わが友ホロゴン・わが夢タンバール

658.05 ホロゴン外傅175「2016年8月13日郡山ならタンバールに任しとき」5 ビオゴンで一回り


孫たちの保育園の祖父母会の続き。
祖父母会が午前11時15分頃終わってから、JR加美駅まで撮影。
持参したセットは、超ヘビー級レンズです。

   ツァイスのビオゴン21mmF4.5

マツバラ光機でMマウント改造版を入手したのは20数年前。
ムクの削りだしの筐体のレンズも重いけど、
その描写がまさに重厚。
ライカのスーパーアンギュロンに優るとも劣らないカリスマレンズ。
この21mmの両雄の運命は、ボディの優秀さで決まり、
圧倒的にスーパーアンギュロンの勝利に終わったようです。
でも、ビオゴンの描写力はときに鬼気迫るものを感じるほど。
レンズが優秀なことだけでは決まらないのでしょうね。

JR加美から普通電車で新今宮駅に移動しました。
今日は孫たちのママの帰宅が遅れるので、
私が夕食の買い物をしてから、
孫たちを保育園から引き取って帰ることになっています。
私がなにもできないでくの坊なら回ってこない役柄です。
できる男はつらい...

それまで4時間ほどあります。
新今宮の商店街に入り、
手近のレストランで昼食(貧弱だった!)。
商店街を最南端まで撮影してから、飛田新地を経由して北へ反転。
4軒ばかり例のお店を通りました。
昼日中なのに、玄関が華麗に飾られて、
美しい女性が美しく装って、老女にかしづかれて座っています。
以前見たときはそうでした。
でも、私は一度も視線をそちらに向けませんでした。
見ることができなかったのです。
なぜか?
あまりにかわいそうで。
生涯この種の遊びを体験したことがない私です。
ネット記事によりますと、
とても美しい女性たちが気軽に飛び込んで、
手っとり早く大金を稼ぐのだそうです。
でも、彼女たちは気づいていない。
泥田に足を踏み入れたら、足は泥だらけになります。
心に一生消せない泥を塗ることになるのに...
生活のリズムが狂って、借金まみれになってしまい、
そのまま夜の社会に住み着く羽目になりかねません。
社会そのものがどこか狂っています。
美女たちはそのあおりを受けてしまっている、
そんな感じがします。

午後1時に商店街内のちょっと大きな喫茶店で、
チョコレートケーキとアイスコーヒーを頂き、半時間休憩。
暇な老人たち(とくに男性)がシングルでやってきて、
ほとんどの席を占めて、スポーツ紙を読んでいます。
喫茶店でスポーツ紙、
家に帰ったらテレビ漬けじゃ、
アホになるよ、そう言いたいところですが、
日本の社会が、暗記勉強、選抜試験一点張りのシステムで、
自分の頭で考えない勤労者たちをわざと作り出したのです。
指揮するのは一部のエリート層で十分、
その他大勢は余計な思案などしない従順かつ勤勉に働きなさい、
というポリシー。

でも、団塊世代を通り越して、少子化時代になって以降、
この傾向は少し変わった感じがします。
オリンピックで活躍する人たちも、
自分の頭で考え、自分の人生を自分で作りだす創造的精神の持ち主たち。
この暗い時代に、若者たち、特に女性たちが
個性的で強靱な精神を持ち出しているあたりに、
救いの曙光が見えるのかもしれません。





c0168172_15242281.jpg
c0168172_15241524.jpg
c0168172_1524916.jpg
c0168172_15234186.jpg
c0168172_15233436.jpg
c0168172_15232888.jpg
c0168172_15232132.jpg
c0168172_15231684.jpg
c0168172_1523929.jpg
c0168172_1523283.jpg
c0168172_15225458.jpg
c0168172_15224841.jpg
c0168172_15224293.jpg
c0168172_15223310.jpg
c0168172_15222476.jpg
c0168172_15221838.jpg
c0168172_15221024.jpg
c0168172_1522359.jpg
c0168172_1521579.jpg
c0168172_15215014.jpg
c0168172_15214422.jpg
c0168172_15213861.jpg
c0168172_1520132.jpg
c0168172_1519556.jpg
c0168172_15194986.jpg
c0168172_15194456.jpg
c0168172_15193894.jpg
c0168172_15192681.jpg
c0168172_15192160.jpg

by hologon158 | 2016-09-21 16:31 | ホロゴン外傳 | Comments(0)