わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 02月 17日 ( 2 )

677.02 ホロゴンデイ192「2017年1月22日ホロゴンで近江八幡新年会」2 暗い!


こうして近江八幡のホロゴン写真をブログにストックできる!
うれしいですね。

でも、自分で眺めてみて、感じます、
大抵の方、あまりの暗さにぎょっとして、後込みしてしまうだろうな。

でも、これは仕方がないのです。
私はその場の状況次第で、露光補正度を決めます。
360度周辺、ほぼ全天が見えている状態です。
こんなときの私のお好みの補正値はマイナス1.5。
ホロゴンは眼前全部が撮れるので、
完全ノーファインダーで撮ります。
撮影結果をときどき眺めることがありますが、
私の場合は写っていたら、それでオーケー。
もちろん暗い写真が撮れています。

デジタルの場合、Jpegで撮る限り、
暗い写真の色をソフトで取り戻すのは無理。
暗い写真がお好みなのですから、平気。

なぜ、暗い写真が好きなんだろう?
ときどき考えます。
でも、韓流ドラマじゃありませんが、
好きであることに、理由などありません。

でも、無理に考えてみると、こんなことでしょうか?
自分な好きな光景って、明るい光景じゃない。
暗い闇からなにかがかすかに見えて来る、
そんな謎解きが好き。
現代のデジタル写真が好きじゃないのは、
なにがなんでも明快に見せよう、描き尽くそう、
説明しよう、という姿勢。
スーパーリアリズムの絵が嫌いなのもそれ故。
毛穴の一つ一つ描いたからと言って、
美女の美女たる由縁を明るみに出すなんてできっこない。
逆に、見えないから、美しい。
そんな考慮がここでも働いているのかな?




c0168172_23461030.jpg

c0168172_2349619.jpg
c0168172_23485869.jpg
c0168172_23471458.jpg
c0168172_2347670.jpg
c0168172_2347017.jpg
c0168172_23465382.jpg
c0168172_23464711.jpg
c0168172_23464044.jpg
c0168172_23463337.jpg
c0168172_23461030.jpg
c0168172_2346372.jpg
c0168172_23455650.jpg
c0168172_23454989.jpg
c0168172_23454257.jpg
c0168172_23453445.jpg
c0168172_23452727.jpg
c0168172_23452044.jpg
c0168172_23451395.jpg
c0168172_234565.jpg
c0168172_2345079.jpg
c0168172_23445369.jpg
c0168172_23444667.jpg
c0168172_23444079.jpg
c0168172_23443243.jpg
c0168172_23442633.jpg
c0168172_23441910.jpg
c0168172_23441316.jpg
c0168172_2344787.jpg

by hologon158 | 2017-02-17 23:59 | ホロゴンデイ | Comments(0)

677.01 ホロゴンデイ192「2017年1月22日ホロゴンで近江八幡新年会」1 恒例で


どなたにも、これをやっておかないと、
どうも居心地が悪くて、次のことに取りかかれない、
そんなことがあるのではありませんか?
私の場合、毎年正月早々、近江八幡の水郷あたりを歩く、
新年撮影会がそれ。

3、4年前に簡保施設ウェルサンピアが廃業して、
おいしくて安いすき焼きランチとサヨナラ。
昨年は、毎年午後3時頃に尋ねた老舗の菓子店種屋も、
臼でつきたてのお餅を入れたお善哉を止めてしまい、
近江八幡を訪ねる魅力の2つが消えてしまいました。

でも、やっぱり行きたい。
昨年暮れから奈良に移ってこられた中将姫光学さんをお誘いして、
写真の仲間DAさんとAKさん、そして私と合計4人で参りました。

折から宮崎貞安さんのご依頼も後押ししてくれました。
最新のレンズ、ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5、
このレンズとホロゴンの撮り比べ。
私はお電話では、それは無茶でしょう、と申し上げました。
ホロゴン15㎜F8Uは文字通り比類のない超広角レンズの王者。

でも、丁度よい機会です。
午前撮影分は別ブログ「レンズ千夜一夜」で連載中です。
平行して、本ブログはホロゴンシリーズを並べてみます。

古い御飯屋さんという感じの料理店で、
おいしいヒレカツ定職を頂き、しっかり腹ごしらえをして、
水郷にバスで移動しました。
シリーズはこのバス停を下りて、
水郷地帯へとつながるプロムナードから始まります。
日本でも有数の葦の原です。




c0168172_1054432.jpg
c0168172_10535631.jpg
c0168172_10534916.jpg
c0168172_10534239.jpg
c0168172_10533733.jpg
c0168172_10533199.jpg
c0168172_10532593.jpg
c0168172_10531861.jpg
c0168172_1053244.jpg
c0168172_10525523.jpg
c0168172_10524993.jpg
c0168172_10524063.jpg
c0168172_10523421.jpg
c0168172_10522750.jpg
c0168172_10521988.jpg
c0168172_1052123.jpg
c0168172_1052619.jpg
c0168172_10515965.jpg
c0168172_10515312.jpg
c0168172_10514447.jpg
c0168172_10513738.jpg
c0168172_10512976.jpg
c0168172_10512170.jpg
c0168172_1051136.jpg
c0168172_1051678.jpg
c0168172_10505968.jpg
c0168172_10505393.jpg
c0168172_10504666.jpg
c0168172_10504034.jpg
c0168172_10503392.jpg
c0168172_10502579.jpg
c0168172_10501717.jpg
c0168172_10501186.jpg
c0168172_10495839.jpg

by hologon158 | 2017-02-17 10:57 | ホロゴンデイ | Comments(0)