わが友ホロゴン・わが夢タンバール

699.1 ホロゴン外傅206「2017年6月11日東吉野榛原ビオゴン21㎜F4.5デイ」10 お墓参り





8月9日水曜日、墓参。
私にとっては、迷惑な話です。
長男だったばかりに、墓所を継承してしまいました。
私は無神論者で、いかなる信仰もない人間。
当然、死後の世界も信じていない。
だから、両親も父の先祖も、
お骨は墓地にあるとしても、
死後の霊が死後の世界のどこかに存在するとが信じられない。
でも、とにかく両親のお骨が埋葬されているのですから、
お墓参り、現実には草むしりを欠かせません。
でも、お盆の真っ最中には行きたくない。
お盆の前に行くのが必須。
墓地のほぼ中心にあって、草ぼうぼうは目立ちすぎ。
私もお墓参りの人たちの前で草むしりなどしたくない。
10日木曜日は休日なので、9日がタイムリミット、ということに、
気づいたのが8日、急遽、墓参を思い立ったわけです。

御堂筋線から直結している千里線江坂駅に到着したのが11時。
曇りの予報でしたが、どこに雲が?
太陽はまさに燃えさかり、炎暑のまっただ中。
まずエネルギー補給をと考えて、
「上等カレー」なるチェーン店に入りました。
既に試した新大阪駅、福島の2店はたしかにおいしいカレーでした。
じゃ、江坂もそうだろうと考えるのは甘いですね。

トンカツカレーを頂きました。
他の2店でもビフカツカレーを頂きました。
カレーがたっぷりご飯の上に、大きなビフカツがデンと乗って、
なかなか豪勢なお味でした。
(このあたり、質より量の大阪人らしい)
ところが、江坂店は新機軸を考えついたのです。
ご飯の量は他店と一緒で、まずまずの量です。
それからが違います。
まず、あまりボリュームのない薄っぺらいトンカツをご飯に載せて、
それから、ふんわりカレーを注ぎます。
他店はご飯にカレーをたっぷりかけてから、
大振りのカツをデンと乗っける。
これが当然ですね。
カレーライスの上にトッピングするのが基本ですね。
じゃ、江坂店は、なぜ、逆なのか?
カツを載せたご飯にうっすらカレーを掛けることで、
カレーの量を大幅に節約できる!
賢い!
そうほめて上げたいのですが、真相は、
バカ!
客は二度と来ないよ!
少なくとも、私はこりごり。
観察力がない私、そんな仕掛けに気づかず、
ばりばりカレーたっぷりにしてご飯を頂いて、
半分あたりで、はたっと気づきました。
あれっ、カレーがほとんど残っていない!
食べながら、ポメラで文章を書いている私にも責任がありますが。
というわけで、後半は、倒産寸前の小企業さながら。
なけなしのカレー、カツ、付け合わせのピクルスを、
まだたっぷりのご飯にわずかずつ載っけて、
かなりあっさり薄味のお食事でした。

私はどんなお店でも、出るときは言います、
「ありがとう、おいしかったよ」
本気で言います。
グルメじゃないので、満腹になると、それだけで満足だから。
でも、上等カレー江坂駅前店だけはものも言わずに出ました。
食べ物の恨みはおそろしいのです。
皆さん、食事をたっぷり楽しみたかったら、
上等カレー江坂駅前店だけは避けましょうね。






c0168172_10580797.jpg
c0168172_10575780.jpg
c0168172_10575156.jpg
c0168172_10573464.jpg
c0168172_10572535.jpg
c0168172_10571613.jpg
c0168172_10570194.jpg
c0168172_10565542.jpg
c0168172_10564826.jpg
c0168172_10564084.jpg
c0168172_10563422.jpg
c0168172_10562722.jpg
c0168172_10562146.jpg
c0168172_10561493.jpg
c0168172_10560892.jpg
c0168172_10560108.jpg
c0168172_10555298.jpg
c0168172_10554633.jpg
c0168172_10553970.jpg
c0168172_10503759.jpg










by hologon158 | 2017-08-10 16:47 | ホロゴン外傳 | Comments(0)