わが友ホロゴン・わが夢タンバール

641.06 ホロゴン外傅164「2016年3月26日スピードパンクロ35㎜も清水へ」6-完-厳正中立な判断

東京都知事の政治資金規正法違反容疑は、
客観的第三者による厳正中立な判断が出たことで、
さらに国民の反感を強めたようですね。
どこが「客観的第三者による厳正中立な判断」ですか?
舛添に雇われた弁護士が、
依頼者本人の言い訳を全部そのまま鵜呑みにして、
まったく裏付け調査もしないで、
「ごもっとも、ごもっとも」と茶坊主よろしく合いの手を打っただけ。
こんな弁護士たちがいるのですね。
彼ら、検察官時代に、社会正義の実現のために、
粉骨砕身の日々を送っていたのでしょうか?
違うでしょうね。

舛添の言い分を検証するには、たった一つの例だけで十分です。
6回にわたる家族旅行先で会議を開いたとの名目で、
家族旅行費用全額の政治資金からの支弁は適法である、
そう舛添は主張し、弁護士らは「そのとおり!」と相づち。

でも、肝心の疑問にまったく答えていない。

①仮に会議を開いたとして、家族の宿泊費用まで
政治資金で支弁することがなぜ適法なのでしょうか?

②会議の趣旨、目的、参加者、時間等は、
家族の宿泊費用までも適法化するほどに重要だったのでしょうか?

③参加者は誰で、彼らの参加費用は政党の政治資金で支弁されたのでしょうか?
わざわざ出向いて来て、一日つぶしたのです。
当然政治資金で経費はまかなっているはず。

そこで、法律家なら、ただちにこの点に気付くはずです。
適法か不適法かの分岐点はこれです、

   本当に政党の会議が実施されたか?

でも、三百代言たち、上記の諸点をクリアーしたとは思えません。
もし、クリアーしたとすれば、堂々と適法性を証明したでしょうから。
そうではなくて、この三百代言たち、舛添の言い訳だけ聴いて、
「そうでしょう、そうでしょう、何の問題もありませんね」
こんなあほらしい厳正中立判断があるでしょうか?

家族旅行の場で会議をする人などいないのですから、
まずは政治資金規正法違反の嫌疑をかけられても当然です。
だから、刑事犯罪の立証とは別に、
政治家としての正当性の証明のためには、
家族旅行全体の費用を政党資金から出捐する必要があったことは、
舛添自身が証明すべき問題です。
しかも、会議に参加したのは自分の党の関係者たちであり、
彼らに会議への参加を秘密にしなければならない理由など、
まったく考えられないのですから、
今や、リーダーが窮地に立っているのです、
参加者たちは早速堂々と名乗りを上げているはず。
つまり、容易に証明できる問題なのです。
でも、一人として、名乗りを上げていないようですね。

それをしない理由は二つしかありません。
政党とはなんの関係のない秘密の支援者たちとの会議だったか、
それとも、そんな会議などなかったか?

もちろん後者の可能性が極めて高い。
そうだとすれば、政治資金規正法上適法とは絶対に言えないのです。
つまり、国民の税金が悪用された疑いが大きいのです。
検察庁はただちに捜査すべき重大容疑です。
三百代言たちによる「厳正中立な判断」で逃げ切る、
そんなことを許してはなりません。

この何年か、検察庁の不祥事がさまざまに明らかになっています。
弁護士と並んで、社会の不正を許さず、
社会正義を実現することが使命であるのに、
政治的な判断の下に、巨悪に目をつぶり、証拠をねつ造し、
世間の検察に対する信頼は大きく揺らいでいます。
今回の「厳正中立な判断」ケースはまさにその線に沿っている。
一方では、現政府は明々白々たる憲法違反法案の成立を強行。
金と権力が大手を振って不正を押し切ってはばからない、
そんな時代がすでに来ている、
そんな感じがしてはらないのですが...






c0168172_16523467.jpg
c0168172_16522718.jpg
c0168172_16522176.jpg
c0168172_1652153.jpg
c0168172_1652840.jpg
c0168172_1652267.jpg
c0168172_16515618.jpg
c0168172_16514955.jpg
c0168172_16514211.jpg
c0168172_165135100.jpg
c0168172_16512982.jpg
c0168172_16512423.jpg
c0168172_16511899.jpg
c0168172_16511054.jpg
c0168172_1651343.jpg
c0168172_16505717.jpg
c0168172_16505183.jpg
c0168172_16504490.jpg
c0168172_16503762.jpg
c0168172_16503039.jpg
c0168172_16502491.jpg
c0168172_16501846.jpg
c0168172_16501117.jpg
c0168172_1650468.jpg
c0168172_16495942.jpg
c0168172_16495326.jpg
c0168172_16494641.jpg

by hologon158 | 2016-06-09 16:53 | ホロゴン外傳 | Comments(0)