わが友ホロゴン・わが夢タンバール

657.05 ホロゴン外傅174「2016年9月7日ウルトラワイドペラール奈良町初見参!」5 リアルアート


近頃のアート事情などまったく不案内ですが、
先頃書店で見つけた本には驚きました。
題名は忘れました。
リアルアートが入っていたかも知れません。

絵画なのですが、まるで写真に撮ったようにリアルなのです。
大げさに言えば、毛穴の一つ一つ、産毛の一本一本まで描かれて、
その場にいるかのような姿。
モデルはたいてい若く美しい女性たちです。
おっさんをリアルに書いても、誰も見る気になりませんからね。

でも、この女性たち、美しいけど、個性がまるで感じられません。
偉大な画家たちが描いて来た女性たちはそれぞれに人生があり、
精神があり、さまざまな感情があり、苦悩とか驚きとか、
まさに描くに値する体験を生きる瞬間のイメージ。
いわば「描くに値する人たち」でした。
でも、この画集の女性たちには、そんな体験も情感も感じられない。
そうなると、ただ外観を描いただけじゃないの?
これじゃ、写真で十分じゃない?
こんなに苦労して、ここまでリアルに描けますコンテストしたって、
意味がないじゃの?
どうも納得できないのです。

磯江毅というリアルアートの草分けの画家がいました。
この人は違いました。
しっかり鉛筆のデッサンで超リアルなヌードを描き出して、
圧倒的でした。
でも、カラーで描くと、ただの風俗絵にしか見えないのですから、
不思議です。

自分の勝手知らない分野に口出しする危険を先頃書いたばかりで、
こんなことを書くのはどうかと思いますが、
誰も読まないので、平気で書きます。
実物を見たら、また違うのかも知れません。
磯江毅さんの絵は、回顧展は拝見して、圧倒されました。
この画集の作品も美術館で見たら、また違う印象かも知れません。
でも、どうも、リアルアートの方向性がおかしくなっているのでは?
そんな感じが拭えません。
以前から実物そっくりに描く画家は居ました。
19世紀半ば以降のこうしたリアルアートへの批判の骨子は、
そんなにリアルに描きたかったら、写真を撮ればいいじゃない?
アートの本質は超越であり、メタモルフォーゼであるからです。
磯江毅さんのモノクロ鉛筆画にはこの両方がありました。

カラーの美人画にはこの両方がありません。
ただ思いつきと優れた技術があるだけではありませんか?
モデルが居るのか居ないのか、分かりませんが、
描かれた女性がただの現代美女でしかなく、
そんな女性からは、私たちの心に大きな感銘を与える、
深い思いも情感も人生もなにも感じられません。
ちょっと意地悪い表現をお許し頂くことにして、
「ふつうの女の子だって、なにかがあるものだ。
でも、これらの絵のただ美しく装って、
美しい表情を浮かべている女性たちにはなにもない。
ただのモデルでしかないじゃない?」

ムンクの「叫び」の女性がただの美しい現代女性だったら、
あれだけの衝撃を当時の人に与え、
現代の人にも与え続けることなどなかったでしょう。
なにか分からないけど、巨大な恐怖と不安と怖れと絶望が
女性をこれほどまで変貌させたのです。
恐怖と不安と怖れと絶望を描くことが目的だったのではなく、
名状しがたい、ありきたりの言葉では言い表せない、
そして、解決、救済、緩和の可能性がまったくない、
どん底の精神状況を視角化したのがこの絵だったのでしょう。
見る人はあたかも彼女と同じ密室に二人で閉じこめられている、
そんな感じさえ抱かせるのがこの絵です。
これが「アート」です。

現代のリアルアートはアートでもなんでもない、
「現代絵画技法練習帖」ではありませんか?
画家の皆さんに声をかけるとしたら、ただ、
「ご苦労様でした」




c0168172_11262841.jpg
c0168172_11262032.jpg
c0168172_1126136.jpg
c0168172_1126681.jpg
c0168172_1126034.jpg
c0168172_11255464.jpg
c0168172_11254636.jpg
c0168172_11254035.jpg
c0168172_11253434.jpg
c0168172_11252714.jpg
c0168172_11252179.jpg
c0168172_1125133.jpg
c0168172_1125683.jpg
c0168172_1125029.jpg
c0168172_11245272.jpg
c0168172_11244622.jpg
c0168172_11243243.jpg
c0168172_1124273.jpg
c0168172_11242010.jpg
c0168172_11241377.jpg
c0168172_1124629.jpg
c0168172_11235838.jpg
c0168172_11235165.jpg
c0168172_11234398.jpg
c0168172_11233748.jpg
c0168172_1123288.jpg
c0168172_1123153.jpg
c0168172_1693863.jpg

c0168172_1693119.jpg

by hologon158 | 2016-09-13 17:23 | ホロゴン外傳 | Comments(2)
Commented by a1 at 2016-09-14 20:04 x
ホロゴンさんから「ご苦労様でした」といわれないよう、みなさん注意しましょうね。
って一番言われそうですが。
Commented by hologon158 at 2016-09-15 23:46
a1photoさん
ほんとにa1photoさんにはそう言いたいですね。
無類の写真好きがカメラを手にできないほどの毎日!
なんだか知らないけど、よほど心を使う毎日なんだろうな?
でも、ぼちぼちだけど、復活に向かっておられるようで、
ほっとしています。