わが友ホロゴン・わが夢タンバール

653.02 ホロゴンデイ165「2016年7月15日ホロゴンも祇園祭りをかすめた」2 幸せとは?



たくさんの人々に出会い、
たくさんの人々の人生を知る。
それが人生ですね。
あなたもそうでしょう。
どんな人の人生も沢山の成功ともっと沢山の失敗にあふれている、
沢山の喜びと沢山の涙の体験の連続、
そう言っても言い過ぎではないでしょう。

肝心なことは、どんなシーケンスでこれらが起こるか?
古の王クロイソスは繁栄と勝利を続けたのですが、
その栄華のまっただ中にある頃のことです。
旅の途中に立ち寄ったギリシアの賢人ソローンに豪語します、
「どうじゃ、この世に私よりも幸せな人間がいるかね?」
ソローンは答えます、
「その回答は王が世を去られるその瞬間までお待ちください。
人は死ぬその瞬間まで自分の幸不幸を知ることはできないのです」
後年、クロイソスの治める国はペルシアに滅ぼされます。
王は処刑の寸前に叫びます、
「ソローン、あなたは正しかった」
その言葉がきっかけになって、王は許されて、
ペルシア王の側近として人生を続けることができたのですが、
クロイソスが臨終にあたり、自分の人生の幸不幸をどう判断したか、
それは分かりません。
実際に、幸不幸をはっきりと見極めることができる人はあまりいないかも?

そこで思うのですが、
賢人ソローンの言葉は半ば正しく、半ばは間違っているのでは?
人生の最後に自分の人生の幸不幸を判定しても、
あんまり意味がないんじゃないでしょうか?
人生のその場その場で幸せを感じ、不幸を感じる、
それで良いじゃないですか?

私の友人がおもしろいことを言いました、
局地的かつ短時間でめまぐるしく変わる近頃の天候の下では、
気象庁の天気予報はこうでいいんじゃないか?
「本日の天気は所により晴れ、所により雨、所により晴れたり曇ったり」
私としてはもう少し完璧を期したいですね。
「ただし、各地ともめまぐるしくお天気が変わる可能性があり、
突発的な予想外の天候異変の危険も常に想定するのが安全です。
みなさん、どんなお天気にも対応できるよう、ご準備とご覚悟をお願いします。
というわけで、本日も昨日と同じ予報をさせていただきました。
みなさん、よい一日を!」

人生もまったく同じですね。
まったく予想外の喜び、予想外の悲しみが突然やってくる、
それが人生ですね。
これを醍醐味と考えて、人生を最後まで楽しみたいものです。





c0168172_11223564.jpg
c0168172_11222813.jpg
c0168172_11222277.jpg
c0168172_11221654.jpg
c0168172_11221189.jpg
c0168172_1122674.jpg
c0168172_1122165.jpg
c0168172_11215540.jpg
c0168172_11214739.jpg
c0168172_11214095.jpg
c0168172_11213333.jpg
c0168172_11212784.jpg
c0168172_11212124.jpg
c0168172_112115100.jpg
c0168172_1121951.jpg
c0168172_11214100.jpg
c0168172_11205743.jpg
c0168172_11205182.jpg
c0168172_1120458.jpg
c0168172_11204025.jpg
c0168172_11203426.jpg
c0168172_11202810.jpg
c0168172_11202381.jpg
c0168172_11201771.jpg
c0168172_1118352.jpg
c0168172_1117575.jpg
c0168172_11175265.jpg
c0168172_11174680.jpg
c0168172_11174090.jpg

by hologon158 | 2016-08-20 11:25 | ホロゴンデイ | Comments(0)