わが友ホロゴン・わが夢タンバール

665.01 ホロゴン外傅181「2016年9月21日シネユニライトが奈良町をほっと照らし」1 ボケた人生

2か月遅れの記事です。
9月21日水曜日、秋分の日。
なんて書きましたが、この日が祝日だと知ったのはバス停で。
11時45分のバスを待っていたのに、来ない。
しばらくして同じ住宅地のご婦人が来られたので、
「45分のバス、まだ来ませんねえ」
「今日は祝日ですから、まだ.....」
年中祝日の人間で、テレビも新聞も見ないのですから、
この程度のミスは日常茶飯事。
「ハハハ」と笑ってすませましたが、
ご婦人の方は、
「この方もやっぱり、もう、夫みたいに、もう.....ぼけが.....?」
でも、ご心配なく、
この程度のミスは若い頃からずっとしてきた私です。
こんな風に書いたら、本ブログの読者(が、居たら、ですが)、
「そうか、Hologon158って人、
若い頃からボケてたんだな」
確かに!
でも、ボケた人生って、楽しいものですよ。
窮屈で杓子定規な生き方なんて、まっぴら。

この日外出したのは、
定型外の大型封筒で楽譜を送る必要があったから。
近鉄奈良駅前バス停を下車して、
郵便局に向かう道半ばで、
「あっ、郵便局もお休みな..ん..だな..あ...
おやおや、ほんとにボケてきてるみたい。
行きつけのコンビニは計量して切手を売ってくれます。
助かりました。

ほっとして、昼食。
お財布が軽いので、豪華な昼食は横目で見て、
いつものパン屋さんの片隅の喫茶コーナーでパン食。
安くておいしくて、気楽なので、気に入っています。
ウォークマンを絶対に忘れないので、
ハンナ・チャンが熱演するショスタコーヴィッチのチェロ協奏曲を聞き、
Pomeraでこの文章を書きながら、昼食を頂きました。

ウォークマンとPomeraで完全に私だけの世界に浸りきれます。
天国。
ちなみに、以前はiPodでしたが、
ウォークマンの方は容量も大きく、音のスケール感と抜けが遙かに良好。
もうiPodには戻れません。
私の有史以前の仕事はかなり厳格、リジッドな性格を持っていたので、
仕事から離れると、ストンとフェーズを切り替える習慣がついていたのですが、
仕事がなくなると、もうユルユルフェーズ一本槍になってしまったようです。
ありがたいことです。

本日持ち出したセットはまさにファジーな味わいの極致かもしれません。
イギリスのレイWrayのシネレンズ、
シネ・ユニライト35mmF2
ソニーα7用に改造されています。
イメージサークルの周辺が足りません。
このあたりも私にお似合い。
しかも、絞り羽根がないので、
太陽ギラギラのピーカンでは使えません。
今日は曇り。
まさにドンピシャの選択でした。
6回セットでお送りしましょう。





c0168172_1632587.jpg
c0168172_16324466.jpg
c0168172_16323752.jpg
c0168172_16322867.jpg
c0168172_16322146.jpg
c0168172_16321462.jpg
c0168172_1632823.jpg
c0168172_1632230.jpg
c0168172_16315513.jpg
c0168172_16314951.jpg
c0168172_16314054.jpg
c0168172_16313465.jpg
c0168172_16312686.jpg
c0168172_16311946.jpg
c0168172_1631129.jpg
c0168172_1631588.jpg
c0168172_16305810.jpg
c0168172_16305126.jpg
c0168172_16304437.jpg
c0168172_16303716.jpg
c0168172_16303184.jpg
c0168172_16302059.jpg
c0168172_1630125.jpg
c0168172_1630364.jpg
c0168172_1629577.jpg
c0168172_16295182.jpg
c0168172_16294556.jpg
c0168172_16293867.jpg
c0168172_16293248.jpg
c0168172_16292542.jpg

by hologon158 | 2016-11-17 21:42 | ホロゴン外傳 | Comments(0)