わが友ホロゴン・わが夢タンバール

688.04 ホロゴン外傅198「2017年4月2日京都河原町でマクロスイターが接近戦」4-完-ネズミ一匹


肺炎騒ぎは3週間で終焉を迎えました。
結局泰山鳴動して、ネズミ一匹という、表面的には空騒ぎに近い状態だった感じ。
ネズミというのは、どんなに健康でも、どこかに落とし穴が待っている、
という教訓だったよです。

振り返ってみると、
2日続けて8度6分まであがったのがピークで、
その後は受診の前夜に一度7度2分という、かなり低い熱が出ただけ。
その翌日から6日間、抗生物質の点滴と錠剤だけで、
4分の3が白濁した肺がほとんど元通りになってしまいました。
その間、私はと言えば、若干の脱力感だけが症状で、
基本的には通常の状態で、毎日診療所通いをしたことになります。

しかし、外観は通常とは言っても、
現実には、体内で抗生物質と菌とが激しく攻防を繰り返していたはずです。
医師のお話では、通常は2、3週間は闘病し、
かなりの確率で入院するのだそうです。
それなのに、なぜ?
もちろん名医の的確な診断と治療のおかげなのですが、
でも、
やっぱり、一つの結論に落ち着きそうです。
職業生活でも、たゆまない激務の連続でしたが、
病気らしい病気もせず、というあたり、
どうやら私はかなり強健にできているか、
かなり幸運に生まれついているか、
それとも、その両方なのでしょう。

それともう一つ、私という人間、
どんなにつらいことがあっても、いやなことがあっても、
ぐらつかない。
これもプラスに作用してきたようです。
通常、成功したり、名声をあげたりする人の条件として上げられるのが、
逆境にバネとして、成功に自分を押し上げる、反発力。
ところが、私は反発しない。
まあまあ、それでもいいじゃないの、とすんなり落ち着いてしまう。
決して反発もしないし、反騰もしない。
要するに、負け惜しみなんてカケラもない。
おかげで、歯を食いしばりながらがんばっている人たちの中で、
春風駘蕩、仕事も趣味も全部同レベルでエンジョイすることができました。

こんな人間、実は、退職後の第2の人生向きだった!
今にして、よくそれが分かりますね。





c0168172_228363.jpg
c0168172_2282963.jpg
c0168172_2282113.jpg
c0168172_2281519.jpg
c0168172_228950.jpg
c0168172_228431.jpg
c0168172_227587.jpg
c0168172_2274641.jpg
c0168172_2265679.jpg
c0168172_2264140.jpg
c0168172_2252770.jpg
c0168172_2251818.jpg
c0168172_225762.jpg
c0168172_225089.jpg
c0168172_2245470.jpg
c0168172_2244659.jpg
c0168172_2243553.jpg
c0168172_2242720.jpg
c0168172_2242016.jpg
c0168172_22472.jpg
c0168172_2235970.jpg
c0168172_2235288.jpg
c0168172_2234672.jpg
c0168172_2233910.jpg
c0168172_2233253.jpg
c0168172_2232667.jpg
c0168172_2225789.jpg
c0168172_222485.jpg
c0168172_2224049.jpg
c0168172_2223125.jpg

by hologon158 | 2017-05-13 22:11 | ホロゴン外傳 | Comments(0)