わが友ホロゴン・わが夢タンバール

660.08 ホロゴンデイ167「2016年8月24日ホロゴン的鶴橋を楽しんだ」8-完-Beautyfly



2016年7月3日(だったと記憶しています)、
私は生まれ変わりました。
と書くと、かなり大げさに聞こえそうですが、
私の純粋な気持ちがそう宣言しています。

水素吸入器を手に入れたのです。
3Eサイエンス社の超小型、Beautyfly。

美しい蝶という意味合いなのだそうです。
なにが「美しい蝶」なのだ?
実際に使ってみて分かりました。
使う人の心が美しい蝶のように舞い上がる、
そんなイメージなのです。
本当に舞い上がりました。
舞い上がり続けています。

水素は本来体が吸収するものではありません。
でも、活性酸素と結合して水となり、対外に排出してくれます。
水素2個と酸素1個が結びつくと、H2O、つまり、水になります。
こうすると、体に害を与えることができなくなります。

一方、活性酸素と結び付けなかった水素は身体に害を与えません。
この世で一番小さな原子なので、
体のどこからでも対外に出ていってしまいます。
「水素は爆発する」危険物だと考える向きがあります。
確かに空気に4%混ざると燃える気体になります。
でも、吸引される水素は遥かに微量です。
ご心配なく。

活性酸素こそ体にさまざまな害を与え、
多くの病気の遠因となるのだそうです。
グーグルで、たとえば、「活性酸素 病気」で検索して下さい。
そのあたりのことを説明した記事が沢山見つかります。
とくに、老化の原因はまさに活性酸素にあるのだそうです。

7月3日以前とその後では、生活状況はまったく変わりません。
私ほど規則正しい生活、健康な生活を送っている人間はあまりいないでしょう。
だから、生涯、わずかな不調をのぞいては、重い病気になどかからず、
検査入院を一回しただけで、病院ともほとんど無縁の人生でした。
でも、これからが正念場です。
かつて年上の友人、医師でしたが、こう言いました、
「60過ぎると、階段を降りるみたいに、
ガタンガタンと健康が衰えます」
彼はそのとおりになり、80過ぎに世を去ってしまいました。

私は同じ運命を甘受するつもりなどありません。
120歳までは、元気いっぱいで生きるつもりです。
そのために必要だと考えることはすべて毎日継続してきました。
いったん始めたら、なにがあっても止めない。
それが私の強みです。
だから、年齢を重ねても、私の体力にはまったく変わりはありませんでした。
外観だって、あまり変わりません。
皮膚にしわ1つありません。
知力も変わらない、私はそう自負しています。
でも、恐ろしや、髪の毛が薄くなり、白髪が増えてきた。
つまり、いろいろと体によいことを継続していても、
どこかが衰えつつある!
そんな実感があります。

この老化を防ぐにはどうしたらよいか?
もちろん完全には防げません。
でも、少しでも遅らせたいではありませんか?
そこで、水素吸入器Beautyflyを手に入れました。
2か月半近く経って、そろそろ使用記第一報を出すべきだと決意しました。
年齢とともに衰えを少しでも感じる方に朗報を伝えたいからです。
Beautyfly、今すぐお買いになって、試してみてはいかが?
そう一日も早くお勧めしたいからです。

さて、水素吸入器Beautyflyを使うようになって、
体調になにか変化があったか?
ありました、それも、すぐにありました。
でも、一時的なものか?
Beautyflyの効果なのか?
これを確かめるために、3か月半かけました。

じゃ、なにかこの3か月半でなにか体になにか変化があったか?
それがあったのです。
以下の点で、まことにドラマチックに好転したのです。
Beautyflyに起因するとしか考えようのない、
使用前の長年継続してきた状況が突然顕著に変化したところを列挙してみましょう。

① 前立腺肥大症の症状が劇的に改善

私のほとんど唯一の持病がこれでした。
日本人男性の6割は大なり小なり罹患しているとされる疾病ですが、
前立腺が肥大化しはじめると、このプロセスはけっして改善しない、
いわゆる不可逆的プロセスであると言われています。
職場でも家庭でもずっと座って書類仕事をする人生でしたから、
いわば職業病とあきらめていました。
夜間トイレに立つことが1から5回ほど。
夜間急に冷えたりすると、尿の出もかなり悪くなることもありました。

ところが、水素を吸引するようになって、
事情は一変しました。
夜間トイレに立つ回数がどんどんと減少しました。
今では1回から3回。これ以上にはなりません。
尿の出がかなり改善され、量が増え、残尿感がほとんどなくなり、
さらに尿が完全透明となりました。
日中も爽快に過ごすことができて、
まったく予期しなかった人生の好転を味わっています。

