わが友ホロゴン・わが夢タンバール

698.3 ホロゴン外傅205「2017年6月10日京北山でフレクトゴン満開」3 芸術表現


韓国の演歌歌手に、キム・スヒという人がいます。
私は生まれてこの方日本の歌謡曲を聞いたのは、
遥か昔まだテレビを観ていた時代の「紅白歌合戦」だけ。
それなのに、キム・スヒさんにはどっぷりはまってしまいました。

김수희 - 잃어버린 정
(1992)https://www.youtube.com/watch?v=RW9jTyJvtOk

김수희 - 고독한 연인(KImSooHee)
.flvhttps://www.youtube.com/watch?v=iVqXHaWsBLg

김수희 - 남포동 부르스 (1992)
https://www.youtube.com/watch?v=d14NnMHb8E0

チェ・ジウさんにちょっと似て、美しい人です。
とにかく激しい感情表現を自然にできる人です。
CDもありったけ買いました。
数日前、突然思いついて、楽譜を検索してみました。
私の大好きな曲がほとんど見つかりました。
リコーダーとハーモニカで吹いてみて、びっくりしました。
どれもこれも、とてもシンプルな曲なのです。
それなのに、キム・スヒさんはそのシンプルな譜面に
圧倒的な感情表現を込めて歌い上げることができるのです。

畏友のRAさんに聞いたことがあります、
セゴビアは楽譜通り正確に弾くギタリストは追い返したそうです。
演奏者自身の個性が音楽を生き生きと輝かせる、
そんな人だけが本当の演奏家だということでした。

写真も同じですね。
素晴らしい写真作品に接すると、
カメラもレンズもありませんね。
ひたすらその画像に心を奪われる、それが名作。

キム・スヒさんのように、
激しい感情表現をこめる人も居れば、
セゴビアのように、
ギターの淡彩な音から偉観を浮かび上がらせる人もいます。
共通するのは、「命をかけている」こと。
才能、素質、センス、直感等、もてるものすべてを賭けていること。

私はさまざまな分野、ジャンルで、
せっぱ詰まった限界状況を突き抜けて、
自分一人の力で新たに勝ち取った圧倒的な表現を見つけて、
その都度幸せを感じ、
自分も生きなきゃ、という気持ちをかき立てられます。

現代の写真、カメラ、画像処理の現状を見ると、
制作者のせっぱ詰った限界を自分の力でバンと突き抜ける、
そんな感性をぎりぎり一杯磨いて生まれる芸術的創造とは、
かなり性格が異なるようです。
優れた写真家はもちろん、
そんな芸術的創造とは無縁の初心者でさえも、
コンピュータ処理によって、
制作者の想像、期待、才能を遥かに超えた加工技術で補い、
銀塩時代には絶対にできなかったような画像を作り出します。
私は銀塩時代の遺物のような人間なので、
これが写真なんだとはどうしても納得できません。

ビジュアルアートに移行していこうとしていると感じます。
竹馬のようなかさ上げ技術に、私は魅力を感じません。
心優しい教授が学生をそっと脇に呼んで、やさしく、
「このテスト、100点満点で、欠点が40点なんだけど、
君には持ち点として50点あらかじめあげるよ。
だから、心配しなくていいからね」
おかげで、写真を初めて2、3年も経つと、もう立派な写真家。

女性ブロガーがモノクローム作品をどこかで観て、書きました、
「まあ、なんとか許せるという感じがします」
思わずのけぞりました。
でも、それが現代の常識なのでしょう。

優れた芸術について書きました、
「共通するのは、「命をかけている」こと。
才能、素質、センス、直感等、もてるものすべてを賭けていること。」

現代のデジタル写真では、「才能、素質、センス、直感」よりも、
フォトショップなどのコンピュータ処理技術がすべて、
そんな感じがします。
だから、凄い画像を見ても、誰も、
「わあ、凄い瞬間を見事に捉えたな」なんて感じません。
「わあ、巧いこと加工したなあ、一体、どうやったの?」

それもグラフィックアートというジャンルのアートなのでしょう。
でも、あなた、グラフィックアートに面して、
感動のあまり涙をこぼすことがありますか?
これに出会って、人生が変った、そう感じることができますか?
私はできませんね。





c0168172_1152516.jpg
c0168172_11519100.jpg
c0168172_1151276.jpg
c0168172_115337.jpg
c0168172_1145598.jpg
c0168172_1144896.jpg
c0168172_1142627.jpg
c0168172_1141362.jpg
c0168172_114678.jpg
c0168172_114046.jpg
c0168172_1135426.jpg
c0168172_1134168.jpg
c0168172_1133363.jpg
c0168172_1132828.jpg
c0168172_1132157.jpg
c0168172_1131512.jpg
c0168172_113899.jpg
c0168172_113032.jpg
c0168172_1123521.jpg
c0168172_1121550.jpg
c0168172_112550.jpg
c0168172_1115329.jpg
c0168172_1114753.jpg
c0168172_1114160.jpg
c0168172_1113427.jpg
c0168172_1112756.jpg
c0168172_1112118.jpg
c0168172_111148.jpg
c0168172_111832.jpg
c0168172_111288.jpg
c0168172_1105537.jpg

by hologon158 | 2017-07-28 11:06 | ホロゴン外傳 | Comments(0)