わが友ホロゴン・わが夢タンバール

カテゴリ:レンズ黄金伝説( 51 )

582.05 レンズ黄金伝説5「2015年2月24日 奈良西ノ京でPetzval58㎜F2.3が笑った」-完-5遊んでますか?



ユニバーサルシティで食事中、
昨年まで居た職場から電話をもらいました。
「税務署から税申告関係の書類が来ているので、
どうしましょうか?」ということだったのですが、
税理士に書類を渡すようにお願いしておきました。

そのついでに、尋ねました。
「どう、みんな元気にしてますか?」
「ええ、なんとかがんばってます.....」
この言葉の意味は明らかです。
ちょっとつらいのです。

私は、生涯、仕事をさっさとすませて、
通常の勤務時間よりもかなり前に職場をおさらばしてきました。
あまり大きな声ではいえませんが、
あらゆる職場を通じて、
職場滞空時間の一番短い人間だったかも知れません。
しかも、どんなに体がつらくても、疲れていても、
いつも笑顔で通しました。
おかげで、私の職場のスタッフはとても楽だったようです。

でも、私の職場に限らず、たいていの人は仕事の虫ですね。
勤務時間など制限なし。
仕事がある限り、帰らない。
おかげで、スタッフは帰れない。
私の後継者も7時、8時はざらのようです。
これじゃ、ちょっとつらいかもしれませんね。

電話の向こうからも質問、
「どうですか?
遊んでますか?」
「もちろん。
死んだら遊べないから、
もう休まず遊んでますよ」

実のところ、仕事も遊びの延長、問題解決ゲームにしていた私なので、
遊ぶのはお手のものです。
なにしろ次々とおもしろいゲームが見つかるのですから。

いつも思うことは、
なんで、もっと前に仕事を辞めなかったのだろう?
でも、清貧一筋の人間ですから、
要するに、お金など持ってないから、そうは問屋がおろさない。
おかげで、仕事ゲームもたっぷり遊ばせてもらいましたが、
仕事ゲームは、いくら楽しいと言っても、人間相手の問題解決ゲームなので、
下手をしたら、人が泣きます。
それだけ、神経をすり減らしてきたわけですが、
生まれつき図太いのか、心身ともにさほどの疲労もなく切り抜けました。

今は、自由。
自分一人で遊べばよい。
しくじっても、見込み違いがあっても、誰も泣かない。
私自身も、しくじっても泣かない、笑って済ます人間。
おかげさまで、まさに毎日気楽そのものです。
ありがたいことで......





c0168172_2271551.jpg
c0168172_227935.jpg
c0168172_227223.jpg
c0168172_2265371.jpg
c0168172_2264631.jpg
c0168172_2264043.jpg

c0168172_226339.jpg
c0168172_2262782.jpg
c0168172_2262037.jpg
c0168172_2261476.jpg

by hologon158 | 2015-03-16 22:10 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

582.04 レンズ黄金伝説5「2015年2月24日 奈良西ノ京でPetzval58㎜F2.3が笑った」4 危険が一杯



西九条で「おもしろくてやがて危険な光景」を見ました。

自転車と三輪車のちょうど中間のような、
幼児用の二輪車がなだらかな下り坂を疾走してきたのです。
緩やかな下り坂は自転車の練習には最高のシチュエーションです。
漕がなくても前に進むので、バランスに注意を集中できるからです。

ところが、乗っていたのはまだ4歳になったばかりというような幼児!
自転車についているサポーター用のハンドルに身を預け、
両足を踏ん張って、ブレーキにしながら、さっと通り過ぎて行きました。

この坂を利用して、どんどんとバランス能力を高めてきたに違いありません。
ちゃんと補助車輪が付いているので、容易に転倒する危険はないものの、
横道からいきなり自動車が進入してきたら、えらいことになりそう。

十数メートルも遅れて、
おじいちゃんらしい初老の男性がエッチラオッチラと追いかけてきました。
追いつかないのです。
陸上選手かサッカー選手でもない限り、誰でも追いつかないでしょう。

「すごいですね」
声をかけました。
すると、おじいちゃん、困ったようなうれしいような表情で、
「もう、たまりませんわ.....」
私、心配で(要するに、お節介)、
「車に気をつけてあげてくださいね」
追いつけないのですから、気をつけるもなにもあったものじゃない。
でも、気をつけてほしいものです。
とりあえず、自転車を縄付きにした方が安全では?

