わが友ホロゴン・わが夢タンバール

648.01 ホロゴン外傅168「2016年5月21日京ではパンタッカーの出番」5 ブリコラージュ



家事仕事はルーチンワークの部分ももちろんありますが、
日々、予期せぬときに予測せぬ問題、事故、仕事が発生します。
そんな突発状況に対処するために必要な頭の働きは、
非常事態におけるとっさの臨戦即応態勢です。
まず、マニュアルがありません。
決まりきった手順もありません。
その場、その課題に応じて、臨機応変に対応していかなければなりません。

レヴィ・ストロースは「野生の思考」の中で、
未開の人々の日々の問題解決方法を「ブリコラージュ」と名付けました。
いわば「つぎはぎ思考」「やっつけ仕事」「間に合わせ仕事」
マニュアルによらず、自分の知識と経験を活用し組み合わせて、
臨機応変に解決してゆく、そんな生き方。

家事労働にはこのブリコラージュ的対応がかなり必要です。
ときに初めての難問が突如勃発します。
一瞬頭がくらみます。
でも、いや、待てよ、
あれとこれを組み合わせたら?
その場で、ありあわせの道具と材料を組み合わせて、
なんとかやっつけ仕事をしてのけます。
でも、意外と巧く行くことがあります。
すると、一つ学び、一つ体験を蓄積することになります。

私たちの先祖も含めて、
既存の思考体系や資材資源を持ち合わせていない未開の民は
こんな風にして一歩一歩賢くなっていきます。
体験のすべてが役に立つのですから、
日々の体験を記憶にとどめようとします。
さらに頭がよくなる仕掛け。

世の退職男性は、業務で培った知恵、素養のほとんどが
退職後の生活には役に立たないことが分かります。
でも、在職中の上司の命令、指示とマニュアル、先例に沿って、
要領よく問題を解決してきたので、
要領ばかりよくなって、頭はどんどん退化してきました。
でも、地位、役職が上昇すると、
部下がかなりの部分をサポートしてくれるので、
自分がなんでもわかっていて、なんでもできるという幻想ばかり
肥大化してしまいます。

退職して地位、役職、寄らば大樹のその大本自体を失ってしまうと、
日々の問題解決、とくに自分の人生をどう取り戻し、
仕事のない人生をどう価値あるものにするか、
という重要な課題の解決に必要な独創性など、
どこにも見つからないことが分かり、愕然とし、腹を立て、
でも、今どうこうできるものじゃないので、
じゃ、ちょっと昼寝でもして、明日なにか考えてみようか、
というスタンスで毎日ぐーたら過ごすことになります。
ノンストップぼけ快速路線に乗ったようなものです。

こうなると、一歩一歩自分を作り直すしか方法がありません。
その第一歩は手近に転がっている家事を自分から進んで引き受け、
わからないことは妻に聞いたり、ネットで検索してみたりして、
少しずつ能動的な問題解決の人生を組み立てていく、
これしかありませんね。

先日も65は越えてるだろうと思われる年輩男性が、
一人でロードバイクを走らせている姿をバスから見ました。
ははーん、ああして彼なりの問題解決を図っているんだな?
でも、家に帰ったら、シャワーを浴びて、きゅっと冷たい水を飲んで、
「ちょっと昼寝してくる。
晩ご飯は7時に。
食後ウィスキーのオンザロックを楽しむので、
いつもの肴を用意しておいて」
なんて、指示を下して、ベッドにバタンでは、
折角生き生きと活動し始めた灰色の脳細胞は
依然としてダラニスケ状態になっていきますよ。

生活の全部を建てなおさなきゃ!





c0168172_1193810.jpg
c0168172_1193355.jpg
c0168172_1192751.jpg
c0168172_1192117.jpg
c0168172_1191615.jpg
c0168172_119105.jpg
c0168172_119465.jpg
c0168172_1185931.jpg
c0168172_1185333.jpg
c0168172_11847100.jpg
c0168172_1184158.jpg
c0168172_1183517.jpg
c0168172_1182975.jpg
c0168172_1182487.jpg
c0168172_118182.jpg
c0168172_118124.jpg
c0168172_118620.jpg
c0168172_118149.jpg
c0168172_1175595.jpg
c0168172_1174987.jpg
c0168172_1174364.jpg
c0168172_1173755.jpg
c0168172_1173069.jpg
c0168172_1172433.jpg
c0168172_1171883.jpg
c0168172_117122.jpg
c0168172_117694.jpg
c0168172_1165947.jpg
c0168172_1165337.jpg
c0168172_1164758.jpg

by hologon158 | 2016-07-19 11:12 | ホロゴン外傳 | Comments(0)