わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 10月 05日 ( 2 )

706.03 ホロゴン外傅212「2017年9月6日ゾンネタール50㎜F1.1S奈良町幻想」3 島々清しゃ


映画「島々清しゃ」を観ました。
内容紹介はネットでご覧ください。
名作「百円の恋」で、希代の名演を繰り広げた安藤サクラさんが、
都会からたまたま島にやってきたヴァイオリニスト。
音感が良すぎるために、周囲の音に耐えられず、
遮音ヘッドフォンを常時つけている少女と出会い、
なにが起こったか?

調べていませんが、
この二人を含むほんの数人だけがいわば本職のプロで、
他はかなり現地の沖縄の人々なのではないでしょうか?
そう思うほど、せりふ回しが稚拙。

ヴァイオリニストがいわば修行途中の子供たちを放り出して、
挨拶もなしに唐突に島を去るあたり、
どうも説明不足で、クライマックスの盛り上がりが今一つですが、
もともと深いせっぱ詰った理由から島に来た訳でもなさそうですから、
深い理由もなしに島を去るのも当然かも?
でも、そう感じさせるほど、主人公の人物設定が浅過ぎる感じ。

むしろ沖縄の小さな島の人々と風土が文句なしに清々しい。
その清浄の気に触れるだけで、
この映画の価値は十分ある、そんな感じがしました。
島の人たち、子供から老人に至るまで、
どこかが、なにかが違います。

私が少年時代を過ごした大和高田市の記憶がよみがえります。
そんな少年時代に私の周りに居た人たちよりも、
さらに心が澄んだ人たち、そんな感じがします。
風土と歴史が可能にしている、心の豊かさ、温かさ、なのかも。

そして、もう一つ印象的だったことは、
島の人たちが音楽に生きていること、
音楽が人生の隅々まで浸透していること。
生き甲斐なんてレベルではなく、
生きることそのものであること。

ヒロインのヴァイオリニストは島での体験を経てもなお、
とてもその域に達したとは思えません。
彼女が、知り合った人々に別れを告げずに、
ひっそりと島を立ち去ろうとしたのは、
彼女の敗北宣言だったのかもしれません。

翻って考えてみますと、
私にとって、写真も音楽もその域に達しているとは思えません。
沖縄の人たちは、生まれたときから、
土着の音楽に囲まれ、土着の音楽を呼吸できる、
このことが生きているのでしょうか?
沖縄の歴史を十分理解しているとは思いませんが、
私の知る限りでも、沖縄の人たちの歩んで来た苦難の歴史は、
沖縄の人たちは、音楽に生きることができたからこそ、
その苦難を耐え抜くことができたのかも知れませんね。

そのように考えると、大和の民ほどに、
音楽との距離が大きい民族は地球上少ないのかも知れません。
どの民族ももっと生き生きと音楽を生きています。
音楽は生きることに欠かせないファクターのようです。
誰でも歌い、誰でも踊り、誰でもなにかの楽器を演奏できます。
男も女もできます。
そうしなければ生きて行けないほどの切実さがどの民族にもあった、
ということかも知れません。

もっとも、日本でも平安朝まではそうだったのかも知れません。
詩歌管弦は平安貴族の基本的素養だったからです。
光源氏も踊りました。
平安朝の武士も詩歌をよくしました。
陸奥の勇将、阿部貞任に歌を良くした事績が、
2つも残されていることは有名ですね。
そして、民衆も歌と踊りに生きていたようです。

でも、鎌倉期以降、あまり風流な武人はいなかったようです。
辞世の句は残されていますが、
これはあらかじめ用意していたものです。
どんな状況で死を迎えるか予見不能です。
辞世の句を残せないような恥ずかしい事態は避けたいので、
余裕があればその場で作るけど、
無理なら、用意した句を詠いあげて死を飾る、
それが武士のわきまえだったわけです。

俳諧が武士階級に流行したことは事実ですが、
本物の域に達した人はわずか。
句会は、戦いに明け暮れ、明日をも知れぬ戦国の世に、
せめてひとときでも平安静穏のときを過ごしたい、
そう願った武将たちの安息の場だったようですが、
俳諧を生涯愛した武人はかなり少ないようです。
商人階級の音楽との距離もかなり武士たちに近かかったようです。
日本人の道徳観が音楽との距離を遠くして来たのかも知れません。

私と写真との距離も、
この戦国武将たちに似ている感じがします。
命を賭けるところまでは到底届いていません。
会社を出て、運転手に、
「うん、なんだな、今日は疲れたな、
よし、青坂に行こうか?
サナエにそう伝えてくれたまえ。
家には、会議が長引いているので、
今晩は帰れないかも知れない、
そう連絡しておいてくれたまえ」
そんな社長さんと似たスタンスかも知れませんね。

