わが友ホロゴン・わが夢タンバール

677.02 ホロゴンデイ192「2017年1月22日ホロゴンで近江八幡新年会」2 暗い!


こうして近江八幡のホロゴン写真をブログにストックできる!
うれしいですね。

でも、自分で眺めてみて、感じます、
大抵の方、あまりの暗さにぎょっとして、後込みしてしまうだろうな。

でも、これは仕方がないのです。
私はその場の状況次第で、露光補正度を決めます。
360度周辺、ほぼ全天が見えている状態です。
こんなときの私のお好みの補正値はマイナス1.5。
ホロゴンは眼前全部が撮れるので、
完全ノーファインダーで撮ります。
撮影結果をときどき眺めることがありますが、
私の場合は写っていたら、それでオーケー。
もちろん暗い写真が撮れています。

デジタルの場合、Jpegで撮る限り、
暗い写真の色をソフトで取り戻すのは無理。
暗い写真がお好みなのですから、平気。

なぜ、暗い写真が好きなんだろう?
ときどき考えます。
でも、韓流ドラマじゃありませんが、
好きであることに、理由などありません。

でも、無理に考えてみると、こんなことでしょうか?
自分な好きな光景って、明るい光景じゃない。
暗い闇からなにかがかすかに見えて来る、
そんな謎解きが好き。
現代のデジタル写真が好きじゃないのは、
なにがなんでも明快に見せよう、描き尽くそう、
説明しよう、という姿勢。
スーパーリアリズムの絵が嫌いなのもそれ故。
毛穴の一つ一つ描いたからと言って、
美女の美女たる由縁を明るみに出すなんてできっこない。
逆に、見えないから、美しい。
そんな考慮がここでも働いているのかな?




c0168172_23461030.jpg

c0168172_2349619.jpg
c0168172_23485869.jpg
c0168172_23471458.jpg
c0168172_2347670.jpg
c0168172_2347017.jpg
c0168172_23465382.jpg
c0168172_23464711.jpg
c0168172_23464044.jpg
c0168172_23463337.jpg
c0168172_23461030.jpg
c0168172_2346372.jpg
c0168172_23455650.jpg
c0168172_23454989.jpg
c0168172_23454257.jpg
c0168172_23453445.jpg
c0168172_23452727.jpg
c0168172_23452044.jpg
c0168172_23451395.jpg
c0168172_234565.jpg
c0168172_2345079.jpg
c0168172_23445369.jpg
c0168172_23444667.jpg
c0168172_23444079.jpg
c0168172_23443243.jpg
c0168172_23442633.jpg
c0168172_23441910.jpg
c0168172_23441316.jpg
c0168172_2344787.jpg

by hologon158 | 2017-02-17 23:59 | ホロゴンデイ | Comments(0)