わが友ホロゴン・わが夢タンバール

666.03 ホロゴン外傅182「2016年10月2日岸和田市にアポクアリア出没」3 孫プリンス


10月7日金曜日、大阪加美に参りました。
4歳の孫プリンスのピアノレッスンの付き添いです。
早速おしゃべり。
今回は今後の日程について。
まず、今日は誰それのお誕生会だった、
プレゼントにはなにをもらってた。
あと幾つ寝ると、大阪市科学技術館に遠足する。
パパと何度か行ったけど、ほとんど忘れてしまった。
でも、何とかと何とかの恐竜はいる。
あと2回寝ると、××君のお誕生会がある。
×日にはワクワクハロウィーンがある。
おれはジューオージャーのゴールドになる。
×君はレッドの服を買ってもらう。
×君は×という恐竜になる。
おれも恐竜になりたいけど、
ジューオージャよりも服が高いので、買ってもらえない。
11月になると、5日はおれの誕生日なんだけど、
土曜日だから、1日前の4日にお誕生会がある。
プレゼントはなにをもらうか、まだ決めていない。
まあ、とうとうと予定を並べたてました。

私の子供の頃など、そんな未来のことなど、ほとんど考えないで、
いわばその日暮らしでした。
今もそれに近いですね。
プリンスとはまるで違う。
反省。
今の子供たちは、かなり違うようです。
ちゃんと時間の中に生きてるという感じ。

ピアノの先生とのご挨拶も、かつての爆発的な気合いはなくなり、
至って上品になりました。
かなり保育園でお疲れになっていたようです。
レッスンが済んだのが午後4時。
マンションを出たとたん、
「おれお腹がすいた!
ホットドック食べたい」
「そんなのどこで食べられるの?」
プリンス、じれったそうに、
「通り渡ったら、マクドがあるじゃないの?」
通りの向こうを見ると、ほんとに、ありますねえ。
もうそんなお店も目にとめて、覚えていたのです。
お店に入ったとたん、メニューボードを見上げて、
「ホットドックやめて、。。。(冷たいドリンク)とポテトチップスにする」
近頃の4歳は壁面のメニューもちゃんとチェックして、
自分の好みをさっと決めることができるのです。
この種の店になれているようですね。

ピアノの先生のマンションから家まで20分ばかりかかります。
だんだんと疲れてきました。
「しんどいよ。
足が痛くなって来た」
そして、こう言うのです、
「今度はベビーカーもってきて」

私は、田舎町で小学校6年1学期までのどかに過ごしました。
中学校に入るまではお小遣いもなく、
テレビもなく、小学4年の頃から、映画好きの母に一人連れられて、
外国映画をどっさり観ました。
おそらく月2回は行っていたと思います。
というのは、後年、「ああ、これも観た、あれも観た」と、
かなり沢山の映画を思い出したからです。
ひたすら本を読み、ひたすら戸外で遊び続けました。
こんなことが寄ってたかって、私という人間を作り上げたのでしょう。
思い返すと、私はかなり超然とした少年時代を送ったようです。
父の選択でしたが、読む本はすべて歴史本、英雄伝でした。
おかげで、群れるのを嫌い、
自分のことは自分で決める人間になりました。

私が孫プリンスに望みたいのは、
彼にもそんな人間になって欲しいということ。
誰にも従わず、誰も従えない、そんな人間。
でも、それは難しいかもしれません。
私は幸いそれができる職業を選びました。
でも、その職業も性格が変わってしまいました。
今では、孫に継がせたいとは思いません。
時代が変わってしまいました。
よい方に、であれば、よかったのですが.........
この子のことですから、自分の仕事は自分で選ぶでしょう。
一生悔いのない人生を送ってもらいたいものです。





c0168172_11313955.jpg
c0168172_11312582.jpg
c0168172_11313142.jpg
c0168172_11311825.jpg
c0168172_11311180.jpg
c0168172_1131581.jpg
c0168172_11305724.jpg
c0168172_11304829.jpg
c0168172_11304243.jpg
c0168172_11303449.jpg
c0168172_11302728.jpg
c0168172_11302061.jpg
c0168172_11301188.jpg
c0168172_1130339.jpg
c0168172_1129481.jpg
c0168172_11274913.jpg
c0168172_1127418.jpg
c0168172_11273345.jpg
c0168172_11272583.jpg
c0168172_11271898.jpg
c0168172_11271136.jpg
c0168172_1127417.jpg
c0168172_11265794.jpg
c0168172_11264999.jpg
c0168172_11264286.jpg
c0168172_11263551.jpg
c0168172_11262885.jpg
c0168172_11262269.jpg
c0168172_11261515.jpg
c0168172_1126899.jpg

by hologon158 | 2016-11-26 13:23 | ホロゴン外傳 | Comments(0)