先日、掲載しました。
とても美しいお母さんと、自転車練習中の坊やの母子像。
あのお母さんがこの坂においでになって、
坊やの自転車を練習すれば、かなり上達は早いはずです。
しかも、まだ若いので、走れば追いつけるかもしれませんから、
おじいちゃんがサポートするよりかなり安全そう。

それにしても、現代都市には予想外の危険が待ち構えていて、
不意に子供に襲いかかります。
このような危険はさらに増すばかりでしょう。
1940年代に、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドはすでに、
「将来はロケットの速度で社会は変化して行くだろう」
そう予測していました。
本当にそのとおりとなってしまいました。

一体どんな社会になっていくのでしょう?




c0168172_17342899.jpg
c0168172_17342365.jpg
c0168172_17341887.jpg
c0168172_17341174.jpg
c0168172_17401453.jpg
c0168172_174081.jpg
c0168172_1733846.jpg
c0168172_1733124.jpg
c0168172_17325513.jpg
c0168172_17325080.jpg

by hologon158 | 2015-03-16 17:40 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

582.03 レンズ黄金伝説5「2015年2月24日 奈良西ノ京でPetzval58㎜F2.3が笑った」3 すべては連続?



petzvalさんから「レンズ千夜一夜」に面白いコメントを頂きました。
私の考えていることにぴったり合致しているので、
こちらのブログの本文で考えてみることにしました。

「そもそも音響の分野でスピーカーと言えば、
音を拡大して遠くに飛ばす装置だった。
でも、今の普通のスピーカーはそんなことをしない。
そもそもレンズというものは、
イメージを拡大して目の前に突きつける装置だった。
でも、今の普通の写真レンズは。。。
メオスティグマート、すごいですね、アグレッシブですね!
イメージをこちら側に突きつけて来る!
本来のレンズへの先祖帰りしてますよね!

アイルランド人のあの世観のお話ですが、
普通は34億年ほど前、地球上に生命が誕生した、
と言われてます。
ほとんどの学者が生命は非生命とはあくまでも異なるものと
考えているようです(生命 vs 非生命という図式)
でも、全く異なる無生命から
全く異なる生命が誕生したなんて
ちょっと考えると、おかしくないですか?
非生命と生命は断絶しているのでなく、
連続してないでしょうか?(非生命 <===> 生命という図式)

同様に、多くの学者が、
単細胞生物は(細胞)分裂によって増えるのに、
ほ乳類は交尾(つまり合体)して増える、
全く逆ではないか!なんて主張します。
でも、私に言わせれば、
はたして交尾は合体か?
合体と見えるのは表面だけで、
根源的には、やはり分裂ではないでしょうか(笑)
すべては連続してますよ!」

これに対する私の返事はこうでした。

「私が若い頃私淑したアフルレッド・ノース・ホワイトヘッドは、
まさにpetzvalさんのような考え方でした。
おっしゃるとおり、「すべては連続しています」
あらゆる存在(actual entity)は、
mental poleとphysical poleのセットであり、
宇宙全体をなんらかの形で抱握prehendしている。
だから、どこからどこまでが自分であり、どこからが他人であるかは、
観点の相違に過ぎないという考え方。
人間はそんなactual entityの社会であって、
この社会の境界もまた観点の相違で全宇宙であったり、
皮膚の内側であったり。
いずれにせよ、どこかで分断されているということはありません。」

