わが友ホロゴン・わが夢タンバール

679.06 ホロゴンデイ194「2016年12月24日ホロゴンが浪速の雑踏に」6 歌う


3月6日月曜日、
陳少林先生の揚琴合奏レッスン。
あいにく陳少林先生、ご自分の二胡を生徒さんに貸していて、
「今日は二胡ないよ」
その生徒さんの二胡をご自宅に預かってチューニング中なのだそうです。

「私がチューニングしたら、何段も音はよくなります」
あいにく私は妻から二胡を借りて練習中なので、
持ち出してチューニングしていただく二胡がありません。
スペシャルにチューニングすると、
普通に音を合わせただけでは達成できないパフォーマンスを示すのだそうです。
単に2本の弦をチューナーで正しい音程に合わせる、
これだけがチューニングではなさそうです。

この点は付虹先生による揚琴のチューニングにも当てはまるようです。
ただ単に150本余の弦を正しく合わせるだけではなく、
楽器全体がしっかりと音を出すように整えられています。
だから、雑音のかけらもありません。
私がどんなに頑張っても、どこかで雑音が出て、
音も完全に揃うのは至難。

さて、レッスンですが、
私のレッスンは先生の二胡に揚琴で伴奏すること。
じゃ、レッスンできなかったか?
とんでもありませんね。
陳少林先生が二胡のパートを見事に歌ってくれました。
声と揚琴を合わせるのも楽しいものです。
このことは、もしかすると、二胡の本質は歌うこと、
という証明なのかも知れません。

ふと、気づきました、
このことが私が二胡の上達に四苦八苦している理由かも?
つまり、二胡を演奏することが歌うことに他ならないとしたら、
歌うことが苦手な私がなかなか上達しないのも当然かも?




c0168172_11134345.jpg
c0168172_11133524.jpg
c0168172_11132879.jpg
c0168172_11132115.jpg
c0168172_11131431.jpg
c0168172_1113748.jpg
c0168172_11124697.jpg
c0168172_11123832.jpg
c0168172_11123113.jpg
c0168172_11122485.jpg
c0168172_11121771.jpg
c0168172_11121195.jpg
c0168172_1112418.jpg
c0168172_11115671.jpg
c0168172_11114913.jpg
c0168172_1111414.jpg
c0168172_11113451.jpg
c0168172_11112641.jpg
c0168172_11111991.jpg
c0168172_1111966.jpg
c0168172_1111282.jpg
c0168172_1175234.jpg

c0168172_1174391.jpg

c0168172_1173632.jpg

c0168172_1172982.jpg

c0168172_1172071.jpg

c0168172_1171197.jpg

c0168172_1161872.jpg

by hologon158 | 2017-03-07 12:56 | ホロゴンデイ | Comments(0)