わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2017年 10月 19日 ( 1 )

707.08 ホロゴン外傅213「2017年9月9日タンバール90㎜F2.2生駒幻泳の1日」8 静、受診


10月13日金曜日、
ちょっとあわてました。
昨夜、妻が愛する娘静(猫ですが)の顎の下に、
ちょっと大きめのかさぶたを見つけたのです。
「なんでもないって!」と抗議する静を移動ケースに入れて、
今朝一番で行きつけの獣医さんまでタクシーを飛ばしました。
もう7、8年ご無沙汰していた医院です。
静も弟のピッピも病気、怪我一切なしで来たからです。

静はまだこの世で一番かわいい美少女の一人。
他にも二人(こちらは人間)美少女が居ますが、
三人の優劣を決することは未だにできません。
でも、静、美少女なのですが、
時間の経つのは恐ろしいもので、すでに14歳!
それじゃ、人間に換算したら?
なんて口走る輩は許しませんので、そのつもりで。

獣医さん、ちょっと調べて、
「どうやら表面にできた傷の直り際という感じですね。
数日以内にはかさぶたがとれますから、
ご心配なく。」
ほっ!

ついでに血液検査もしていただきました。
待つこと10分、
「数値は全部正常です。
猫の場合(猫? いったい誰のことを言っているのだ?)、
この年齢では(どの年齢だ、うら若い少女に失礼な!)、
腎臓の数値が悪化することが多いのですが、
正常域です。」

一時はぞっとした私ですが、
静は純粋に少女のままなのだ、と再確認できた一日でした。

静、診察室から出た瞬間、
移動ケースの中敷き(妻の毛糸上着)にフードを見つけて、
その中に顔を潜り込ませました。
血液検査のために、一人、検査室に連れていかれて、
注射針でグサッとやられて、
かなりショックだったようです。

帰宅後、おいしいおやつを上げました。
ついでに、弟のピッピも少しもらって、ご機嫌。
この二人は私たちの大事な子宝なのです。

今朝、静を抱き上げて、顎の下を調べてみました。
たとえようもなく柔らかな和毛が美しく波うち、
かさぶたは影も形もありませんでした。
成長期の少女のように、快復が速いのです。
見上げる顔はちょっと迷惑そう。
彼女も忙しいのです。




c0168172_10070848.jpg
c0168172_10093941.jpg
c0168172_10094517.jpg
c0168172_10095008.jpg
c0168172_10095643.jpg
c0168172_10100374.jpg
c0168172_10100812.jpg
c0168172_10101529.jpg
c0168172_10125386.jpg
c0168172_10130022.jpg
c0168172_10130688.jpg
c0168172_10131241.jpg
c0168172_10131808.jpg
c0168172_10132581.jpg
c0168172_10283229.jpg
c0168172_10283981.jpg
c0168172_10284616.jpg
c0168172_10285415.jpg
c0168172_10290011.jpg
c0168172_10290659.jpg
c0168172_10291426.jpg
c0168172_10292180.jpg
c0168172_10292909.jpg
c0168172_10293690.jpg
c0168172_10294285.jpg
c0168172_10294852.jpg
c0168172_10295543.jpg
c0168172_10300038.jpg
c0168172_10345380.jpg
c0168172_10350060.jpg
c0168172_10350742.jpg
c0168172_10351376.jpg
c0168172_10352221.jpg
c0168172_10353066.jpg








by hologon158 | 2017-10-19 10:37 | ホロゴン外傳 | Comments(2)