わが友ホロゴン・わが夢タンバール

681.01 ホロゴン外傅193「2017年3月6日奈良でまたフローライトが駆け巡り」1 恐るべし


私の親友の一人AKさんがメールで、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4の試写に感想を寄せてくれました。
有名な光学機器の会社に勤め、レンズ専門家ではありませんが、
レンズに関する造詣が大変に深い人です。
天体観測もされる方なので、とても新鮮なアプローチ。
お許しを得て、転記させていただきます。

1
千夜一夜のフローライト、切れが有って、繊細な写り、
それでいて柔らかな描写、被写体が喜んでいますよ。
流石に宮崎さんの手にかかると、
見事な活造り、最高の光学素材の味を活かした作品ですよ。
ZEISS の伝説の望遠鏡、半導体製造に使用する露光用のレンズ、
どれもフローライト使っています。
欠点はキズが付きやすく、湿気に弱いこと、
特に望遠では一番玉に使われますので、拭くとき要注意。
それと線膨張が大きいので、スプレー式のダスト除去を使うと急冷されて、
割れることもあります。
しかし割れると、見事な形になり、これはこれで感動します。

12万円、安いかも。
最高級ZEISS の4cmクラスの双眼鏡で25万円、
同じくスワロフスキーなら30万円近いので、
55mmの口径考えると、双眼鏡÷2×1.2を考えてください。

欲しくなっちゃいます。


フローライトを使う設計者は、大抵無収差、高解像度を目指します。
しかし宮崎さんは違っていて、
暖かみのある、優しさが表現のできるレンズと思います。
そこが魅力です。


私はフローライト大好きなので、
12万円で手に入るならもちろん欲しいです。
しかも、この軽量設計、恐るべしですよ。


ピエロ見ましたよ。なんともすごい、
血の通った人間としか見えませんよ。
望遠鏡やステッパに使用するフローライトでこれほど暖かみのある描写、
モデル撮影と見間違います。
いいですね。

上記の評価に接して、私はますます、このレンズ、
ゾンネタール50㎜F1.1と並ぶ、宮崎貞安さんの代表的名レンズになる、
そんな予想を深めています。




c0168172_17495225.jpg
c0168172_17493619.jpg
c0168172_17492560.jpg
c0168172_1749154.jpg
c0168172_1749545.jpg
c0168172_17485866.jpg
c0168172_17485097.jpg
c0168172_17484356.jpg
c0168172_17483058.jpg
c0168172_17482279.jpg
c0168172_17481496.jpg
c0168172_1748781.jpg
c0168172_1748068.jpg
c0168172_17465441.jpg
c0168172_17464397.jpg
c0168172_17463450.jpg
c0168172_17462546.jpg
c0168172_17461733.jpg
c0168172_174698.jpg
c0168172_1746354.jpg
c0168172_17455689.jpg
c0168172_17454736.jpg
c0168172_17454065.jpg
c0168172_17453254.jpg
c0168172_17452661.jpg
c0168172_17451928.jpg
c0168172_17451213.jpg
c0168172_1745548.jpg
c0168172_17445282.jpg
c0168172_17444474.jpg

by hologon158 | 2017-03-21 18:42 | ホロゴン外傳 | Comments(0)