私はこんな考え方にぐっと来るのです。
メオスティグマート50㎜F1って、眼前のものをふわっと解体した、
かと思うと、ぐっと抱きしめて一体化してしまう、
そんなページェントを目の前で展開してくれます。
ペッツヴァールも同様ですが、
やや解体とのファクターが濃く、
メオスティグマートの方がやや抱握のファクターが濃い、
そんな感じがしていますが、
どちらにせよ、世界が内も外もつながりあっているイメージ、
そんなイメージをこれらのレンズは表現してくれるようです。

もっとも、Petzval58㎜F2.3を使っていると、
やさしさに包まれたかのような、のどかなたたずまいがあって、
メオスティグマート50㎜F1とは少し異なる雰囲気、描写ですが、
このレンズは、はっきりと、また19世紀の古き良き時代の産物なんだ、
そんな確信がわき起こってきます。




c0168172_22444167.jpg
c0168172_22443691.jpg
c0168172_22442721.jpg
c0168172_22441938.jpg
c0168172_22441250.jpg
c0168172_2244771.jpg
c0168172_2244244.jpg
c0168172_22435686.jpg
c0168172_2243513.jpg
c0168172_22434765.jpg

by hologon158 | 2015-03-15 22:48 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

582.02 レンズ黄金伝説5「2015年2月24日 奈良西ノ京でPetzval58㎜F2.3が笑った」2 分かりました



西九条も下町です。
公園でかなりの高齢の老人と出会いました。
手術の糸を抜いたばかり、そうおっしゃっていました。

盛んに熱意を込めて語りかけてきました。
ちょっと言葉が口のなかで回りますので、
最初「ヤソ」「ヤソ」と幾度も聞こえました。
ああ、このあたり、昔はキリスト教の外国人たちが住んでいた、
という風に理解したのですが、すぐに誤解が解けました。
「このあたり、昔は野草がいっぱい生えていましたよ。
だから、ちゃんと地面が呼吸して、健康的だったんですが....」
そうおっしゃっていたのです。

いきなり、質問されました。
「人間はいつもなにをしてますか?」
あてずっぽうに答えました、
「呼吸しています」
「そのとおり!」
「浜辺に行ってください。
波が岸辺に寄せてきます。
1分間に9回。
これは大地が鼓動しているんです」
この後、18、36、72とあれこれと数が出現して、
つまりは、大地の鼓動と人間の鼓動とは一致している
というお話を聞かせていただきました。

ユダヤ教にすべての数には意味があるという考え方がありますが、
ちょっとこれに似ていて、かなり楽しみました。
別れしなに、
「お元気で。
スピードはいいですから、必ず毎日歩いてくださいね」
すると、老人、
「あんた、学校の先生だったんですか?」

よくこう言われるのですが、なぜなのでしょうか?
お話を喜び、よく耳を傾けるからでしょうか?
それとも、すぐ説教しそうな人間に見えたのかも?
現役の頃はばりばりとしゃべりまくり、
絶対に人にリーダーシップを渡さない仕事をしてきたせいでしょうけど、
引退すると、人の話に耳を傾けるのを喜びとするように、
ちょっと変わってきました。

外では揚琴、二胡、クロマチックハーモニカ、そして写真と、
5人の先生に師事し、
内では、生涯頭が上がったことのない妻と二人の子供と、
それ以外の子供たち(猫ですが)と、
孫たち(こちらはみんな人間)に従う日々。
要するに、口癖が以前とがらりと変わった感じ、
「はい、分かりました」   




c0168172_14545123.jpg
c0168172_14543464.jpg
c0168172_14542477.jpg
c0168172_14543565.jpg
c0168172_14541961.jpg
c0168172_14541046.jpg
c0168172_1454593.jpg
c0168172_14535849.jpg
c0168172_1454752.jpg
c0168172_14534776.jpg

by hologon158 | 2015-03-13 14:56 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

