わが友ホロゴン・わが夢タンバール

655.03 ホロゴンデイ166「2016年7月29日ホロゴンが我が懐かしの岡町に」3 特性のない男


若い頃、ロベルト・ムシル「特性のない男」に挑戦しました。
長大な小説で、かなり意味不明で途中で挫折してしまいました。
もしあなたがこれを読み通せたとしたら、
あなたはよほど変わっている、そう私は言いたい。

だめな小説ではありません。
でも、どうも意味がつかめない。
その中で一つ気になった言葉がありました。
うろ覚えですが、
主人公は壁があったら、必ず壁に袖をすって歩く、
そんな男だった。
特性のない男にもこんな特性があるようです。

でも、その特性が意味不明でした。
でも、年を経て、ときどき思い出すのですが、
なんだか分かるような気がしてきました。
なにも特記すべき業績もなく、無名でひっそりと生きる私も、
やっぱり「特性のない男」なんだ。

特性のない私でも望みを抱いてしまうものです。
何か自分の歩みの中に特記できることを残したい。
人に知られなくてもよい、
自分がある日、あるとき、ある場所で、あることをしたんだ、
そう言えるような行為で人生を埋めたい、そんな気持ち。

壁をすって歩いても、誰も気がつかないでしょう。
でも、自分は気がついている。
今日、僕はここを歩いているんだ、
そうしっかりと心に銘記する作業。
そうか、そうだったんだ、
僕は特性のない男と同じ生き方をしていたんだ、
そう気づいたのです。
日々平穏無事にルーチンをこなす生活も生き方です。
でも、私は一歩一歩足を踏みしめながら歩きたい、
できたら一歩一歩数えたい、そんな人間のようです。

ルーチンに生きる人にとって、
テレビや新聞は大きな意味があるでしょう。
2年に1度オリンピックを楽しむことも大きな行事なのでしょう。
私はテレビも観ないし、
オリンピックもときにネットニュースで楽しむ程度で、
私にとっては外の出来事。
私には、私の内なる作業をたゆまず続ける、
こちらの方が遙かに大切。

その点で、ちょうどドンピシャリ8年前の2008年8月に
本ブログを始めたことは大きな意味がありました。
日々たゆまず記事を作り続けることが、
私の第2の人生にとって大きな柱となりました。
目に見えて積み重なっていくのです。
こたえられませんね。

8年の間に、多くのブロガーが去っていったようです。
人生が変わって、ブログが意味を失ったのでしょう。
その人にとって、ブログは生きる行為じゃなくなったわけです。

でも、私のように、ブログを日誌と考える人間にとって、
ブログは生きる作業の一つになってしまいました。
写真ブログの場合、誰かに教えられました。
文章を付けるなら、簡潔に。
写真も厳選して。
人気ブログの大原則なのだそうです。
でも、その2つの原則を堂々と破って、なお超人気ブログとして、
君臨しておられるpretty-bacchusさんもおいでになります。

私の場合、起承転結のないだらだらとどこまでも続く文章と、
ただ単に撮影順にメッタヤタラに並べた写真は、
人を寄せ付けないバリヤー。
そのバリヤーの中で思いっきり思考の遊びを楽しみ、
自分の愛する写真たちをばんばんと見境無く並べて、
いつか見なおして一人楽しもうという目論見です。
気がついたら、容易に読み返せない量になってしまいましたが。

今困っていることが一つ。
★ブログの最初のホーム画面はとてもシンプルなのですが、
いつも最上段にこう書かれています。
「この管理画面は終了しています。
新しくなった管理画面をご利用ください」
新しいホーム画面を間違って開いたことが一度あります。
なんだか日々のアクセス数も表記してあるようです。
その表題があるのを見たとたん、別のページに瞬時に移行しました。
私はキーボード操作が猛烈に早いのです。

なぜ?
アクセス数など見たくないから。
いくら日記ブログだと割り切っても、
「11」なんて数じゃ、気勢があがりませんね。
いつまで旧ホームページ画面を使わせてもらえるのか、
分かりませんが、長くはないでしょう。
その時は、管理画面を瞬時にスルーできる手順を工夫するつもり。
確か右側にアクセス報告があったようなので、
設定画面を開くときは、当座は右側にマスクすることにしましょう。

それとも、ますます人が来なくなるような工夫をさらに工夫するか?
今でも、果てしない長文をまず掲載することで、バリヤーとしています。
写真も、最初の数枚で嫌気がさすようなものを冒頭に幾枚も重ねる工夫。
外野席「そんな工夫はいらん!
全写真、見る気が失せるものばっかりじゃないか!」
そうかも知れません。
長大な文章で埋まるブログですから、
どうやらネット検索にはかなり頻繁にひっかかるようです。
でも、試しにオープンしてみると、
まるで蜘蛛の巣にひっかかった赤トンボの気分におなりになるようです。
這々の体で逃げ出して、「わが友ホロゴン」は鬼門となる、
そんな具合のようです。
こうして書いている文章が意味、目的なんかない、
ただの頭とキーボードタッチの練習なのですから、
誰もまじめに読まないでしょう。
もっとも私にとっては、私が考えているすべてが私なのですから、
私のブログはますます大切です。
これだけ沢山の思案、思考を記録しているブログは、
pretty-bacchusさんと中将姫光学さんだけでしょうから、
我々みんなちょっと変わっているのでしょう。




c0168172_12483328.jpg
c0168172_12482677.jpg
c0168172_12481248.jpg
c0168172_1248549.jpg
c0168172_12475968.jpg
c0168172_12475112.jpg
c0168172_12474453.jpg
c0168172_12473676.jpg
c0168172_12472985.jpg
c0168172_12472127.jpg
c0168172_12471511.jpg
c0168172_1247874.jpg
c0168172_1247151.jpg
c0168172_12465438.jpg
c0168172_12464624.jpg
c0168172_12463321.jpg
c0168172_12462637.jpg
c0168172_12462036.jpg
c0168172_12461299.jpg
c0168172_1246659.jpg
c0168172_1246027.jpg
c0168172_12455454.jpg
c0168172_12454784.jpg
c0168172_12453952.jpg
c0168172_12453235.jpg
c0168172_12452572.jpg
c0168172_12451826.jpg
c0168172_12425384.jpg

by hologon158 | 2016-08-30 12:43 | ホロゴンデイ | Comments(0)