わが友ホロゴン・わが夢タンバール

698.2 ホロゴン外傅205「2017年6月10日京北山でフレクトゴン満開」2 また、泣かされて


また、泣かされてしまいました。
人生で、ではありません。
映画で。
先日、「ALWAYS 三丁目の奇蹟」で散々泣いたことは書きました。
今度は、「フラガール」(2006年公開)
ごらんになりましたか?
ネットで、誰かが紹介していたので、TSUTAYAで借りただけで、
先入観も知識もなにもなし。
(できるだけそうしています。評判で観たくないから)
映画そのものは完全に定石どおりでした。
ついでに書きますと、私は、就寝前の深夜には、まともでありた。
定石どおりにハッピーエンドで終わらないと、私は怒り狂います。
この世界、いやなことばっかりじゃありませんか?
せめて映画やドラマの世界だけはハッピーエンドで終わってほしい。
昔、とても雰囲気の良い韓流ドラマで、
ラストにカップルが恋敵の男にピストルでバンバンと殺されたときは、
そのショックと怒りから立ち直るのにかなりかかりました。

ドラマの筋立ても詳しいことは書きません。
観たくなる人もいるでしょうから。
そして、是非観てほしいから。

第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか多数、
第80回キネマ旬報ベストテン邦画第1位、
読者選出1位、
その他受賞数え切れないほど。

主演女優の二人、松雪泰子さんと蒼井優さん、
最高の組み合わせでした。
そして、全員の演技力も踊りも見事。

それにしても、この二人に泣かされ、
出演者全員に泣かされました。
私がこれまでに泣かされた作品のほとんどは韓国作品ですが、
この作品には、その一番泣かされた作品の倍も泣かされました。
翌日の今日、私はいつもよりスリムになった気分がするほど。

監督、演出家、脚本家はかなり並外れた才能の持ち主だとうかがわれます。
とくに監督李相日さんはかなりの才能。
調べてみると、新潟県生まれの在日朝鮮人三世なのだそうです。
かなりの経歴を重ねつつある方のようです。

でも、おそらく本作品が彼の代表作でしょう。
確かに映画は一人で作るわけではありません。
数知れないほどの才能が一緒になって作りあげる集団芸術です。
でも、そんな集団をまとめ合わせて一つの傑作を作り上げる、
それが監督の手腕と芸術感覚。
でも、本作は、監督、主演だけではなさそうです。
なにからなにまでまさに稀有の組み合わせが実現した、
稀にみる幸運の賜物なのかもしれません。
出演者たちの能力を全部使いきったのではと思える位に、
全員が渾身の演技を振り絞った、そんな映画でした。
「冬のソナタ」のように、これから何度でも観るでしょう。


ついでに、一つ付け加えておきます。
私はプロジェクターで、スクリーンに投影しています。
たった5.8畳の狭い書斎なので、最小の80インチでないと無理でした。
でも、暗室の中、1.5mほど眼前にドラマがわっと立ち上がるのです。
画像が昔ながらの銀幕風に柔らかく、雰囲気が出て、
部屋全部がドラマの中に入り込んでしまいます。
チェ・ジウさんもヘプバーンもキム・テヒさんも蒼井優さんも、
ツルツルのデジタル画像から生身の女性となり、それどころか
等身大か、等身大以上の女神となって、我が家に降臨なされて、
私のつい鼻の先で、渾身の演技を見せてくださるのです。
資金がないので、プロジェクタも最安値のシャープの製品。
10年壊れもせずにがんばってくれています。
映画やドラマを人生の一部にしたかったら、
ぜひ、スクリーンでごらんになることをお勧めします。




c0168172_15192065.jpg
c0168172_15191199.jpg
c0168172_1519472.jpg
c0168172_15172770.jpg
c0168172_15171796.jpg
c0168172_1517975.jpg
c0168172_15163226.jpg
c0168172_15143732.jpg
c0168172_1514292.jpg
c0168172_15142219.jpg
c0168172_15141343.jpg
c0168172_1514235.jpg
c0168172_15135475.jpg
c0168172_15134713.jpg
c0168172_15134019.jpg
c0168172_15133349.jpg
c0168172_15132697.jpg
c0168172_15132040.jpg
c0168172_15131344.jpg
c0168172_1513624.jpg
c0168172_15125747.jpg
c0168172_15124963.jpg
c0168172_15124270.jpg
c0168172_15123599.jpg
c0168172_15122898.jpg
c0168172_1512178.jpg
c0168172_15121181.jpg
c0168172_1512392.jpg
c0168172_15115692.jpg
c0168172_15114717.jpg
c0168172_1511386.jpg
c0168172_15113275.jpg

by hologon158 | 2017-07-27 19:06 | ホロゴン外傳 | Comments(0)