582.01 レンズ黄金伝説5「2015年2月24日 奈良西ノ京でPetzval58㎜F2.3が笑った」1 幸せな出会い



写真があまりにどっさり貯まりすぎて、
ブログへの意欲を殺がれそう。
そこで、考えました。
みんな大好きな写真だけど、これは内緒の話なんだけど、
「大好き」にもやっぱり度合いがあるのは仕方がないこと。
悪いけど、「まあまあ大好き」写真にはちょっと遠慮してもらおう。
「大の大の大好き」写真だけに限定50名様とさせていただこう。

中将姫光学さんから4本もペッツヴァールレンズをお借りして、
心うきうきと中将姫光学さんと一緒に、奈良西の京を歩きました。
折角お借りして、ああ、まだ整理できてないので、ブログには....
なんて不義理なことは許されませんからね。

第1、私も中将姫光学さんの極上ペッツヴァールたちに、
ブログ上で幸せに出会いたい!
まずは、Petzval58㎜F2.3から。




c0168172_23505774.jpg
c0168172_23505245.jpg
c0168172_23504637.jpg
c0168172_23504099.jpg
c0168172_23503447.jpg
c0168172_23502999.jpg
c0168172_23502356.jpg
c0168172_23501723.jpg
c0168172_23501113.jpg
c0168172_2350521.jpg

by hologon158 | 2015-03-12 23:52 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

579.10 レンズ黄金伝説4「2015年2月1日 ローデンシュトック55mmF2.2で梅田 」10-完-朗読家



c0168172_21391183.jpg
c0168172_2137258.jpg
c0168172_213719100.jpg
c0168172_21371321.jpg
c0168172_2137785.jpg
c0168172_2137119.jpg
c0168172_21365548.jpg
c0168172_21364912.jpg
c0168172_21364375.jpg
c0168172_21363722.jpg





ジェーン・オースチン「Sense and Sencibility」、
今、その英語朗読を聴いています。

    もう十度は少なくとも聴いています。
    「Pride and Prejudice」と並んで、私の愛読書の一つ。

でも、今回は新鮮です。
Donada Petersという朗読家の朗読を見つけたからです。

    この方、極めて優れた朗読家の一人、私はそう信じています。
    昔ラジオのBBCで聴いたハイネッセンの
    「The Tower at the edge of the world」の朗読家(名前は忘れました)
    「宮本武蔵」の朗読で一世を風靡した徳川無声、
    この3人は群を抜く名朗読家、そう踏んでいます。

    他の二人は悠揚迫らざる語り口が絶妙かつ重厚。
    それに対して、Donada Petersは声の魔術師。

クロマチックハーモニカの辻晋哉先生のお話では、
先生の師匠である日本屈指のハーモニカ奏者徳永延生先生は、
口と舌を信じがたいほど多彩に駆使して
魅力的な音を生み出されるのだそうです。

    Donada Petersもそうなのでしょう。
    実にてきぱきと淀みなく語り続けるのですが、
    その間登場する十数人の老若男女の声色を完璧に変えることができ、
    しかも疾風怒濤の朗読なのに、
    すべての言葉がしっかりと耳に収まってくれるので、
    明快そのものに理解できます。

ストーリーを完全に理解していなければできない芸当ですが、
それだけではありません。

    その理解に応じて、物語のその場その場の雰囲気、情感、
    登場人物の気分を声だけですべて伝えなければならないのです。
    おそらくほとんど暗記していて、数行先まで目配りしながら、
    場面、気分の転換の瞬間に的確に語りの調子を変えていくのでしょう。

まさに、チャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」の
華麗かつ絢爛の独奏部分を見事に弾ききる大ヴァイオリニストと同じくらい、
またはそれ以上に困難な離れ業。

