わが友ホロゴン・わが夢タンバール

644.01 ホロゴンデイ162「2016年4月22日三重の主役はホロゴンだ」1 流星光底



「流星光底長蛇を逸す」
頼山陽の漢詩の畢生の名句ですが、
先頃辞任した東京都知事がそうですね。

彼は無事二期を務めて、東京オリンピック開催地の主催者として、
少なくともスポーツ史に栄えある名を刻むぞ、と夢を描いて、
胸を膨らませ、自負心をいやが上にも高めていたのでしょう。
高めすぎて、足を踏み外してしまいました。

もともと政党のリーダーにふさわしい人物ではなかったらしい。
巨額の政党交付金を自由に使える身になったことが、
彼の転落の一歩だったようです。
家族で過ごすバカンスにも自由に公金を充てて贅沢三昧を楽しめる!
なんという権力のうま味!

もちろん政党関係の会議など開催していません。
彼の都知事の座からの転落と引き替えに守るべき秘密を守りたい
相談役のプライバシーって、何なのでしょうか?
秘密と言っても、その人物が彼と会った、ということ、
その人物が彼と関係があったという事実、だけなのです。
その人がどんなに拒んでも、
彼は最後には「背に腹は代えられぬ、すまぬ!」とばかり、
名を公表したでしょう。
なぜそれをしなかったか?
そんな相談役なんていないから、
そんな会合などしなかったからです。

この人、事の大小を計算評価することのできない人です。
あくまで東京都知事としての座を確保して
東京オリンピックの主催者としての栄誉、名声、歴史的地位を築きたかったら、
客観的第三者である弁護士、すなわち、あんな三百代言のやめ検ではなく、
堂々と正義に生きて来た正真正銘の弁護士に依頼して、
数々の非の存在を判定する調査をまとめさせ、
不適法と認めざるを得ない部分については速やかに潔く非を認め、
都民、国民に深く陳謝し、いかなる法的処断を甘んじて受ける所存だが、
この土壇場での都知事の交代は、新知事の選挙の膨大な経費を含めて、
国家及び東京オリンピックには計り知れない損失を招くおそれがあるので、
国家、国民のために都知事の地位にとどめてほしい、
任期が満了した後にいかなる法的処断も受ける、と、素直に懇願した上、
ただちに横領、費消額の全額を返還すべきだったのです。
そうすれば、2つに1つの確率かもしれませんが、
彼は都知事の地位にとどまることができたかも知れません。
そして、これは絶対的に間違いのない予測ですが、
彼が東京オリンピックを成功裡に終わらせたら、
都民からも国民からも、都知事の座から追放したり、
刑事責任を追及したりする声は起こらないでしょう。
そうすれば、彼は成功した政治家として威風堂々都知事を退陣し、
さらに大きな可能性が開かれたかもしれません。

なぜ、そんな捨て身の離れ業を演じることができなかったのでしょう?
理由は、彼のみみっちい出費をごらんになれば、一目瞭然です。
事の大小を見極める見識も眼力も予見力も度量もなかったからです。
結局、彼には都知事にも政治家にも向かない人だったようですね。





c0168172_110402.jpg
c0168172_1103475.jpg
c0168172_1102979.jpg
c0168172_1102395.jpg
c0168172_1101785.jpg
c0168172_1101189.jpg
c0168172_110518.jpg
c0168172_10595349.jpg
c0168172_10594733.jpg
c0168172_10594124.jpg
c0168172_10593546.jpg
c0168172_10592986.jpg
c0168172_10592447.jpg
c0168172_10591743.jpg
c0168172_1059272.jpg
c0168172_10585588.jpg
c0168172_10584815.jpg
c0168172_10584143.jpg
c0168172_10583653.jpg
c0168172_10582488.jpg
c0168172_10581667.jpg
c0168172_10581081.jpg
c0168172_1058478.jpg

by hologon158 | 2016-06-22 11:09 | ホロゴンデイ | Comments(0)