わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2009年 08月 ( 142 )   > この月の画像一覧

96.18 ホロゴンデイ28「2008年5月17日奈良町、奈良公園は春爛漫」18 エゴン・シーレの光

c0168172_10192352.jpg

エゴン・シーレは、3日前亡くなった妻の後を追うようにして、死にました。
1918年、28歳、死因はスペイン風邪だったのです。
ここでも、自然は天才を一人奪っていったのです。
彼はこう書いています、
「絵というものは、自ら光を発しなければならない。
肉体は独自の光をもっていて、生きている間にこれを消費する。
やがてこの光は燃え尽き、消滅してしまう」
「私は、身体全体から発散される光を描く」
彼の絵は、そんな彼の言葉を実証するかのように輝いています。
彼の絵を一言で言えば、「エキセントリック」なのでしょう。
彼は、自分が長くは生きないことを予感していたのかもしれません。
でも、彼の絵から、人間の温かさ、愛に対するたぎり立つような渇望、
でも、あと一歩のところで、手がとどかない、そんな思いがいつも浮かんできます。
だから、彼の絵は、「焦燥」なのかも知れません。
しかし、彼の絵を通覧すれば、一目瞭然なのですが、
彼の絵は、「確信」に満ちています。
自分の絵に疑いをもってはいなかった。
彼の絵は、歳をとるにつれて、次第に重厚さを増していったようです。
光がだんだんと膨らんでいった、そんな感じです。
彼が40、50、60、70、80歳になったとき、どんな様相を呈したか?
失われた可能性ですが、知りたかった!

c0168172_10204024.jpg

by Hologon158 | 2009-08-01 10:23 | ホロゴンデイ | Comments(0)

96.17 ホロゴンデイ28「2008年5月17日奈良町、奈良公園は春爛漫」17 威厳に満ちて、堂々と

トールキンの「The Road of the Rings」にファンゴルン(木の鬚)が登場します。
エントと呼ばれる最古の者として、トム・ボンバディルと並んで、
始原の存在として、ある意味で無敵。
物語では、どちらも、ホビットを助けて、ユーモアと余裕たっぷりの振る舞いで、
読者につかの間の憩いを与える存在です。
京都の美山の奥、芦生の原生林にある桂の古木があって、
これは、ファンゴルンを彷彿とさせる、茫漠たる古木です。
ナギの原生林の主のような古木たちは、
ファンゴルンのような古色蒼然たる存在ではありませんが、
威厳に満ちて、堂々と聳え立っています。
私たちも、これくらいどっしりと落ち着いていたいものですね。
私には絶対にかなわない境地ですが。

c0168172_22554282.jpg
c0168172_22555128.jpg
c0168172_22555983.jpg
c0168172_22574476.jpg

by Hologon158 | 2009-08-01 00:15 | ホロゴンデイ | Comments(0)