    音楽家の場合はかなり特殊かもしれません。
    天才たちは耳にしただけで、あるいは楽譜にざっと目を通しただけで、
    複雑な和音進行も含めて完全に我がものにして、
    やすやすと演奏することができるのですから。

    ところが、小説のような言語文学の場合、
    和音進行のような論理性はまるでないのですから、
    天才性の問題ではなさそう。
    
Donada Petersを知ったのは、児童文学の朗読で。
バーネットの「小公子(Little Lord Fauntleroy)」

    少なくとも20回は聴きました。
    そのたびごとに初めて聴くかのような新鮮な喜びに包まれます。

Audible.comでネット配信を受けることができます。

    月額たった約10ドル。
    人生に喜びを与え、そして、ついでにボケも防止してくれる、
    私はそう信じています。
by hologon158 | 2015-03-02 21:43 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

579.09 レンズ黄金伝説4「2015年2月1日 ローデンシュトック55mmF2.2で心斎橋 」9 引退老人



昨年8月1日、ついに完全引退の生活に入ったとき、
一つ、これだけは気をつけようと心に決めたことがあります。

   くたびれた顔、くたびれた表情は見せない!

大都会の巷は別として、どこの町もそうかも知れませんが、
今では、日本中全体が老人国になりつつあります。

   退職者、引退老人に出会うと、一目で見分けがつきますね。

       目が内を向いています。
       どこか体が重そうです。
       体全体からグレイの気配が漂ってきます。

なぜなのでしょう?

   人生の目標を失ったから?
   人生の下り坂に差し掛かったから?
   心から切望するなにかを持たなくなったから?
   そんなこと全部が絡んでいるのかも知れません。

そんな風には生きたくない。

私が考えた人生の大原則は、次の2つでした。

   ①健康を保つこと
   ②目標をたくさん持つこと

   
なんですか、「健康で文化的な生活」、
これじゃ、まるで月並みですね。

   でも、これこそ望ましい生活のあり方ですね。
   これまでも月並みに生きてきたのですから、これからも月並みで。
   幸い私はかなり健康です。

   生涯、これと言って、病気といえるようなものにかかったことがなくて、
   生涯、ほとんど不眠、便秘になったことがなくて、
   朝、基本的に目覚ましとともにくっきり目覚め、
   夜は、と言っても、深夜翌朝の午前2時なのですが、
   寝るまで、目はぱっちり開いて、
   眠気が襲来して、あくびばかりしているということもない。
   つまり、朝から晩までやりたいことを気力十分に楽しめます。

私の原則は、すでに書きましたが、

   「飽きる前に打ち切って、別のことをする」

   たとえば、楽器も揚琴、二胡、クロマチックハーモニカと、
   3つも平行してレッスンを受けています。
   同じ音楽なのですから、互いに邪魔になどならない。
   一つの楽器に専心する人の方がもちろん上達は早いでしょう。
   でも、下手をすると、飽きるのも早いということになりそうです。

「オデュッセイア」のヒロイン、ペネロペーの方法もちょっと似ていますね。

   トロイアに遠征して音信不通となった夫、
   それがイタカ王オデュッセウスなのですが、
   夫の帰りを待ちわびながら、機織りを続けます。

   有力者たちが「オデュッセウスは死んだ」とがなり立てて求婚します。

   「仕方がありません、
   この織物が完成するまでに夫が帰国しなければ、結婚しましょう」

   こう約束して、機織りを続けながら、
   夜になると、ひそかにほどいてしまう。
   そのために、いつまで経っても、織物は完成しない。

私の場合、別に神様は「もういい加減死んだら?」と催促はされませんが、

   自分の気持ちとして、人生を心から楽しむことができなくなったら、
   生きていても仕方がないと感じています。

一番怖いのは妻に先立たれること。

   幸い妻も元気なのですが、
   万が一のことがあったりしたら?
   そう考えると、ちょっと怖いですね。

こう考えますと、これからどんな人生を送るか、これはまさに神のみぞ知る。

   すると、猛烈に長生きする可能性だって考慮に入れて生きる必要があります。
   ならば、写真だって、ブログだって、楽器だって、
   そのつもりでじっくりとつきあっていくことにしましょう。

