方がかなり古いようですが、
スピードパンクロ35㎜F2のレンズ番号から押して、
1930年前後のようですから、
カラーが登場する前のクラシックレンズとしては、
どちらも旧式そのもののレンズですね。
レンズについて私が言えることはそこまで。
早速ロボグラフィたちをごらん頂きましょう。




c0168172_2155291.jpg
c0168172_21552254.jpg
c0168172_21551551.jpg
c0168172_21551096.jpg
c0168172_2155356.jpg
c0168172_21545491.jpg
c0168172_2154488.jpg
c0168172_21543488.jpg
c0168172_21542680.jpg
c0168172_21542015.jpg
c0168172_21541483.jpg
c0168172_2154815.jpg
c0168172_21534432.jpg
c0168172_2153379.jpg
c0168172_2153325.jpg
c0168172_21532678.jpg
c0168172_21531628.jpg
c0168172_2153565.jpg
c0168172_21525838.jpg
c0168172_21525252.jpg
c0168172_21524552.jpg
c0168172_21523964.jpg
c0168172_21523246.jpg
c0168172_21522356.jpg
c0168172_21521675.jpg
c0168172_21521063.jpg
c0168172_2152411.jpg
c0168172_21515727.jpg







5月31日水曜日、孫たちの用を済ませると、
午後動物園に3家族で遊ぶ一家を天王寺駅の動物園前近くまで送ってから、
地下鉄御堂筋線で江坂に直行しました。
我が一族の墓のお守りに行ったのです。
近くのスーパーでお供えの花を購入し、タクシーをつかまえて、
墓地まで一走りしてもらいました。
運転手さんから同情されました。
「この暑いのに、ご苦労様ですね」
ほんとうにご苦労様なことです。
昔で言うところの本家として墓を受け継いでいるのに、
無精を決め込んで、一年ぶり。
一坪2畳ちょっとのスペースですが、
2本のツツジが肥大化し、4基の墓石と古い石仏以外のスペースは
細かい線のような雑草でベールのように覆われていました。
隣の2軒の、昔で言うと、分家の墓地は草一つないのと好対照。
でも、ちっとも気にならないのが、私のよくないところでしょう。
草むしりから始めて、お参りに40分ほどかかってしまいました。
タイバンコクの仏教寺院で、
基壇の石組の随所に写真が埋め込まれていました。
韓流ドラマでよく登場するのは、永代供養を目的とするビル。
内部の多数のコンパートメントに縦長の棚が数知れず作られていて、
やはり写真やお供えが置かれて、祭壇になっています。
どれを見てもいつも感じたことは、
ああ、草刈りをしなくていい!
こんなことを考えるって、ちょっと親不孝のようですね。
by hologon158 | 2016-06-07 21:56 | ホロゴン外傳 | Comments(0)