わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 06月 03日 ( 2 )

691.04 ホロゴンデイ196「2017年5月15日久しぶりにホロゴンが奈良町へ」4 写真のこと



写真のことを絶えず考えています。
写真家でなければ、写真のことなど考えてはならない、
なんて法はありませんね。
私のような日記写真しか撮らない素人でも、
写真が好きで好きでたまらないんだから、
好きなことは絶えず頭から去らないのが当然ですね。

私が今疑問に思っていることはこうです。
人はなぜ全然違う写真を撮るんだろうか?
2つの面がありそうです。

   ① 人は自分に見えてるものしか撮れない。
   ② 人は撮りたいと思うものしか撮れない。

まず、①
はっきり分かることが一つあります。
人は同じものを見るとは限らない。
人間の視覚は客観的な記録道具ではありません。
行動のために必要なデータを収集する選択的行為です。
心理学で言う「注意」
見えるもの全部を見ることなんてできないので、
見たいもの、とりあえず見えるものだけを見る作業です。

「私はこの目でちゃんと見たんだよ」とか、
「私にも目があります」なんて言いますが、
実は自分が見たいと思うものしか見ていない。
人間の感覚すべてがそんなものです。
常に選択的で、しかも、正確とは限らない。
そのことを知らない人はどこまでも、
自分の知覚した世界だけが客観世界であると確信しています。
これが怖い。

そこで、写真に話を進めると、
人は自分に見えてるものしか撮れないのですから、
撮れるものは限定されているわけです。
このレベルで、もう人ごとに違うものを撮っていることになります。
そして、レベル2になると、さらに違ってきます。
★★続く★★



c0168172_2214468.jpg
c0168172_2213779.jpg
c0168172_2213060.jpg
c0168172_2212368.jpg
c0168172_2211526.jpg
c0168172_221768.jpg
c0168172_221196.jpg
c0168172_2205241.jpg
c0168172_2204552.jpg
c0168172_2203797.jpg
c0168172_2203119.jpg
c0168172_2202446.jpg
c0168172_2201720.jpg
c0168172_2201034.jpg
c0168172_220359.jpg
c0168172_21595815.jpg
c0168172_21595088.jpg
c0168172_21594375.jpg
c0168172_21593712.jpg
c0168172_21592891.jpg
c0168172_21591911.jpg
c0168172_21591116.jpg
c0168172_2159519.jpg
c0168172_21585811.jpg
c0168172_21585110.jpg
c0168172_21584390.jpg
c0168172_215823.jpg

by hologon158 | 2017-06-03 23:37 | ホロゴンデイ | Comments(0)

691.04 ホロゴンデイ196「2017年5月15日久しぶりにホロゴンが奈良町へ」3 理想の喪失

私の子供の頃は、
「末は博士か、大臣か」などと言ったものでした。
野口英世、アインシュタイン、リンカーンが理想でした。
世のため、貧しい人たちのために生きる、
それが人間の理想でした。

この半世紀で、そんな理想は消えてしまいました。
人間の価値は地位とお金で決まる社会になってしまいました。
法に従って清く正しく生きる、
これが人間のあるべき姿でした。
今は違います。
脱法してもいい、見つからなければいい、捕まらなければいい。
とにかく賢く立ち回ったらいい。

昔は、検察官は正義を守るために生きました。
今は、心得違いの似而非検事が混じっています。
地位を得るために生きよう、
そのためには、証拠がなければ、作ればいい。
悪いやつらはどんな風にしてでもいい、
刑務所に放り込む!
自分が冤罪事件を作り出しているかもしれない、
なんて、ちらっともかすめません。

今までの首相だって、そうだったかも知れませんが、
今の首相はあからさまですね。
友人が大学を作る?
よし、権力にものをいわせて、
特別の処理を所管庁に命じよう、
それができなきゃ、首相閣下として君臨する意味がないじゃないか!

でも、内閣総理大臣は王様じゃないのです。
昔風に言えば、「国民の下僕」なのです。
国民も、昔の理想など全部忘れ、
日本国憲法が「国民主権」を第一の主題として明記していることも忘れ、
「臣民」なみにへりくだってしまいました、
「偉い人たちがやることって、そんなものだ。
どうせ、誰がやっても、同じようなことをするんだから、
新聞は政権をがんばっているとあれだけ書きたてているんだから、
そんなこと、小さなことじゃないの?」
と、やさしく温かく見守ってあげるだけ。
自分の利益のために、権力をねじまげて使う人間が、
日本国のため、日本国民のために何かをするはずがない、
そんなことなどちらっとも頭をかすめない、
ということに気づいていないか、気づいていても、
ほかに人がいないんだから、しかたがないとあきらめ顔。

自分が得られるニュース、情報がすべて権力者、マスコミに支配管理され、
現実に起こっている出来事のうち、国民を誘導するに適した情報と、
知っても知らなくても毒にも薬にもならない情報だけが流されている。
その結果、テレビ、新聞、ネットで得られる情報が描く世界像は、
極めてゆがめられていることなど、気づかないまま、
「あれはこうなんだよ」「あの人はすぐれた政治家だ」などと、
押し付けられた意見を自分の意見のように思い込んでしまう。

情報が過多で歪められている時代こそ、
独裁者登場の条件が揃っている時代です。
ビッグブラザーによる独裁を描いたオーウェルの小説は、
舞台が「1984年」に設定されていました。
その1984年から30年以上経っている現在、
すでにビッグブラザーによる独裁は始まっているのかも知れません。
えっ、安倍は、トランプはビッグブラザーなの?
いえいえ、とんでもない。
ビッグブラザーは誰も知らない陰の支配者。
安倍やトランプはただの走り使い。
だって、やたらすぐ切れてしまうって、ちょっと小物すぎません?





c0168172_12263156.jpg
c0168172_1226255.jpg
c0168172_12261763.jpg
c0168172_12261189.jpg
c0168172_1226573.jpg
c0168172_12255870.jpg
c0168172_12254992.jpg
c0168172_12254065.jpg
c0168172_1225843.jpg
c0168172_12244363.jpg
c0168172_12243694.jpg
c0168172_12242886.jpg
c0168172_12242294.jpg
c0168172_12241431.jpg
c0168172_1224837.jpg
c0168172_1224222.jpg
c0168172_12235540.jpg
c0168172_12234454.jpg
c0168172_12233654.jpg
c0168172_12233092.jpg
c0168172_12232461.jpg
c0168172_12231858.jpg
c0168172_12231061.jpg
c0168172_1223355.jpg
c0168172_12225690.jpg
c0168172_12224913.jpg
c0168172_12224456.jpg
c0168172_12223697.jpg
c0168172_12223078.jpg

by hologon158 | 2017-06-03 12:27 | ホロゴンデイ | Comments(0)