わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 03月 31日 ( 1 )

682.01 ホロゴンデイ195「2017年2月11日ホロゴンが寒中奈良町行脚」1 ホロゴンに戻る

3月30日木曜日、
ようやく宮崎貞安さんにニューレンズ関係の2回目の宅急便を発送。
内容物は、

①フローライトアポクロマート135㎜F2.4
②試写A4が10枚。
③4回分の試写写真全部(おそらく2000枚近く)
④私の2回目の試用感に関する報告書

これだけ沢山の試写を行ったのは、ゾンネタール50㎜F1.1以来でしょう。
今回のレンズで、はじめて、試写写真を全部DVDに収納して送りました。
どんな風に使っていただいても結構。

その理由は、別に写真作家じゃないから?
いえいえ、それは深読み。
そうじゃなくて、試写として使えるものはあっても、
そのあたりの道ばたをゴショゴショ手当たり次第に撮った写真、
どこにも使い道がないからです。
そのあたり、絶大なる自信があります。
ブログを始めて以来、写真そのものに触発されたコメントなんて、
ほとんど皆無に近いからです。

こんな風に書くと、またうるさ型がもし読んだら、
「嘘つけ!
じゃ、なくて、まじめに写真を観る人なんて、
一人も来てないからじゃない?」
まあ、そうとも言えそうですね、と言いたいところですが、
これが大間違い。
一人は来ています、
つまり、私が!

さて、冗談はさておき、両ブログとも、ここしばらくは、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4の試写ばかり。
それどころか、まだ試写の半分、4回分は未公開。
1500枚ほどもストックが残っているのですから。
まだまだフローライト攻勢が続く勢いです。

でも、別ブログ「レンズ千夜一夜」では久しぶりにタンバール。
そのせいで、私のレンズ人生の両輪のもう一つ、ホロゴンだって、
「もうそろそろ出させてくださいよ」とダダをこねているようです。
よろしいでしょう。
出してあげましょう。
ということで、今回はホロゴンシリーズです。

蛇足ですが、この「出してあげましょう」で、
午後6時頃のことを思い出しました。
子供たち(猫ですが)に昼食を上げたのは午後3時。
長女の静は二階にある私の書斎でいただきます。
午後6時、階段に数段上がったところに静が居て、
私に「ニャー」とかすかな声で、アゴをしゃくりました、
「ご飯の残りを食べるので、ドアを開けて」という意味。
私、「もう全部食べたじゃない? 行っても無駄だよ」
静、「ニャー」とかすかにつぶやいて、上をじっと見つめました。
私、早速妻に、「ちゃんとぼくの言うことを理解してくれるね、
賢いんだから」と喜びの報告。

でも、実は私がバカだった。
しばらくして、私が2階に上がって、書斎のドアを開けると、
静もするりと抜けて、入りました。
見ると、静用の二皿(缶詰と乾燥を分けています)の一皿に、
乾燥の粒が4つ。
静のさきほどの「ニャー」は「まだ、残ってるのに」だった!
そう、静の方が賢かった!
静のお願いを受けたときの正しい答えはこうでした、
「じゃ、入れて上げましょう!」




c0168172_10545062.jpg
c0168172_10544368.jpg
c0168172_10543860.jpg
c0168172_10543088.jpg
c0168172_10542333.jpg
c0168172_10541671.jpg
c0168172_1054714.jpg
c0168172_1054054.jpg
c0168172_10535385.jpg
c0168172_10534689.jpg
c0168172_10533975.jpg
c0168172_1053329.jpg
c0168172_10532633.jpg
c0168172_10531850.jpg
c0168172_10531143.jpg
c0168172_1053325.jpg
c0168172_10525529.jpg
c0168172_10524747.jpg
c0168172_10523951.jpg
c0168172_10523261.jpg
c0168172_10522552.jpg
c0168172_10521751.jpg
c0168172_10521017.jpg
c0168172_1052258.jpg
c0168172_10515556.jpg
c0168172_10514614.jpg
c0168172_10513878.jpg
c0168172_10513153.jpg
c0168172_10512562.jpg
c0168172_10511659.jpg

by hologon158 | 2017-03-31 13:46 | ホロゴンデイ | Comments(0)