わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 08月 28日 ( 1 )

701.06 ホロゴンデイ199「2017年7月16日ホロゴン祇園祭をかすめる」6 「かのように」



8月25日金曜日午前、
バスで近鉄奈良駅まで出かけました。
別に用はありません。
出かけるときは、旅行気分でウォーキングをしよう。

「かのように」という考え方があります。
私もこれが好きで、
撮影地に降り立つと、いつもこう考えます、
「火星人が地球に初めて降り立ったときなんだ」
新鮮な気持ちであらゆる場所と向かい合いたいのです。
私は絶えずこの気持ちでやってきたのですが、
奈良町のように、文字通り何百回も撮ってきたお気に入りのストリートで
それができなければ、本物の火星人とはいえませんね。

幸い私には一つの好条件が備わっています。
いや、二つでしょう。
① 大変に記憶力が悪い!
② 毎回別のカメラ、レンズを使える!
いや、三つですね。
③ 空想が得意!
この3つの条件を活用すれば、まあ、なんとかなるでしょう。

今回は、最高のスタッフをそろえました。

ライカM9
アストロ・ベルリンのパンタッカー50mmF2.3
バス停の傍らで静かに置いていく砂袋を発見!
思わず心が動きました。
実は、何百回と撮った、私のお気に入りロボグラフィなのですが、
今、この姿の砂袋さんに出会うのは初めて!

次第に静かに老いていくあたりは、
人間を含む万の生物たちと変わりはありません。
あんなにがっしりとたくましく膨れていたのに、
次第に布は薄汚れ、皺がより、
挙げ句の果てには、なんとふさふさと草が天辺に生えてきました。

この点だけ、だんだんと頭部が薄くなっていく人間とは違いますね。
うらやましい。
もっとも、私は水素吸引を1年以上続けてきたので、
頭髪がかなりふさふさとしてきた、そんな感じがします。
でも、毎月散髪をしてくれる妻にそう言うと、
「心配ないわよ。
散髪のとき見たら、どんどんスケスケになっていってるから」

私は、前に一度書きましたが、他人に頭を触られるのが大嫌い。
だから、妻に散髪してもらっているのですが
散髪屋さんがフィガロだったら、
こんなに明け透けな冷や水のぶっかけはしないだろう、
という感じはしますね。
少なくとも私の見る限りでは、
頭部の減退はもっか停滞している、
このことに間違いはありません。

話が脱線しましたが、
ライカM9に付けたパンタッカー50mmF2.3こそ、
ホロゴンと並ぶメタモルレンズの大御所です。
(メタモルフォーゼを起こしてくれるレンズという意味。
例によって、私の造語)

そして、いつもライカM9を使う度に感じることですが、
しっとりとした画像の確かさは抜群。
ソニーα7をかなり凌ぎますね。

ソニーα7にフォクトレンダーのヘリコンドリング付きの
Mマウントアダプタが付いたことと、
ライブビューが使えることの二つで、
使い勝手は、ライカを遙かに凌いでしまいました。
退職後どんどん貧乏になっていく私、小遣いに窮する余り、
もう無用だから、ライカM9は売っちゃおうか、と、
ときに非情の殺し屋になりかけるのですが、
やっぱりこいつは大事な伴侶だなあ、
私のブログの品位を時にはライカM9写真で高めたいものだ、
と、温かい気持ちに心を膨らませています。

さて、行きつけの喫茶店でおいしいシチューランチを頂いて、
お腹を膨らませ、
パンタッカーとライカM9に心を膨らませて、
午後1時、ロボグラフィ行脚に出発しようとして、
ふっと、隣の席を見ると、
退職後かなり経ったらしい男性が二人おしゃべりをしています。
さっきから気づいていたのですが、
ちょっとしなびて、シリアスそのものの表情を崩しません。
もっと楽しそうな表情になれませんか?

私の友人たちは違いますね。
肌に力があって、目がきらきら光り、楽しそうですね。
趣味を心から楽しみ、
同好の士と心を割って語り合えるからではないでしょうか?
どなたもそんな喜びを見つけて生きることができれば、
いいのですが。

でも、本ブログの写真は依然として、ホロゴン。
「かのように」写真を撮りたければ、断然、
ホロゴン。



c0168172_16495623.jpg
c0168172_16500350.jpg
c0168172_16500934.jpg
c0168172_16501532.jpg
c0168172_21272472.jpg
c0168172_21280327.jpg
c0168172_21281179.jpg
c0168172_21282059.jpg
c0168172_21291496.jpg
c0168172_21292181.jpg
c0168172_21292789.jpg
c0168172_21293418.jpg
c0168172_21294401.jpg
c0168172_21295162.jpg
c0168172_21295927.jpg
c0168172_21300689.jpg
c0168172_21301698.jpg
c0168172_21302804.jpg
c0168172_21303509.jpg
c0168172_21304549.jpg
c0168172_21305455.jpg
c0168172_21310173.jpg
c0168172_21311076.jpg
c0168172_21312262.jpg
c0168172_21313056.jpg
c0168172_21314008.jpg
c0168172_21312262.jpg
c0168172_21314834.jpg
c0168172_21315647.jpg
c0168172_21325581.jpg
c0168172_21330353.jpg






by hologon158 | 2017-08-28 21:36 | ホロゴンデイ | Comments(0)