わが友ホロゴン・わが夢タンバール

642.03 ホロゴンデイ161「2016年4月13日ホロゴン15㎜F8Mと奈良町で一息」3 孫プリンセス



生気に満ちているという点では、孫プリンセスも負けていません。
長女の末っ子で、6月で2歳になります。
もう一人の孫プリンセスも、丁度一年違いで、1歳になります。

どんな行動をとるときでも、まず、考えてから決めます。
このあたり、お兄ちゃんとそっくり。
遊んだり本を読んだりするときは、
心の中でなにをするか、なにを読むか、決めます。
DVDを観るときも、やはり同様です。
おもちゃなら、どこに仕舞われているか覚えています。
手が届かないと、私に抱っこを求めて、その棚を指さします。
扉を開いて、ざっと見渡して、ないと、別の場所を探します。
本も背表紙を覚えていて、つま先立ちして、本棚を探します。
DVDも自分で選んで、
「ワンワン」とか「シマジロ」などと正しく主人公を口にしながら、
自分でトレーを開く操作をします。

4歳のおにいちゃんと同じ遊びを一緒にして駆け回ります。
でも、果てしなく、汗を吹き出させながらやめないお兄ちゃんと違い、
ある程度つきあうと、お兄ちゃんが誘っても、
「もういい!」

2歳違いですが、学年では3年違いになるので、
中学、高校は一緒にはならないのですが、
あと5年もしたら、対等の立場になるでしょう。
なにをするにしても、今からお兄ちゃんと対等だからです。
たまに叩き合いの喧嘩になっても、対等にやり合うのだそうです。
もみくちゃにされても、泣きません。

どうやら腕白のお兄ちゃんを持つ妹はかなり強くなるようです。
でも、とても可愛い表情を武器にすることはちゃんと知っています。
お兄ちゃんは切れ長の特大の瞳ですが、
プリンセスはちょっと違って、
よく言われる「ハシバミの実のような瞳」で縦長風。
どちらも長い長いマツゲです。
大きな瞳の持ち主は例外なくマツゲが長い。
これは当然で、大きな瞳を保護するために自然に延びるようです。

三人の孫たち、これからその大きな瞳で何を見るのでしょうか?
私生活、日本、世界、すべてにわたって、
美しいこと、喜ばしいことばかり見てほしい。
でも、それはどうやらかなわない望みのようです。
ならば、どんな荒波もスカーレット・オハラのように、
完全と乗り越えて生きてほしいものです。





c0168172_1161910.jpg
c0168172_1161363.jpg
c0168172_116885.jpg
c0168172_116314.jpg
c0168172_1155874.jpg
c0168172_1154396.jpg
c0168172_1153863.jpg
c0168172_1153221.jpg
c0168172_1152655.jpg
c0168172_1151973.jpg
c0168172_1151452.jpg
c0168172_115873.jpg
c0168172_115033.jpg
c0168172_1145136.jpg
c0168172_1144022.jpg
c0168172_114288.jpg
c0168172_1142150.jpg
c0168172_1141494.jpg
c0168172_11494.jpg
c0168172_114381.jpg
c0168172_1135788.jpg
c0168172_1135032.jpg
c0168172_1133428.jpg
c0168172_1132831.jpg
c0168172_1132117.jpg
c0168172_1131512.jpg
c0168172_113934.jpg
c0168172_113425.jpg
c0168172_1125826.jpg

by hologon158 | 2016-06-13 11:07 | ホロゴンデイ | Comments(0)