本ブログはすでに6ギガ近くになってしまいましたが、

   さいわい、写真ストックの方は3分の1ほど消化しただけですし、
   撮影に出る度に、ストックはどんどん補充されています。
   最新の撮影結果をブログ上で見たいために、
   過去のストックを消化する余裕がまったくないのですから、
   理論上、ストックが払底する可能性はありません。
   
そうだ、もう一つ、人生の大原則を付け加えることにしましょう。

   ③写真ストックをブログに全部掲載終わるまでは、死なない!

       これなら、かなり長生きできそう、
       理論上は永遠に長生きできそう、
       そんな気がしてきました。

実は、もう一つ、人生の大原則を立てているのです。

   ④いつまでも目を輝かせ、気力充溢した表情を失わないこと!

そのために本質的なことがもう一つあります。

   ⑤いつまでも自分を愛し、人を愛すること。

   もうこうなると、イエス様の域に達したいと言うも同然なのですが、
   まあ、「棒ほど願って針ほどかなう」のたとえよろしく、
   精一杯がんばってみましょう。




c0168172_1518124.jpg
c0168172_15174845.jpg
c0168172_15174355.jpg
c0168172_15173527.jpg
c0168172_15172565.jpg
c0168172_15171648.jpg
c0168172_15171040.jpg
c0168172_151735.jpg
c0168172_1516556.jpg
c0168172_1516890.jpg

by hologon158 | 2015-03-01 15:29 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

579.08 レンズ黄金伝説4「2015年2月1日 ローデンシュトック55mmF2.2で心斎橋 」8 問題ではなくて



昨日は、大阪加美の孫プリンスの三歳児検診日でした。

    プリンスがママと検診に出かけている間、
    8ヶ月の妹である孫プリンセスの世話に出かけたのです。

雨の中、大きな紙バック2個に果物など満載。
もう完全な田舎のおじいさんですが、
その持ち手を両腕に回して、傘をさしながら撮るのですから、
かなり重労働でしたが、楽しく撮影しました。

孫の家に入ると、
玄関では長男プリンスがすっと立って、
居間ではプリンセスがハイハイしながら、
それぞれにっこり笑って迎えてくれました。

幾たびにプリンセスの成長に目を見張ります。

    もう自由に立ったり座ったりハイハイしたり。
    容貌、眼差しはすでに幼児のそれ。
    私の足下でプリンスの保育園からの連絡ノートを
    子細ありげに繰っていましたが、
    突然ノートにかぶりつきました。

私は「ぺぺ」と呼ばれることになっていますので、
抱っこしながら、「ぺぺだよ、ぺぺ」と言うと、
    
    うれしそうに「パッ、パッ、ペッ、ペッ」などと繰り返します。
    破裂音がどうも好きなようです。
    「ママ」はまだ言えないのですから、
    口笛まで吹けるあたりも考え合わせますと、
    唇を使う言葉が出しやすいのかも知れません。

