わが友ホロゴン・わが夢タンバール

656.07 ホロゴン外傅173「2016年8月12日バルター50㎜F2.3は奈良町ロケ」7-完-安い!


8月27日土曜日の続きです。
比叡山坂本の入り口近くを半時間撮影してから、
民家を利用したレストランで昼食。
ポークソテーライスと生絞りジュース\1200は、
なかなか良いお味でしたが、いかんせん、ほんのちょっぴり。
体を使う私にはあまりにもお上品過ぎました。
レストランを出て、まっすぐ西へ、
比叡山山麓の神社群指してゆるやかな坂を上っていったか?
行きませんね。
途中さまざまなロボグラフィたちがわっと旗を振って迎えてくれるのですから、
いちいち握手するのが大変。
45分ほどかけてようやく坂の上近くにたどり着き、
かき氷の茶店を見つけて転がり込みました。
いつの間にか炎天だったのです。
太陽までも私を見つけたようで、喜んでいるようです。
「みぞれ\280! 安い!」
と喜んではいけません。
供されたかき氷は標準的なかき氷の3分の1でした。
これじゃ、原価ゼロに限りなく近いのじゃない?
生涯にこんなにしみったれたかき氷は初めて!
なんだ、なんだ、大津の商売人たち、
あんまりしみったれ過ぎてはいませんか?
この2軒だけだと信じたいところです。
これじゃ、まるで京都だ!

午後1時、撮影枚数は305枚。
1時間ちょっとなので、まずまずの収穫です。
今日は湖西線車内での麗しの美女に始まって、
沿道サービスは断然Aクラス。
日頃私が精進しているせいでしょう。
午後1時半出発。

日吉大社にご挨拶しておきましょう。
ミニかき氷の茶店を出てから、
神社群を一巡しました。
日吉大社は入山料300円がかかります。
生来ケチなので、料金がかかる神社仏閣は全部パス。
大津人「なんだ、お前もしみったれじゃないか!」
私「いえいえ、どういたしまして。あなた方がしみったれ。
私は倹約家なのですよ」

日吉大社前の渓流を水彩画クラブの人たちがスケッチしています。
ちょっとお二人の絵をのぞいてみて、もうしわけありませんが、
「へたっぴい!」
私は絵は描いたことがありませんが、
最低の条件は分かります。
写生画を描くのなら、
①線をしっかり描く演習をしなさい!
②絵を描くなら、下絵を遠近法でデッサンしなさい!
思ったところから、へなへなの線で書いて、
すぐ色を付けるなんて、どうしたものでしょうか?

渓流のど真ん中の砂州の岩に若い女性が腰掛けて、
裸足の足を渓流に浸しています。
気持ちいいでしょうねえ。
絵になりますね。
アマチュア写真クラブの一行が通りかかったら、
完全によってたかって餌食にされてしまいますね。
でも、おっさんなら絵になりませんね。
どうしてでしょうねえ?





c0168172_23173677.jpg
c0168172_23173077.jpg
c0168172_23172346.jpg
c0168172_23171746.jpg
c0168172_2317919.jpg
c0168172_2317214.jpg
c0168172_23164018.jpg
c0168172_2316342.jpg
c0168172_23162785.jpg
c0168172_23162181.jpg
c0168172_23161592.jpg
c0168172_2316108.jpg
c0168172_231657.jpg
c0168172_23155856.jpg
c0168172_23154710.jpg
c0168172_23154158.jpg
c0168172_23153418.jpg
c0168172_23152854.jpg
c0168172_23152118.jpg
c0168172_23151524.jpg
c0168172_23151012.jpg
c0168172_23145539.jpg
c0168172_23144832.jpg
c0168172_23144244.jpg
c0168172_23143431.jpg
c0168172_23142921.jpg
c0168172_23142316.jpg
c0168172_23141687.jpg

by hologon158 | 2016-09-08 23:18 | ホロゴン外傳 | Comments(0)