でも、そんな関係が50年間も続いてきたのですから、
私としては、写真を愛する点にかけては、
この社長さんより遙かにまさっている、
そう言わせてほしいですね。

こんな風にあれこれと考えて行きますと、
映画「島々清しゃ」の主人公は、
沖縄の風土、沖縄の音楽、沖縄に生きる人々なのだ、
そう考えた方が自然かな、そんな感じがしてきました。
日本にも、音楽を空気のように呼吸して生きる人たちがいる、
そう知ることができるのは嬉しいことですね。





c0168172_23040155.jpg
c0168172_23040721.jpg
c0168172_23041360.jpg
c0168172_23042171.jpg
c0168172_23042700.jpg
c0168172_23043228.jpg
c0168172_23044530.jpg
c0168172_23045133.jpg
c0168172_23045927.jpg
c0168172_23050674.jpg
c0168172_23051837.jpg
c0168172_23052432.jpg
c0168172_23053023.jpg
c0168172_23054431.jpg
c0168172_23055137.jpg
c0168172_23055701.jpg
c0168172_23060280.jpg
c0168172_23060933.jpg
c0168172_23062376.jpg
c0168172_23063052.jpg
c0168172_23063616.jpg
c0168172_23064148.jpg
c0168172_23064744.jpg
c0168172_23065293.jpg
c0168172_23065999.jpg
c0168172_23070548.jpg
c0168172_23071228.jpg
c0168172_23071827.jpg
c0168172_23072496.jpg
c0168172_23073337.jpg
c0168172_23074172.jpg





by hologon158 | 2017-10-05 23:19 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

706.02 ホロゴン外傅212「2017年9月6日ゾンネタール50㎜F1.1S奈良町幻想」2 いわば反骨



すでによくお気づきのように、
私は、ちょっとまともでないようなものに、
強烈な志向を働かせる人間です。
これは子供の頃に付いてしまった性格、
もしくは、持って生まれた性格かも知れません。

小学生の頃は、相馬大作、赤穂浪士、山中鹿之助、
と言った、いわば反骨の士に強く牽かれました。
なにも意識して探したのではありません。
本が好きで、いろいろ読みあさりましたが、
知らない間に好みの人物が偏っていったようです。

学校でも、ボスにはならず、でも、ボスになびかず、
そんな立場にいつも立っていましたが、
誰からも圧力を受けず、いじめにも合わず、
もちろん、いじめもせず、
一生、暴力沙汰とも無縁で、目撃もせず、
平穏無事に自分のやりたいように生活してきました。

絶対に誰にも頭を下げないで済む、
そんな職業であった父の影響があったのでしょう。
結局、私も同じ道を歩み、世間で言う出世も求めず、
生涯、自分のやりたいように生きることができました。
こんなことを言えるのも、もしかすると、
日本中でも稀かも知れません。
私の職業の人間でも一生世渡りに苦労している人が
一杯いましたから。

おかげで、と言えそうですが、
私の生来の性格はたわむこともなく成長したようで、
今になっても、独立独歩の人間を好み、
人の上に立ちたがる人は無視して生きてきました。
私のロボグラフィの多くは、人に気がつかれずに、
片隅で、自分の存在を確固として保つ離れ者ばかり。
かなり欠点がありますが、その欠点がいとしい、
そんな風に感じさせる存在ばかり。
自画像のつもりでもないのですが。

優等生、社会の規範、押しも押されもしない指導者、
そんな輩は見飽きました。
そんな人間が一皮剥けば、常軌を逸したわがままで、
独りよがりな人間、家庭では横暴ということが多いようで、
どこかの首相や大臣、政治家たちに好例がぞろぞろ。

でも、自分の写真で一つ気にかかっていることがあります。
あまりにも写真たちがしっかり垂直水平すぎる。
これは、不正、悪を極度に憎む私の性格に、
しっかり根ざしていると言いたいところですが、
答えは簡単。
実は完全な自己訓練の結果に自縄自縛になっているだけ。

ホロゴンウルトラワイドという法外な超広角レンズと、
法外にホールディングしにくいカメラを使い続けて、
20年。
ノーファインダー、ブラインドで撮影するためには、
垂直水平を確保しないと、15㎜の画角がずっこけてしまう。
そのため、腰ダメでホールドして、水平垂直を出す訓練を、
ずっと続けてきたわけです。
そのために、デジタルカメラを使うようになっても、
自動的に水平垂直にホールドしてしまうからです。
とっさの縦位置スナップは例外として、
四角四面直立正座の写真ばかりなのですから、
やれやれ。




c0168172_11180441.jpg
c0168172_11181073.jpg
c0168172_11181746.jpg
c0168172_11183563.jpg
c0168172_11184160.jpg
c0168172_11184728.jpg
c0168172_11185202.jpg
c0168172_11190063.jpg
c0168172_11190626.jpg
c0168172_11191226.jpg
c0168172_11191981.jpg
c0168172_11192546.jpg
c0168172_11193147.jpg
c0168172_11193269.jpg
c0168172_11193771.jpg
c0168172_11194261.jpg
c0168172_11194822.jpg
c0168172_11195406.jpg
c0168172_11195988.jpg
c0168172_11200506.jpg
c0168172_11201260.jpg
c0168172_11201868.jpg
c0168172_11202452.jpg
c0168172_11203112.jpg
c0168172_11203629.jpg
c0168172_11204377.jpg
c0168172_11204996.jpg
c0168172_11205694.jpg
c0168172_11210294.jpg
c0168172_11210885.jpg
c0168172_11211484.jpg






by hologon158 | 2017-10-05 11:30 | ホロゴン外傳 | Comments(0)