わが友ホロゴン・わが夢タンバール

669.05 ホロゴン外傅184「2016年10月11日スピードパンクロ50㎜F2も奈良町で」5 人形浄瑠璃

11月8日火曜日、文楽公演でした。
人間国宝の人形遣い吉田蓑助師匠が引退するまでは、
夫婦で通うことにしようと、二人で約束しています。

今日の出番は「艶容女舞衣」(はですがた おんな まいぎぬ)
蓑助が遣うお園は30数年の間に2度見ていますが、
まさに絶品でした。
そこには、人間よりも生き生きとした艶やかなお園が居ました。
ただし、今回演じるのはお園の夫の愛人三勝。
お園は彼の弟弟子桐竹勘十郎が遣います。
残念。

こうやって共演することで、チューターとなって、
自分の芸を後輩に伝えようとしておらえるのでしょう。
でも、なんでもそうです。
至芸は真似ができず、人に伝えることもできません。
彼ほどの至高の境地にまで上り詰めた芸術家は、
あらゆるジャンルを通じて、ほとんどいない、とさえ思えます。
彼を知る人は、だれもが不思議を感じているはずです。
まだ、文化勲章をもらっていない!

歌舞伎ではすでに8人ももらっているのに、
文楽は2014年に義太夫語りの竹本住大夫師匠がもらっただけ。
そんなに人形浄瑠璃ってマイナーなのでしょうか?
でも、こう言っては失礼ですが、
住大夫師匠を超える義太夫語りを私は3人聞くことができました。
でも、蓑助を超える人形遣いは知りません。
この数年の間に必ず受賞されると信じたいものです。

演目は①増補忠臣蔵、②艶容女舞衣、③勧進帳安宅の関の段。
歌舞伎と演目はかなり共通しています。
江戸時代の芝居作家近松門左衛門は世界的な悲劇作家、
そう言っても過言ではありません。
悲劇の本質は、出来事がどうしようもなく連鎖していくところにあります。
ああもできたのに、こうしたらよかったのに、
といった考慮が入り込む余地がない。
そうとしかやりようがない、そんなプロセスが
主人公をラストまで容赦なく引っ張っていきます。
アイスキュロスたち古典ギリシアの悲劇作家、
シェークスピアがそうした悲劇を生みだしました
近松もそうです。
だから、近松や、いくつもある文楽の最高の演目、
仮名手本忠臣蔵もそうですが、
これらは物事の仮借なき連鎖が一本通っています。

でも、たいていの文楽の演目の筋立ては実にでたらめで、
ご都合主義で、納得が行かないものが多いのが残念。
今回の出し物もそんなものばかりでした。
こうなると、筋はどうでもよいから、
人形遣い、義太夫語り、三味線の妙技を楽しむ境地になってしまいます。
名人芸を楽しめたのは、やはり蓑助と三味線の人間国宝寛治。
お二人とも、最初の印象は、「ああ、衰えたなあ..........」
蓑助師匠は、下駄が重いのでしょう、
気のせいか、三勝がよろよろして、ただの人形という感じ。
寛治師匠の三味線の弾きだしは、弦が緩んでるんじゃないか?
一瞬そう思ってしまうほど、頼りなく、かすんだサウンドでした。

ところが、クライマックスに至ったとき、
三勝は死を覚悟して、凛とした気品を漲らせる女性に変身し、
寛治師匠の三味線は裂帛の気合いを漂わせる緊張感で高潮し、
お二人の芸は闇を切り裂く光のように輝きました。
「至芸」という言葉はこんな瞬間にとっておきたいものです。
そんな瞬間に立ち会えて、私たちは幸せでした。






c0168172_11591727.jpg

c0168172_1159262.jpg

c0168172_11585383.jpg

c0168172_11584697.jpg

c0168172_11583897.jpg

c0168172_11583297.jpg

c0168172_11582581.jpg

c0168172_11581969.jpg

c0168172_11581340.jpg

c0168172_1158733.jpg

c0168172_1158090.jpg

c0168172_11575376.jpg

c0168172_11574766.jpg

c0168172_11574041.jpg

c0168172_11573454.jpg

c0168172_11572887.jpg

c0168172_11571556.jpg

c0168172_1157830.jpg

c0168172_1157180.jpg

c0168172_11565681.jpg

c0168172_11564932.jpg

c0168172_11564164.jpg

c0168172_11563361.jpg

c0168172_11552881.jpg

c0168172_11551987.jpg

c0168172_11551394.jpg

c0168172_1155699.jpg

c0168172_11545897.jpg

c0168172_11545181.jpg

c0168172_11544272.jpg

c0168172_1154323.jpg

c0168172_11542697.jpg

c0168172_11541814.jpg

c0168172_11541052.jpg

by hologon158 | 2016-12-08 12:02 | ホロゴン外傳 | Comments(0)