わが友ホロゴン・わが夢タンバール

647.03 ホロゴンデイ163「2016年5月21日ホロゴンが弘法市に潜伏」3 the creative life

クリエイティブライフ
常になにかを創造する人生
どうすれば、そんな人生を送ることができるのでしょう?
3日前は7月7日、考えてみれば、七夕でしたね。
七夕飾りを作りましたか?
まさか、ね。
もうなにかお願いごとをしても、
実現するまでには、とても時間が足りない?
まさか、ね。
いつでもなにかを願うことはできますし、
その実現のための時間もちゃんと神様は与えて下さる、
そう信じて生きたいものです。

ところで、彦星と織姫はこの日以外の1年の毎日、
なにをして暮らしているのでしょう?
新聞を読み、テレビを見て暮らしているのでしょうか?
あなたはなにをして暮らしていますか?
今日はなにをするかなんてことに頭を悩まさず、
満ち足りた暮らしに満足しているのでしょうか?
私は絶えずどうすればよいのだろうかと考えています。
なぜ?
理由はシンプル。
今この瞬間、よく生きている、
今日もよく生きた、
毎日毎瞬、そう感じたいからです。
人生の時間を自分のやりたいことで埋めたいからです。
その気持ちで一生生きてきました。
じゃ、なにをしているのか?
せっせと耕しています。
どんなことをするにしても、一過性のものは選ばない。
一日一日積み上げていく、
そんな作業を伴うものを選んでいます。
人に見せる作品を作る仕事など何一つしていません。
自分の人生を自分一人を観客とする作品にしたい。
17年間続けてきたストレッチも、その他の運動も、
自分の体を人生を戦い抜けるように鍛えるため。
おかげで今が一番、切れ味のよい動きができます。
贅肉もありません。
200m位走っても、息を切らしません。
5時間半熟睡して、昼寝もせず、
やりたいことを次々と気分次第でとっかえひっかえするので、
退屈もせず、疲れもせず、一日を終えることができます。

「モモ」というすてきな少年文学がありました。
私は今でも少年文学も読みます。
子供の気持ちを忘れたら、人間、おしまいです。
「モモ」の中で公園の掃除をしている男が登場します。
秋です。
公園を落ち葉がびっしりと埋めています。
でも、男は楽しげにはき集めています。
言葉は忘れましたが、モモにこんな風に説明するのです、
「自分の目の前だけを見て掃いていくんだよ。
そうしたら、気がついたら、
いつかは作業を全部すませることができるんだよ」
これは哲人の言葉です。
私たちの人生の日々もこんな風に生きたい、
私はずっとそう願ってきました。
クリエイティブな閃きで、独創的ななにかを創造する、
それだけがクリエイティブライフじゃない、
私はそう信じたいのです。
自分の人生の道をクリエイティブに切り開いていく、
たとえ、人に呈示できる創造物がなくてもいいじゃありませんか、
自分が日々新しい刺激を感じ、
新しいエネルギーをかき立てることができさえすれば?





c0168172_11372594.jpg
c0168172_11371450.jpg
c0168172_2241842.jpg

c0168172_2241075.jpg

c0168172_224269.jpg

c0168172_2235587.jpg

c0168172_2234724.jpg

c0168172_2234083.jpg

c0168172_2233364.jpg

c0168172_223268.jpg

c0168172_2232065.jpg

c0168172_2231353.jpg

c0168172_223763.jpg

c0168172_2225855.jpg

c0168172_2225187.jpg

c0168172_2224574.jpg

c0168172_2223888.jpg

c0168172_222315.jpg

c0168172_222229.jpg

c0168172_222868.jpg

c0168172_222019.jpg

c0168172_22152100.jpg

c0168172_2214683.jpg

c0168172_2214014.jpg

c0168172_2213220.jpg

c0168172_2212566.jpg

c0168172_2211838.jpg

c0168172_2211145.jpg

c0168172_221523.jpg

c0168172_2205723.jpg

by hologon158 | 2016-07-10 22:00 | ホロゴンデイ | Comments(0)