プリンスは三歳児検診をかなり早く終えて帰宅しました。

    お母さん連合のおかげで、100組ほど詰めかけたのに、
    先に行った友人が7、8番目をとっておいてくれたのだそうです。

つまり、プリンス母子も別の母子と一緒に車で行ったわけですが、
おかげで、検診会場でも大変なにぎやかさだったそうです。

    プリンス、帰宅後、さっそくトイレに参りましたが、
    さっさと自分で用を足しながら、私に報告をします。

    「※ちゃんと※ちゃんと一緒に車に乗ったんだけど、
    そのことはこの際問題ではなくて.....」

それが赤ちゃんからちょっと大きくなったほどの、
小さな幼児の口から飛び出してくるのですから、
聞いている方はぶっとびますね。

    なにかのテレビの登場人物のせりふなのでしょう。
    ちょっと興味深いせりふがあると、一度で記憶してしまって、
    ちょっと使ってみる、これが彼の趣味。

まあまあ、二人して順調に育っているようです。




c0168172_11291136.jpg
c0168172_1129513.jpg
c0168172_11285971.jpg
c0168172_11285474.jpg
c0168172_11284838.jpg
c0168172_11284234.jpg
c0168172_11283713.jpg
c0168172_11283215.jpg
c0168172_11282597.jpg
c0168172_11282037.jpg

by hologon158 | 2015-02-27 11:38 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

579.07 レンズ黄金伝説4「2015年2月1日 ローデンシュトック55mmF2.2で心斎橋 」7 主人公をひきたてる



ツァイスレンズが一世を風靡した理由は、
球面収差が完全に補正され、
像面の平坦性が確保されたことにあるそうです。

これが写真レンズの理想であるとすれば、
ペッツヴァールは完全に落第ということになりそうです。

    画面のほぼ中央部分だけが平坦で、
    周囲に行くにつれて、平坦性も収差補正もへったくれもない、
    そんな惨状を呈するのでは、どうしようもない。
    というのは、現代レンズの信奉者の言いぐさ、言い分。

私に言わせれば、それこそ理想じゃないか?

    なぜ「シンデレラと七人のこびとたち」なんだ?
    こびとさんには悪いけど、君たちが周囲に群がっているおかげで、
    シンデレラ姫の美しさはさらに引き立つ仕掛けだったからです。

    あなたも、あまり美しい人の側にはいかないことですよ。
    知らない間に、引き立て役を演じる羽目に陥りますからね。
    もし、あなたが美しい人であれば、
    できるだけ不細工な友達を選びましょうね。
    もし、あなたがあまり美しくなければ、
    あなたよりもっと不細工な友達を選びましょう。

なにごともコントラストが決め手ですからね。

    道理でかなり不細工な奥様のご主人はもっと不細工。
    ということは、私の妻は私をそんな理由で選んだのかな?
    ストップ。
    この話題はこれくらいにしましょう。
    なんだか具合がわるい方向に行きかねませんからね。

私も写真を始めた頃の12年間、
モノクローム時代はツァイス専科でした。

    ニコンの方が遥かにシャープなのに、
    ニコンの写真はなぜかツァイスの写真の引き立て役でした。
    私の写真の才能の故であるという説もなかったわけではありませんが、
    むしろ多数説は、さほどシャープでないツァイスの方が、
    美しいコントラストで主題を引き立ててくれるから。

そんなコントラストを自分の写真の中で実現しているのが、

    ペッツヴァール。

    私も、ペッツヴァールには脱帽です。

    別に画面全体が隅々までシャープで切れ味豊かである必要はありません。
    主題がすっと浮かび上がってくれば、それでよいのですから。




c0168172_22505949.jpg
c0168172_22505293.jpg
c0168172_22504411.jpg
c0168172_22503736.jpg
c0168172_22502373.jpg
c0168172_22501773.jpg
c0168172_22501184.jpg
c0168172_2250597.jpg
c0168172_22495879.jpg

by hologon158 | 2015-02-26 22:53 | レンズ黄金伝説 | Comments(0)

579.06 レンズ黄金伝説4「2015年2月1日 ローデンシュトック55mmF2.2で梅田 」6 飲食街



c0168172_18561119.jpg
c0168172_1856540.jpg
c0168172_18555925.jpg
c0168172_18555237.jpg
c0168172_18573128.jpg
c0168172_18554628.jpg
c0168172_1855275.jpg
c0168172_1903757.jpg
c0168172_18552190.jpg
c0168172_18551548.jpg

by hologon158 | 2015-02-25 19:00 | レンズ黄金伝説 | Comments(3)