②夜間の睡眠の深さが尋常でなくなりました。

以前から私は数秒ですとんと眠り込み、ぐっすり眠る名人でした。
でも、その熟睡の程度と質が完全に一変しました。
ほとんど瞬時に眠りに落ち、
その眠りはまさに「stone dead」!
完全に無の暗黒。
突然パッと目を覚まします。
半覚半眠の移行期がありません。
ほとんど不眠になったことがありません。
寝不足を感じることもない。
この症状は、私が知っているBeautyflyユーザー4人に共通して、
顕著に発現しているので、Beautyflyの効果を証明する現象、
そう言えです。

③鼻の通りが格段によくなったまま。

鼻から肺まで完全になんの邪魔もなくなった、
そんな感覚をご存じでしょうか?
これは経験したことのない方には絶対に想像できない状態です。
先日、半年ぶりに風邪になりました。
ところが、その症状はノドの少々の痛みと咳だけ。
私の場合、鼻水は必然的な随伴症状でしたが、ゼロ!
こんな体験は生まれて初めて。

④顔や手の甲にシミが出始めていました。

そのシミがどんどん薄くなり、消えていくのです。
これはまさにドラマチックな変化です。
首筋回りにも、黒いツブツブが沢山できていました。
皮膚の老化としか言いようのない現象です。
これが完全に消失してしまいました。
それとともに、顔や手の肌の潤い、湿度感が劇的に良くなりました。
入浴後見ると、20くらいは若返ったような感じで、
うれしくなっていまいます。

その現象は顔にも表れています。
真夏でも毎週少なくとも2回は炎天下の撮影をしますので、
顔は真っ黒でした。
でも、かなり白くなり、ちょっと赤みを帯びて、
つるっという感じになりました。
幾人の方から言われました、「どうしたんですか?
顔色をよくなった! 白くなった! 
なんだか健康的になった! 若くなった!」

⑤活力がみなぎっている、そんな感じが常にあります。
体が軽くなり、ウキウキ、ランランと歩き、
階段を昇降したり、走ったりしても、
ぜいぜいと息が切れることもありません。
昨日も一日中奈良公園、東大寺、奈良町を歩き回り、
午後9時に帰宅しましたが、
Beautyfly使用後のいつも通り、
翌日は、なんの疲労感もありません。

歳をとりたくなかったら?
病気になりたくなかったら?
Beautyflyを試してみましょう。

Beautyflyの詳細は、グーグルで検索して、
3Eサイエンス社の頁でご確認下さい。
旅行用に使える、小型円筒形です。
お値段は9万9800円。
もっと高くて、少し高機能の水素吸入器があります。
お金があれば、そちらも良いでしょう。
でも、私には、比較的廉価で高性能の最新のBeautyflyで十分。

紀伊国際開発にご連絡ください。
Tel: 0598-50-3100
Fax: 0598-50-3116
Mail: konishi@kii-inter.com
今年じゅうの注文には特別ディスカウントがあるとお聞きしています。

Beautyflyを柱に、規則正しい生活、間食をしない簡素な食事、
毎朝のストレッチ(ヨガマットを購入しましょう)、半身浴を1セットにして、
無用な疾病を避け、健康で文化的な生活をおくりましょう。
寿命は神様が決めるものですから、寿命は延びません。
でも、それまで、清く正しく、
晴れ晴れとした人生を送ることができます。




c0168172_150511.jpg
c0168172_1504614.jpg
c0168172_1504045.jpg
c0168172_1501826.jpg
c0168172_150521.jpg
c0168172_1459589.jpg
c0168172_14595237.jpg
c0168172_14594686.jpg
c0168172_14594165.jpg
c0168172_14593472.jpg
c0168172_14592947.jpg
c0168172_14592239.jpg
c0168172_14573889.jpg
c0168172_14573297.jpg
c0168172_14572541.jpg
c0168172_14571873.jpg
c0168172_14571298.jpg
c0168172_1457644.jpg
c0168172_14565958.jpg
c0168172_14565240.jpg
c0168172_14564664.jpg
c0168172_14563984.jpg
c0168172_14562147.jpg
c0168172_145679.jpg
c0168172_1456155.jpg
c0168172_14555192.jpg
c0168172_14554449.jpg
c0168172_14553725.jpg
c0168172_14552938.jpg
c0168172_14552218.jpg

by hologon158 | 2016-10-13 15:02 | ホロゴンデイ | Comments(0)