わが友ホロゴン・わが夢タンバール

681.01 ホロゴン外傅193「2017年3月6日奈良でまたフローライトが駆け巡り」2 成長

子供がどんな風に成長するか?
ある意味では、環境次第かもしれませんね。

私はいわゆるマッチョでもなく、
男らしい風貌、振る舞いのある人間でもありません。
姉二人の下で育ったせいかも知れません。

4歳の孫プリンスは妹一人をいわば保護する立場にあるせいか、
その他の環境も手伝っているのでしょうか、
かなり男らしい気っ風の良さが身上です。

保育園からかなり歩いてピアノレッスンに通う必要から、
私が付き添いのときは、妹のベビーカーを借りていました。
クラスの女の子たちにとっては、これは驚きあきれる事態。
「えっ、4歳になってまだベビーカー?」
女の子たちが文字通りギャアギャア騒いでも、
本人は平気の平左という顔で、澄ましていました。
でも、これはポーカーフェイスだったのかも知れません。

日曜日、一家で大和郡山市にイオンに参りました。
車から降りると、2歳の孫プリンセスはベビーカーに収まります。
私、孫プリンスに、「カートを探してあげるから」
すると、彼はなんと答えたか?

    「おれはもう、カートなんか乗らないよ。
     お兄ちゃんだから」

私、驚いて、「じゃ、ピアノのときもベビーカー乗らないの?」
プリンス、澄ました顔で、

    「うん、乗らないよ。
     もう大きいんだから、しっかり歩くよ。」

あどけない幼児の顔ですが、きりりと引き締まって決然とした姿。
ああ、こんな風にして、一段一段と大きくなっていくのですね。

ご本人、もう一人前という顔をしていますが、
右手はしっかりと私の左手を握っています。
でも、再来年4月には小学校入学なのです。
ドンドン成長していく姿に、嬉しいような、寂しいような。




c0168172_12251.jpg
c0168172_121995.jpg
c0168172_12137.jpg
c0168172_12591.jpg
c0168172_115947.jpg
c0168172_115143.jpg
c0168172_114567.jpg
c0168172_11353.jpg
c0168172_113067.jpg
c0168172_11231.jpg
c0168172_111533.jpg
c0168172_11685.jpg
c0168172_105973.jpg
c0168172_105124.jpg
c0168172_104411.jpg
c0168172_103741.jpg
c0168172_10296.jpg
c0168172_10223.jpg
c0168172_101411.jpg
c0168172_10740.jpg
c0168172_0595974.jpg
c0168172_059529.jpg
c0168172_0594484.jpg
c0168172_0593782.jpg
c0168172_0593041.jpg
c0168172_0592423.jpg
c0168172_0591890.jpg
c0168172_059842.jpg
c0168172_059263.jpg
c0168172_0584217.jpg





    [後書き]

     私のブログが見る気を起こさない理由を一つ、
     友人が教えてくれました。
     記事と写真がぜんぜん別物。
     これに違和感を感じる。

     私は平気です。
     なぜ?
     べつに違和感を感じないから。
     私のブログは私一人のための日記なのですから。

     でも、実は、自分でもときどき混乱することがあります。
     この記事になんでこの写真が?
     作成者自身が混乱するようでは、
     出来が悪いとしか言いようがないですね。

     ということで、私の心覚えとして、説明しておきます。
     写真は、丁度中間で、大和西大寺から奈良町に転換します。

     ロボグラフィの特質を、一つ上げておきます。
     独創性なんか無縁。
     同じ場所で同じ構図で何度でも撮ります。
     独創性のかけらもなく、ルーチンワークの塊のような私です。
     同じ場所で同じものに出会ったら、同じように撮る。
     なんで悪い?
     そんな感じですね。
by hologon158 | 2017-03-22 01:11 | ホロゴン外傳 | Comments(0)