わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 08月 31日 ( 1 )

701.08 ホロゴンデイ199「2017年7月16日ホロゴン祇園祭をかすめる」8-完-縄文時代①


先々日から、私のマックのサファリは、
私の第二ブログである「レンズ千夜一夜」に占領され、
本ブログを開くことができなくなっています。
上記のブログをどうしてもログアウトできないのです。
八方手を尽くしましたが、解決できず。
(グーグルで検索しても、事例は見つからず。
エキサイトのヘルプにも解決法の記載はなく、
頼みの綱のメールによる問い合わせは、
規定のフォームのOS記載欄が、
記入場所がなく、これが記入していないと、送信不可。
つまり、お手上げ。
意地悪じゃないのでしょうかねえ❓)

やむなく、私のマックのハードディスクを
小さくパーティションを切って、iPhoneの写真取り込み用に
インストールしたOS10.11.3のサファリで、
本ブログを作成することにしたのです。
いちいちログアウトして、別マックを立ち上げる手間は大変。
でも、なんとかこうしてブログを続けることができます。
やれやれ。

幾度か縄文時代のことを書いてきました。
いろいろと文献を探して読んでいますが、
いつもがっかりさせられます。
なぜ?
著者の研究者の皆さん、とても冷静で穏やかな筆致なのですから。
どうして、もっと興奮しないの?

縄文時代はどうやら紀元前に少なくとも1万年は続いたようなのです。
1万年ですよ!
想像できますか?

これまで文明の曙とされてきたのは、シュメール・アッカド文明。
今を去ること6千年ほど前です。
文明って、なんでしょう?
建造物?
文字?
違いますね?
遺跡になるような建造物がなくても、
文字がなくても、
文明は成立します。
私の勝手な理論ですが、
人間が野蛮から文明に移行したのは、
人間が知性、知恵によって社会を営むようになったこと、
人間が蓄積した知恵を伝承するようになったこと、
この2点によって判定することができるのではないでしょうか?

若い頃、少年院の院長に会ってお話を伺う機会がありました。
こんなことを教えられました。
少年院で子供たちのリーダーになるのはどんな子供か?
腕力が強いガキ大将?
違うのです。
腕力がなくても、頭の良い方がリーダーになるのです。
少年院の少年たちは文明の中で生きているのですね。

縄文土器の様式はなんと1万年以上も続いて、
日本全土で、各時代にわたって発掘されるのです。
縄文土器は稚拙でプリミティブな制作物ではありません。

縄文土器の様式がどんな形質によって判定されるか、
私は知りません。
知っていることは、姿、形、用途は変わっても、
日本列島内の各地で、縄文土器としての様式を備えた土器が、
1万年もの長きにわたって連綿と作り続けられたこと。

そして、もう1つは、もっと重要なことですが、
機能だけではない、美意識がなければできない、
芸術的製作物であること。
知性と美意識と記憶の伝承がなければ、
このような長きにわたる伝承は不可能ではありませんか?

世界史をひもといても、これに匹敵する伝承例はありません。
なぜ、こんなに続いたか?
多くの古代文明は諸民族の軋轢、葛藤、相互刺激効果の中で、
鍛えられ、変化し、発展し、衰退し、滅びました。

どうやら縄文時代は一つの民族(現日本人とのつながりは謎)が、
そのような民族の坩堝の外にあって、気づかれないまま、
ひっそりと自己成長を遂げた文明、文化なのはないででしょうか?
それは日本列島全体に及ぶ文化圏を持つ、一つの文明なのです。
まるで、J.R.R.トールキンのホビットそっくりですね。





c0168172_18465720.jpg
c0168172_18464724.jpg
c0168172_18460516.jpg
c0168172_18454983.jpg
c0168172_18453520.jpg
c0168172_18452574.jpg
c0168172_18451290.jpg
c0168172_18450293.jpg
c0168172_18445311.jpg
c0168172_18444540.jpg
c0168172_18443301.jpg
c0168172_18441818.jpg
c0168172_18440801.jpg
c0168172_18435143.jpg
c0168172_18434379.jpg
c0168172_18433501.jpg
c0168172_18432847.jpg
c0168172_18431924.jpg
c0168172_18431189.jpg
c0168172_18430408.jpg
c0168172_18425721.jpg
c0168172_18425140.jpg
c0168172_18424469.jpg
c0168172_18423439.jpg
c0168172_18422489.jpg
c0168172_18421744.jpg
c0168172_18420998.jpg
c0168172_18415446.jpg
c0168172_18413775.jpg
c0168172_18412947.jpg
c0168172_18412102.jpg
c0168172_18411335.jpg
c0168172_18410544.jpg
c0168172_18404584.jpg
c0168172_10325402.jpg
c0168172_10324750.jpg
c0168172_10324133.jpg


by hologon158 | 2017-08-31 19:08 | ホロゴンデイ | Comments(0)