わが友ホロゴン・わが夢タンバール

655.05 ホロゴンデイ166「2016年7月29日ホロゴンが我が懐かしの岡町に」5-完-鶴橋


8月24日水曜日午前11半、喫茶店を出て、
すでに仕事が終わってしまった海鮮市場の周辺路地を撮影。
快調です。
市場の西に南北に走るいつもの通りを南下。

1年3ヶ月ぶりでした。
はっきりとした変化が2つ。
①韓国料理店が乱立している。
②通りに閉店、空きやが目立つ。

鶴橋駅の南東側に御幸通りという有名な韓国人街があります。
今では、観光名所の一つに数えられています。
鶴橋全体が韓国人の町として知られていますが、
韓国人が占める割合はますます増大しているようです。

どこの国も「坊主憎くけりゃ袈裟まで憎い」式短絡思考が横行しています。
幼児思考なのですが、自分でそれに気づいていない。
ホワイトヘッドが言う「具体性取り違いの誤謬」Error of
the misplaced concretenessの好例です。
おかげで、「湯水とともに赤子を流す」式に、
各国のすてきなところを見失って、自分で損をしています。

私はだんだんと故郷土着型人間に移行しつつありますが、
それでも、韓国と台湾だけは撮影旅行したい、そう念願しています。
どちらもたった1回しか行ったことがありません。
私にとって、韓国のドラマ、バラード、そして料理は最高の歓び。
おもしろいものです。
そのどれもが、一言で言えば、「のびのび」と「おおらか」に作られています。

でも、ニュースで見るいわゆる韓国人の反応は、
例の「怨」一字に彩られたように、ちょっとねじくれています。
どうしてこんなギャップがあるんだろう?
私は、こう考えています。
もともとニュースは、まっとうで普通の状態を無視して、
特殊異常なハプニングを主題としています。
そのうえ、日本の報道機関はすでに自民党、大企業の支配下にあるので、
ニュースは日本人の対韓、対中世論を操作すべく注意深く選別されています。
日本人の韓国人に対する偏見を助長する記事ばかりが掲載されている。
このギャップに気づかないようでは、
世界をありのままに認識することはできません。

韓国、中国の一般庶民は、日本のことをほとんど考えないか、
考えても、もっとニュートラルです。
どちらの国も、マスコミそのものが存在しないので、
そんなに日本に対するヘイトスピーチに踊らされる人ばかりではない、
私はそう考えています。

鶴橋では、いかにも韓国の土着風に作られた食堂で、
チャププチェ\1000+生ビール\500をたのしみました。
すごい量でしたが、Pomeraでこの文章を打ちながら、ゆっくり頂くと、
気がついてみると、平らげていました。
やっぱり、おいしい!
私のいつものグルメ理論が生きています。
曰く、「お腹が空いていただく料理が一番のごちそう」

この理論がいつまでも生き続けることが私の人生の目標です。
ごちそうを頂くグルメは、年を取るにつれて、
お腹にこたえるようになるでしょう。
でも、私の理論はお腹を空かせて、
目の前にある料理を適量に頂くことを本質とするのですから、
健康に良いのです。
健康に良いことをして、
健康のよい食事をとり、
健康により考え方をして生きる、
それが私の理想です。

目下贅肉ゼロ、おっと、正直に、
ほとんどゼロ。
なにしろ120歳まで元気で生きるつもりなので、
第2の、つまり、自分のためだけに生きる本物の人生は、
社会に一定の貢献を捧げる使命のあった第1の人生よりも
遙かに長く平安で楽しく健康的なものであらねば!
それが私の使命。

午後12時50分です。
さあ、炎天であろうがなかろうが、御幸通りに向かって出発!





c0168172_11202227.jpg
c0168172_11201690.jpg
c0168172_11201088.jpg
c0168172_112043.jpg
c0168172_11195855.jpg
c0168172_11195215.jpg
c0168172_11194612.jpg
c0168172_11194026.jpg
c0168172_1119348.jpg
c0168172_11192810.jpg
c0168172_1119221.jpg
c0168172_11191658.jpg
c0168172_1119918.jpg
c0168172_1119381.jpg
c0168172_11185652.jpg
c0168172_11163174.jpg
c0168172_11162427.jpg
c0168172_11161815.jpg
c0168172_1116112.jpg
c0168172_1116569.jpg
c0168172_11155915.jpg
c0168172_1115466.jpg
c0168172_11153783.jpg
c0168172_11152597.jpg
c0168172_11151474.jpg
c0168172_111585.jpg
c0168172_11145788.jpg
c0168172_11145190.jpg
c0168172_11144599.jpg
c0168172_11143872.jpg
c0168172_11143181.jpg
c0168172_1114259.jpg
c0168172_11141690.jpg
c0168172_11141061.jpg
c0168172_1114250.jpg
c0168172_11135519.jpg
c0168172_11134675.jpg
c0168172_11133926.jpg
c0168172_11133290.jpg
c0168172_11132354.jpg
c0168172_11131679.jpg
c0168172_1113912.jpg

by hologon158 | 2016-09-02 11:23 | ホロゴンデイ | Comments(0)