わが友ホロゴン・わが夢タンバール

676.06 ホロゴンデイ191「2016年12月10日ホロゴンが四条河原町を一掃」6 写真教室


2018年1月19日木曜日、
吉田正さんの1月写真教室でした。

吉田さん、阪急電車の人身事故で半時間近く遅延されましたが、
少し後の掃除時間を削ってもらって、
全部の予定を滞り無く済ませられました。
10年以上講師をしてこられた経験が物を言った感じ。

昨年は大変な多忙年で、ご自分の写真を考える暇はなかったけど、
今年は考えたいという心強い言葉はうれしいですね。
写真家の多くは若い頃のツケだけで生きている方が多いのですが、
吉田正さんは違います。
自信が漲っている感じ。

どんな風に作品づくりするかの一例を紹介していただきました。
若い頃ハワイで撮ったビーチの椅子の影が作り出す形のおもしろさ。
その写真に付けるキャプションを作るプロセスがすごいのです。
いくつか私的なフレーズを考え、校正し、分解して組み合わせるのです。
私のような人生経験も語彙も限られた人間には考えられないような、
華麗多彩なフレーズ群には驚嘆。

いつもどおり、パソコンデータでの作品講評が先行。
お一人お一人、驚くほど達者で、
華麗でフォトジェニックな作品群を出しておられます。
みなさん、大抵は退職後に始められたのですから、
脱帽。
私のように経験40年を遙かに超す人間にも思いつかないような、
斬新な切り口、
あっと仰天させられるような雰囲気描写。
単にデジタルカメラのお陰だろうと、安閑としておられないほどに、
躍動しています。
私のただの路地裏写真とは次元が違います。

最後に3人だけプリント。
モノクローム専科の女性は7枚セット。
モノクローム専科でお撮りになるだけある、しっかりとした作品群です。
先生が組写真の初歩的な組立て方を伝授されました。
「一番大好きな、一番主になる写真はどれ?」
「これです」
すると、先生、その写真を抜き出して、机の中心に置いて、
「じゃ、この写真を中心にして組んでいきましょう。
そうして、この写真の右には何がよいか?
左には何が合うか?
そんな風に順番に考えていきましょう」
そうやって何枚か集めても、全体としてはまとまらず、
一つの作品への手順はさらに必要なのかもしれませんが、
組写真へのとっかかりとしてはとても分かりやすい工夫です。

もう一人の方は水際だったストリートフォトの作家ですから、
先生の姿勢も、指導というより、讃歎に終始しました。

そんな後に、私のロボグラフィ、というのはとても辛い立場ですね。
大阪加美の5歳の孫プリンスのピアノレッスンに付き添いに行って、
保育園に行く道中で撮ったロボグラフィ10枚をA4にプリンとして、
撮影順に並べて、組写真風に仕立て上げたものです。
すでに、別ブログ「レンズ千夜一夜」にアップしました。
先生、「どんなコンセプトでこう組んだんですか?」
私、「いえ、道中で撮ったものを撮影順に並べただけで...」
吉田正さんの吉田節と言っても良い名講義を聴きたいあまりに、
昨年1月来受講を続けています。
写真作品を作るつもりは全然ない。
でも、生徒としては、なんとか形を作らなければならない。
かなりギャップがありますね。
受講者の皆さんも、私と先生のやりとりを見守るばかりで、
なにもおっしゃらないので、
まあ、私の写真にはあきれておられるでしょう。

今日、16日木曜日の教室に持参するセットをプリントしました。
これまででダントツの純粋ロボグラフィセット。
さらに、ピュアアート的な優れた写真をお撮りの皆さんからは、
ますます評判を落とすことになりそうで、
ちょっと楽しみ。





c0168172_22493886.jpg
c0168172_22492697.jpg
c0168172_22491650.jpg
c0168172_2249599.jpg
c0168172_22485572.jpg
c0168172_2248449.jpg
c0168172_22483579.jpg
c0168172_22482518.jpg
c0168172_22481437.jpg
c0168172_2248447.jpg
c0168172_22475386.jpg
c0168172_22474162.jpg
c0168172_22472936.jpg
c0168172_22471845.jpg
c0168172_2247837.jpg
c0168172_22465373.jpg
c0168172_22464270.jpg
c0168172_22463320.jpg
c0168172_22462465.jpg
c0168172_22461511.jpg
c0168172_2246769.jpg
c0168172_22455864.jpg
c0168172_22454999.jpg
c0168172_22454296.jpg
c0168172_22453311.jpg
c0168172_22452542.jpg
c0168172_2245182.jpg
c0168172_22451032.jpg

by hologon158 | 2017-02-12 23:41 | ホロゴンデイ | Comments(0)